小1算数「いくつといくつ」指導アイデア

関連タグ

執筆/東京都公立小学校主任教諭・横須賀咲子
編集委員/文部科学省教科調査官・笠井健一、東京都公立小学校校長・長谷豊

小1算数「いくつといくつ」指導アイデア
イラストAC

本時のねらいと評価規準

本時1/7時 

ねらい

5の構成を理解する。

評価規準

5の構成に着目して、5をほかの2つの数の和として捉え、表現している。

問題

おんがくが とまったら、赤と 白が まざった 5人ぐみを つくりましょう。

  • 赤白帽子をかぶらせ、子供たちを赤と白の半分ずつに分けておく。
  • 音楽をかけて歩き回り、音楽が止まったら5人組をつくって座るというゲームを行う。
  • 何回か繰り返す。

ここは赤が何人、白が何人の5人組ですか。

赤が3人と白が2人の5人です。

(※5人みんなで言わせるようにするとよい)

ここは赤が何人、白が何人の5人組ですか。

赤が1人と白が4人の5人です。

ここは赤が何人、白が何人の5人組ですか。

赤が4人と白が1人の5人組です。

みんな違う。(Aさん)

Aさんが「みんな違う」と言ったけれど、何が違うのかしら。Aさんの言いたかったことは分かりますか。

5人は同じでも、赤と白の数はみんな違うということだと思います。

そうですね。いろいろな5人組がありますね。どんな5人組があるか調べていきましょう。

学習のねらい
5は いくつと いくつ

別な友達と、また5人組をつくりましょう。

赤が3人と白が2人の5人組になりました。

私は、赤が1人と白が4人の5人組です。

  • ゲームをしながら、赤が何人と白が何人で5人組になったかを板書に整理していきます。
  • 何人と何人で5人組になったか、声に出して言うよう促したり、黒板に○を子供に貼らせたりします。

※板書を隠します。

赤が2人と……。あれ、白は何人だったかな?

赤の人数だけを聞いて、白の人数が分かるかな?

板書

見通し

ブロックを使えば分かりそうだよ!

黒板のように○を書けば分かりそう!

自力解決の様子

A
B

学び合いの計画

A、Bの子供に発表をさせ、真似をして隣の席の子供に説明するよう促します。真似をすることを繰り返すことで、友達に説明することに慣れさせていきます。

男女

全体発表とそれぞれの考えの関連付け

5は2といくつか、どうやったら調べられましたか。

5人組だから、ブロックを5個使います。赤が2人だから、2個と3個。だから白は3人です。

5は2と3なのですね。上手にお話しできましたね。右側に座っている人は、隣の友達にAさんのようにブロックを使ってお話ししてみましょう。
Bさんはどうやって調べたのですか。

5人組だから、○を5個書きました。赤が2人だから2個赤く塗りました。そうしたら、塗っていないのが3個だから、白は3人です。

やはり5は2と3なのですね。Bさんも上手にお話しできましたね。左側に座っている人は、隣の友達に、Bさんのように○を書いてお話ししてみましょう。

学習のまとめ・評価問題

ブロックを使ったり○を書いたりして、□に数を入れましょう。

評価問題

子供の期待する姿

ブロックを使ったり、○を書いたり、自分なりの方法を使って、□に数を書いている。

男女のイラスト

イラスト/松島りつこ・横井智美

『教育技術 小一小二』2021年4/5月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号