小1算数「いろいろなかたち」指導アイデア(3/4時)《にているかたちをあつめてなかまにわけましょう》

執筆/東京都公立小学校教諭・河内麻衣子
編集委員/文部科学省教科調査官・笠井健一、東京都公立小学校校長・長谷豊

本時のねらいと評価規準(本時3/4時)

ねらい

箱などの身の回りの物の形に着目し、具体物を概形や特徴、機能から捉えて分類することができる。

評価規準

身の回りにある具体物のなかから、色や大きさ、位置や材質などを捨象し、形を認め、形の特徴を捉えている。

*単元のはじめに、子供に自分の家から箱などを持参させる。
*実物に記号を付けて、提示する。

もんだい
にて いる かたちを あつめて なかまに わけましょう。

前の時間、お菓子の箱や缶、ボールを使ってどんなものを作りましたか。

箱をどんどん積んで、タワーを作りました。

お菓子の箱を使って、電車を作りました。

缶は車のタイヤに使いました。

今日は、こんな形を持ってきました。「ア」から「エ」まであります。

あれ? お菓子の箱ではないよ。

でも、お菓子の箱と似ているところがあるよ。

では、ここにある「ア」から「エ」と似ている形をみんながもっている箱から選んで、仲間分けをしてみましょう。

学習のねらい

おかしの はこや、 かん、 ボールは、「ア」から 「エ」の どのかたちと おなじ なかまに なるか、 かんがえよう。

見通し

*子供たちそれぞれがもっている箱を使って分類するようにする。ただし、不足分については、あらかじめ用意しておく。

「イ」と、この箱は似ている形と言えるかな。

これらは、大きさが違うけど、「ウ」と似ている形と言っていいかな。

自力解決の様子

*子供4人に1セット(「ア」から「エ」まで)の立体模型を配る。
*「ア」「イ」「ウ」「エ」と1枚に1文字ずつ書いた紙を用意し、子供たち一人ひとりに配付する。そして、子供たちにその紙を自分がもってきた箱と似ている形に貼らせていく。(評価)
*それぞれの子供が自分なりに捉えた観点を決めて、考える活動を大切にする。

A 素朴に解いている子

面の形などに着目せず、大きさの違いや色などから「ア」から「エ」の仲間に分けることができない。


ねらい通りに解いている子

面の形に着目せず、「ア」と「イ」にうまく分類ができない。


C ねらい通りに解いている子

「ア」から「エ」の平らな部分の面の形の違いや丸い部分の側面の形の違いに気付いて、分類することができている。

学び合いの計画

自力解決では、子供たち一人ひとりが具体物のどんな特徴に着目して分類しているかの活動を大切にします。なかには形の特徴に着目できない子もいます。

前時までには、いろいろな物を作る活動のなかで、例えば、タワーを作ったとき、どうして倒れずにタワーを作ることができたのか、動く電車を作ったとき、どうして電車が動くことができたのかなど、箱の平らな部分を使ったり、缶などの転がる特徴を生かしたりなどの工夫したことを想起させることも大切です。

そのなかでも、平らな形に着目したとき、長方形や正方形、円などの形の違いに気付かせるため、実際に触らせることで、感触からその形の特徴を捉えさせることも有効だと思われます。

また、発表・検討場面では、箱のどの部分に着目して「ア」から「エ」に分類したのか、ノート(ワークシート)に記述させるとともに、子供から出された言葉を板書していきます。

論点となるのが「大きさが違っても似ている形と言ってよいのか」「サイコロの形も箱の形も両方とも全部平らになっているため、自分の箱をどちらの形と似ていると見ればよいのか分からない」といったことが想定されます。

この場合、仲間分けできた子供たちからどうして仲間分けができたのか根拠を問い、「サイコロのかたち」は「真四角」であること、「はこのかたち」は「真四角だけではなく、長四角もある」と、面に着目した考えを引き出し、理解を深めていきます。さらに「ボールのかたち」「サイコロのかたち」「つつのかたち」「はこのかたち」と仲間分けしたものに名前を付けていくと、クラスの共通語が生まれ、後の活動でもこの呼び名を活用できます。

ノート例

全体発表とそれぞれの考えの関連付け

「ア」と同じ仲間の箱はどれを選びましたか。

私はこの箱(オ)を選びました。

僕はこの箱(カ)も「ア」と似ているのではないかと迷いました。

どうして迷ったのですか。

サイコロは「ア」と似ていると分かったけど、もう一つの箱(カ)は真四角の部分があるから「ア」にも似ているのではないかと思いました。

この箱(カ)は「ア」の仲間ですか。

真四角のほかにも長四角のところがあるから仲間ではないです。

では、この箱(カ)はどの形の仲間にも入らないのですか。

「イ」に入ると思います。だって、長四角があるのは同じだからです。

大きさが違いますが同じ仲間といってよいのですか。

よいです。この箱(キ)も仲間です。

「ウ」と同じ仲間の箱はどれを選びましたか。

これ(ク)です。

どうしてですか。

だって、丸いところと平らなところがあるのが同じだからです。

「エ」と同じ仲間はどれを選びましたか。

ボールです。だって、全部丸くて、転がるから同じです。

学習のまとめ

色や大きさが違っても、形をよく見ると、同じ仲間に分けることができる。

評価問題として活用するゲーム

●かたちあてゲーム その1

2人一組となって、ブラックボックスの中に授業で使った箱を入れ、外側に置いてあ
る立体模型と同じ形を探す。

●かたちあてゲーム その2

4人一組となって、ブラックボックスの中に立体模型を入れて、特徴を言い当てる。

ゲームに取り組んだ後、立体図形と箱の形が描かれたワークシートを用意し、同じ形の仲間を直線で結ぶ活動を取り入れてもよいと考えます。一年生は1単位時間のなかに多くの体験活動を取り入れることで習熟を図ることが大切です。


イラスト/松島りつこ、横井智美

『教育技術 小一小二』2021年12/1月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号