小4体育「走・跳の運動(小型ハードル走)」指導アイデア②

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
小4体育「走・跳の運動(小型ハードル走)」指導アイデア バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小4体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「走・跳の運動(小型ハードル走)」の単元を扱います。

執筆/札幌市立公立小学校教諭・余田峻也
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   札幌市立公立小学校校長 ・大牧眞一

単元名

対戦! 30mワープ走

「年間計画表」はこちら

単元目標

●知識及び技能
小型ハードル走の行い方を知るとともに、小型ハードルを自己に合ったリズムで調子よく走り越えることができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
自己の能力に適した課題を見付け、動きを身に付けるための活動や競走の仕方を工夫するとともに、考えたことを友達に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
小型ハードル走に進んで取り組み、きまりを守り誰とでも仲よく運動をしたり、勝敗を受け入れたり、友達の考えを認めたり、場や用具の安全に気を付けたりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

中学年の小型ハードル走は、一定の間隔に並べられた小型ハードルを、自己に合ったリズムで調子よく最後まで走り越える楽しさや喜びに触れることができる運動です。

本事例では、小型ハードルを走り越える動きを「ワープ」という共通の合言葉にし、小型ハードルの走り越え方やリズムに着目できるようにします。いろいろな間隔での小型ハードル走を行うことを通して、リズムよく走り越えることができるコースとそうでないコースがあることに気付き、その気付きをふまえて、一定の間隔に並べられた小型ハードルを最後までリズムよく走り越えられるよう指導します。

指導に当たっては、毎時間、小型ハードル走につながる運動を取り入れ、感覚を高められるようにします。また、運動の行い方のポイントを明確にするとともに、グループで友達の動きを見合って、アドバイスし合いながら、自己の課題を解決できるようにする姿をめざします。

運動が苦手な子供への配慮として、いろいろな材質の小型ハードル(ゴムを張った小型ハードルや段ボールを用いたハードルなど)を使用して行うようにすることで、安心して取り組むことができます。

なお、感染症対策としては、不必要に大声を出さないように指導するとともに、地域の感染状況に応じて、特定の少人数によるグループで取り組むようにするなど、感染予防に配慮します。

 

動画「小学校中学年~08小型ハードル走」文部科学省

単元計画(例)

小4体育「走・跳の運動(小型ハードル走)」指導アイデア 単元

もっと楽しもう

小型ハードルを一定の間隔で置き、ワープ競走をしよう

単元の後半は、インターバルを一定にすることで、同じリズムで小型ハードルを越えていけるようになる姿をめざします。

インターバルは、3種類程度のなかから自分が調子よく走れるコースを選び、友達と競走するようにします。競走をするなかで、速く走るためには同じリズムで小型ハードルを越える必要があることに気付けるようにしていきます。

例えば、インターバルを3歩のリズムで走るときには「ワープ・1・2」、5歩のリズムなら「ワープ・1・2・3・4」と、声に出しながら行うようにすると、どこに課題があるかが明確になり、リズム感覚を身に付けることができます。

1人1台端末を活用して撮影した動画を見たり、グループでアドバイスし合ったりする学習場面を位置付けると、自己の課題の発見を促すとともに、解決をめざして考えたことを表現できるので効果的です。

 

●30mワープ走

・グループで直線上のコースに小型ハードルを4台置く。
・インターバルは4.5m、5m、5.5mのコースから自分で選べるようにする(子供の実態に応じてインターバルの距離を子供自身で設定できるようにすることも考えられる)。
・ほかのグループの友達と1対1で競走をする。
・個人戦だけでなく、グループ対抗戦にすることもできる。

小4体育「走・跳の運動(小型ハードル走)」指導アイデア イラスト

動画「30mワープ競走」

 

●めざす子供の姿

〈5mコースを3歩のリズムで〉

小4体育「走・跳の運動(小型ハードル走)」指導アイデア イラスト
小4体育「走・跳の運動(小型ハードル走)」指導アイデア イラスト

●課題を解決するための活動例

〈輪を使って〉

小4体育「走・跳の運動(小型ハードル走)」指導アイデア イラスト

〈伴奏で〉

小4体育「走・跳の運動(小型ハードル走)」指導アイデア イラスト

1人1台端末を活用したアイデア

①走っている様子を撮影する。

小4体育「走・跳の運動(小型ハードル走)」指導アイデア イラスト

②撮影した動画を見て、自己の課題を見付ける。

小4体育「走・跳の運動(小型ハードル走)」指導アイデア イラスト

③撮影した動画を記録し、伸びを実感できるようにする。

小4体育「走・跳の運動(小型ハードル走)」指導アイデア イラスト

小4体育「走・跳の運動(小型ハードル走)」指導アイデア①
「楽しもう」はこちら

イラスト/斉木のりこ

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小3外国語活動Unit 5「What do you like?」指導アイデア
・小4外国語活動Unit 5「Do you have a pen?」指導アイデア
・小1 国語科「しらせたいな、見せたいな」全時間の板書&指導アイデア
・小6体育「器械運動(マット運動)」指導アイデア①
・小6体育「器械運動(マット運動)」指導アイデア②
・小2体育「ゲーム(鬼遊び)」指導アイデア①
・小2体育「ゲーム(鬼遊び)」指導アイデア②
・小5体育「陸上運動(走り幅跳び)」指導アイデア①
・小5体育「陸上運動(走り幅跳び)」指導アイデア②
・小4体育「ゲーム(ベースボール型ゲーム)」指導アイデア①
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号