小1国語「たぬきの糸車」京女式板書の技術

連載
見やすく理解しやすい「単元別 板書の技術」京都女子大学附属小学校特命副校長 吉永幸司監修
関連タグ
連載 見やすく理解しやすい 京女式 単元別 板書の技術  バナー

今回は、有名な物語教材の「たぬきの糸車」です。2年につながるこの時期、もう一度、板書の基本を確認していきます。そして、発問に対して、ていねいに答える指導を大事にし、それを生かした板書を紹介します。

監修/京都女子大学附属小学校特命副校長・吉永幸司
執筆/京都女子大学附属小学校教諭・酒井愛子

 

教材名 「たぬきの糸車」(光村図書)

単元の計画(全8時間)

1 学習の見通しをもつ。
2 好きなところを見つけ、付箋に書いて知らせる。
3〜6 友達の好きなところを手がかりに、お話を読む。
7 「すきなところ」カードを書く。
8 学習のまとめとして、「すきなところ」カードを基に、グループで伝え合う。

板書の基本

1年生の後半は、2年生につなぐ時期になります。学習の自立を促す始まりです。

1年生における板書の役割は、3つあります。

〇板書の役割の1つ目は、「学習の記録」であるということです。具体的には、「日付・題名・めあて」がそれに当たります。授業では、その意味を理解させる時間が必要になります。

〇板書の役割の2つ目は、大事な言葉が黒板に書かれている、ということを理解することです。

例えば、「むかし、ある 山おくに、きこりの ふうふが すんでいました。」の文では、「きこりの ふうふ」としか板書をしない場合、それは、登場人物を理解することを目的にしています。それは、「お話に出てくる人はだれですか」という問いの答えになることから板書している、ということを理解させる必要があるからです。もし、「いつ・どこ」を大事な言葉として理解させようとすると、発問が変わってきます。板書は、発問によって違ってくるのです。

〇板書の役割の3つ目は、ノート指導につながるということです。学習の成果をノートに残すことは大事です。まとめ、感想、振り返りなどにおいて、「落ち着いて、学習したことをノートに書くことが国語の勉強である」ということを習得させるのです。板書をそっくり写すことも、1年生では大事な学習活動です。

板書のコツ(3/8時前半)

小1国語「たぬきの糸車」京女式板書の技術 板書
3/8時前半の板書

 板書のコツ①

日頃は、日付から板書をしています。しかし、この授業では、「たぬきの糸車」「きし なみ」から板書を始めました。国語の授業では、「日付・題名・めあて」の順で板書し、ノートに写すことを指導していますから、「先生、忘れているよ」とつぶやく子がいました。待っていた言葉です。ノートには「日付」を書くことの大事さを理解させる時間を取り、「記録」の意味を説明しました。

板書のコツ②

全文を音読しました。続けて、本時の学習範囲である第一の場面を音読し、いつのお話か、どこのお話かを確認した後、次の発問および指示をしました。

「このお話に出てくる人がいます。登場人物です。それを書いている文を指で押さえなさい」と伝えました。

「きこりのふうふ」「たぬき」を確認し、発表させました。「登場人物は、きこりのふうふと、たぬきです」と、発表のしかたを指導した後、「きこりのふうふ」「たぬき」と板書しました。

板書のコツ③ 

「きこりのふうふ」とすぐに板書するのでなく、発表のしかたをていねいに指導することが、板書に注目させる秘訣です。発表のしかたの勉強であるということを指導するのは、1年生を指導する先生の大事な役割と考えています。

板書のコツ(3/8時中盤)

小1国語「たぬきの糸車」京女式板書の技術 板書
3/8時中盤の板書

板書のコツ①

「きこりのふうふ」について考えるために、住んでいる場所を確認しました。

発問は、「やまおくの一けんや」を導くために、「どこに住んでいましたか」とわかりやすいものにしました。ここでも、発問に対してていねいに答える指導を大事にしました。

「やまおくの 一けんや」……これは言葉が足りません。
「やまおくの 一けんやです。」……これは、正解です。
「やまおくの 一けんやと 書いています。」……これも正解です。
「きこりのふうふが、すんでいるところは、やまおくの一けんやです。」……上手な答え方です。

上手な発表をする気持ちに子供たちを高めることを意図して板書を活用しました。

板書のコツ②

「やまおくの一けんや」を想像する活動です。それぞれの子供が想像したことを聞いて、「しずか」「さみしい」「人がいない」という言葉であれば共通理解ができそうだと判断し、その3つを板書しました。

自分の考えたことが、言葉としてまとまることに気付かせる初めの段階であることを意識し、今回は最初の子の発言や語彙が多い子の発言を取り上げることはしませんでした。様子が想像できたという段階の板書です。

板書のコツ(3/8時後半)

小1国語「たぬきの糸車」京女式板書の技術 板書
3/8時後半の板書

 板書のコツ①

子供たちは、「たぬき」については「いたずらをしました」という箇所に興味をもったようです。絵本の中や昔話では、なじみのある「たぬき」です。「いたずら」を子供たちが身近なこととして捉えたと理解し、「さみしい」「あそびたい」などの発表を板書しました。

板書のコツ②

登場人物について学習をしているということが理解できるように、黒板の中央を空白にして、右と左が対象になるようにしました。これは、このあとに続く、「たぬき」と「おばあさん」をつなぐものが「糸車」であることを、あらかじめ想定しています。

板書のコツ③

黒板の左端の「かんそう」は授業をまとめる段階で板書したものです。

感想を発表させ、1人の子供の言葉をそのまま板書しました。特に「かんがえました。」「おもいました。」に注目をさせました。今回は、発表を板書しましたが、教師の期待するような発言はそれほどありません。そのため、ふだんは授業をする前に、「こういう発言をしてほしい」というものを用意しています。それを板書するときは、「先生は、このように書きました」と感想の手本として板書することもあります。「感想(振り返り)を書くこと」は大事なことですから、意図的な指導が必要であると考えています。

 

構成/浅原孝子

【関連記事】
見やすく理解しやすい「単元別 板書の技術」京都女子大学附属小学校特命副校長 吉永幸司監修シリーズはこちら!
・小3国語「ありの行列」板書の技術
・小4国語「ウナギのなぞを追って」板書の技術
・小5国語「やなせたかしーアンパンマンの勇気」京女式板書の技術
・小6国語「海の命」京女式板書の技術
・小2国語「主語とじゅつ語」板書の技術
・小1国語「たぬきの糸車」京女式板書の技術
・小3国語「たから島のぼうけん」板書の技術
・小4国語「プラタナスの木」板書の技術
・小1国語「ものの 名まえ」京女式板書の技術
・小2国語「あなのやくわり」板書の技術
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

最新情報をプッシュ通知で配信中です。

連載
見やすく理解しやすい「単元別 板書の技術」京都女子大学附属小学校特命副校長 吉永幸司監修
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号