小4算数「かんたんな割合」指導アイデア

執筆/福岡教育大学附属久留米小学校教諭・廣木伸幸
編集委員/文部科学省教科調査官・笠井健一、福岡教育大学教授・清水紀宏

本時のねらい(本時1/3時 単元導入)

倍の関係に着目し、2つの数量どうしの比較では、差だけでなく、割合を使って比較することができることを理解する。

評価規準

2つの数量の割合を使って、2つの数量の関係の比べ方を考え、説明することができる。(思考・判断・表現)

問題1
下の表のようなゴムがあります。どちらのゴムのほうがよくのびると言えますか。

表

手作りマスクを作るためにゴムひもを使います。よく伸びるゴムを使いたいです(問題と実際のゴムひもを提示)。どちらのゴムがよく伸びると言えますか。

元の長さと伸ばした長さの差が同じだから同じだと思います。

(実際に伸ばしてみて) Aのほうが伸びる気がする。

「長さの差」のほかに比べ方があるのかな。

では、今日は2つの量の関係の比べ方を調べましょう。

学習のねらい

2つの量の関係の比べ方を調べよう。

見通し

  • 「元の長さ」と「伸ばした長さ」の関係。〔着目の見通し〕
  • テープ図に表す。〔方法の見通し〕
  • 同じ。〔結果の見通し〕
  • Aのほうがよく伸びる。〔結果の見通し〕

自力解決の様子

A つまずいている子
B 素朴に解いている子
C ねらい通り解いている子

学び合いの計画

A、B、Cの解決方法を板書上に提示して、「どのように比べているか」という観点で、4人組で話し合わせます。この学び合いによって、Aの子供は、倍による比べ方に目を向けることができます。Bの子供は、倍を求めていますが、「倍で比べてよいこと」を十分に理解しているとは限りません。全体発表では、元の長さをそろえれば比べることができるということを理解していきます。

ノート例

ノート例

全体発表とそれぞれの考えの関連付け

(板書上のA、B、Cの解決方法を示して)どのように比べるとよいと考えましたか。

何倍に伸びたかで比べるとよいと思いました。

なぜ、そう思いましたか。

差は同じでしたが、実際に伸ばしてみると、Aのゴムのほうが伸びる感じがしたからです。

なるほど。この場合は、差で比べないほうがよいということですね。BもCも倍を求めていますが、どこが違いますか。

Bは計算しかしていません。

つけ加えます。Cは元の長さがそろっているので、Aのゴムのほうが伸びると確実に言えると思います。

※この後、「割合」の言葉の意味を教えてまとめる。

学習のまとめ

元の長さをそろえたら、倍で比べるとよいことが分かった。

評価問題
ゆいなさんのもっているゴムはAかBのゴムと同じ種類です。どちらのゴムですか。理由も答えましょう。

表

子供に期待する解答の具体例
(式)15÷5=3
3倍に伸びる。
(答え)
ゆいなさんのゴムもAのゴムも3倍に伸びるので、Aのゴム。

本時の評価規準を達成した子供の具体の姿
ゆいなさんのゴムが何倍に伸びるのかを求めたうえで、ゆいなさんのゴムとAのゴムの割合が等しくなることを説明することができる。

感想例

  • 2つの量の関係は、差が等しくても、同じではない場合があった。
  • 2つの量の関係に目を付けることが大切だ。

『教育技術 小三小四』2021年8/9月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号