小5理科「もののとけ方」指導アイデア

関連タグ

執筆/福岡県公立小学校教諭・安元博美
編集委員/文部科学省教科調査官・鳴川哲也、福岡県公立小学校校長・松山修司

単元のねらい

物の溶け方について、物が水に溶ける量や様子に着目して、水の温度や量などの条件を制御しながら、物の溶け方の規則性を調べる活動を通して、それらについての理解を図り、観察、実験などに関する技能を身に付けるとともに、主に予想や仮説を基に、解決の方法を発想する力や主体的に問題解決しようとする態度を育成する。

単元の流れ(三次 総時数 12時間)

◆第一次 溶けた物のゆくえ(4時間)

① 水に入れた食塩がどうなるか観察し、気付いたことや疑問に思ったことを話し合う。

溶かした物が全部溶けてしまった時、「見えなくなったからなくなった。」と考える子供は少なくありません。そんな子供が、実体的な見方を働かせ、「見えないけれど、水の中に在る。」と捉えることができるようになることが大切です。そのために、本単元ではまず、溶かした物がだんだん小さくなって見えなくなる現象をじっくりと観察することに取り組みます。

② 気付いたことや疑問を基に学習問題をつくる。
③④ 食塩などを水に溶かした時の重さを調べる。

3年生の「ものの重さ」の学習で学んだ「形が変わっても物の重さは変わらない。」という知識と関係付けて考えることにより深い学びにつながります。
小3理科「ものの重さをしらべよう」指導アイデア

第二次 水に溶ける物の量(4時間 )

①② 物が水に溶ける量には限りがあるか調べる。(食塩、ミョウバン)
③④ 物が溶ける量を増やすにはどうすればよいか調べる。(水の量を増やす、水溶液の温度を上げる。)

水溶液の温度を上げると物が溶ける量が増えるかを調べる実験をした後、ビーカーをそのままにしておきましょう。

水溶液の温度を上げると物が溶ける量が増えるか実験する

溶けていたミョウバンが出てきたよ!

食塩の水溶液は食塩が出てきていないみたいだけど、取り出せるのかな。

取り出してみたいね。

子供の疑問や思考の流れにそった展開を計画することで、主体的な学びになります。

第三次 溶かした物の取り出し方(4時間)

① 溶け残ったミョウバンをろ過して取り出す。
②③ 水溶液に溶けている食塩やミョウバンを取り出すことはできるのか調べる。(水の量を減らす、水溶液の温度を下げる。)
④ 物の溶け方のまとめをする。

単元の導入

※①→②→③の順に取り組むとよいです。

① ティーバッグに入れた食塩が水に溶ける様子を観察する。

食塩が水に溶ける様子を観察する
ティーバッグに入れた食塩

ティーバッグからもやもやしたものが出てるよ。

もやもやは何だろう?

どのくらい溶けるのかな?

※トールビーカーや1mくらいのアクリルパイプを使うと、見えなくなる瞬間がよく見えます。

② 1粒の食塩が水に溶ける様子を観察する。

1粒の食塩が水に溶ける様子

途中で消えて見えなくなった。

食塩が、どんどん小さくなっていくよ。

溶けた食塩はまた取り出せるのかな?

食塩は水の中にあるのかな?

500mLのペットボトル(円筒形)でも見られます。

③ コーヒーシュガーが水に溶ける様子を観察する。

コーヒーシュガーが水に溶ける様子

粒はなくなって、全体が茶色になった。

※溶けてしまうには時間がかかるので溶けてしまって均一になった水溶液を用意しておくとよいです。

みんなで解決しましょう!

活動アイデア

導入時の活動を通して子供は「食塩は見えなくなったけど、水の中に在るのではないか」という予想をもち始めています。そこで、溶かす前の物の重さに水の重さを加えた全体の重さと、溶かした後の水溶液の重さの変化を比較しながら調べ、自分の予想と結果を関係付けて考えることにより、子供は、「物が水に溶けても、水と物とを合わせた重さは変わらないこと」を実感を伴って理解することができます。

授業の展開

一次③④ 食塩などを水に溶かした時の重さを調べる。

自然事象への関わり

水の中におもりを入れた時の全体の重さを調べる

水を入れたビーカーの中におもりのかたまりを入れるよ。全体の重さはどうなるかな?
では、水の中に食塩を入れた時はどうなるかな?

予想を考える段階で、3年生の「ものの重さ」の学習で学んだ「形が変わっても物の重さは変わらない。」という知識と関係付けて考えられるように支援することにより、学びの深まりをつくりだすことができます。

※板おもり・・・釣具店で販売されています。厚さ0.25㎜の薄い板で、50㎝で約10g。はさみで切ることができます。

板おもり

問題 水に食塩を溶かした後の水溶液の重さは,どうなるのだろうか。

予想

溶かした後の方が溶かす前よりも軽いと思うな。だって、食塩は小さくなって、見えなくなったから。

水に物を溶かした後の水溶液の重さは、水と食塩の重さを合わせた重さになると思う。なぜなら、食塩は見えなくなったけど、小さくなって水の中に在ると思うから。

解決方法の立案

溶かす前の全体の重さと、溶かした後の全体の重さを比べたらいいね。

観察、実験

① 溶かす前の全体の重さを測る。
② 水が入った容器に食塩を入れ、蓋をしてよく振る。
③ 溶かした後の全体の重さを測り、①の重さと比べる。

指導のポイント

この実験では、蓋のあるプラスチックカップを使います。ビーカーに水と食塩を入れてガラス棒で混ぜると、ガラス棒に付いた水の重さが減ることがあるからです。

薬品が目に入らないように保護めがねをかけるようにしましょう。

溶かした後の全体の重さを測る時に、薬包紙の重さを忘れないように気を付けましょう。

結果

実験結果の表

考察

予想どおり溶かす前と溶かした後では、全体の重さは変わらないね。

溶かした後の方が溶かす前よりも軽いと思ったけど、重さは変わらなかったね。食塩は見えなくなったけど、水溶液の中に在るんだね。

結論

水に物を溶かした後の水溶液の重さは、溶かす前の水と物とを合わせた重さと等しい。


イラスト/佐藤雅枝、横井智美

『教育技術 小五小六』2020年12月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号