小6体育「陸上運動(走り高跳び)」指導アイデア②

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
小6体育「陸上運動(走り高跳び)」指導アイデア バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小6体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「陸上運動(走り高跳び)」の単元を扱います。

執筆/東京都公立小学校主任教諭・小林元
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   品川区教育委員会統括指導主事 ・唐澤好彦

単元名

めざせ新記録! ワン、ツー、ジャンプ!

「年間計画表」はこちら

単元目標

●知識及び技能
走り高跳びの行い方を理解するとともに、リズミカルな助走から力強く踏み切って跳ぶことができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
自己の能力に適した課題の解決の仕方、競争や記録への挑戦の仕方を工夫するとともに、自己や仲間の考えたことを他者に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
走り高跳びに積極的に取り組み、約束を守り助け合って運動をしたり、勝敗を受け入れたり、仲間の考えや取組を認めたり、場や用具の安全に気を配ったりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

陸上運動は、体を巧みに操作しながら、合理的で心地よい動きを身に付けるとともに、仲間と競い合ったり、自己の課題の解決の仕方や記録への挑戦の仕方を工夫したりする楽しさや喜びを味わうことのできる運動です。

走り高跳びでは、試技の回数やバーの高さの決め方などのルールを決めて競争したり、自己の記録の伸びや目標とする記録の達成をめざしたりします。

競争では勝敗が伴うことから、できるだけ多くの子供に勝つ機会が与えられるように指導を工夫するとともに、その結果を受け入れることができるようにすることが大切です。また、記録を達成する学習活動では、自己の能力に適した課題をもち、適切な運動の行い方を知り、記録を高めることができるようにすることが大切です。

〈感染症対策〉
授業を行う際には、地域の感染状況に応じて、以下の新型コロナウイルス感染症対策を講じましょう。
・子供たちに授業前後の手洗いを徹底する。
・見る位置や待つ位置をあらかじめ決めておくなど、密集・密接することがないようにする。
・活動中は、不必要に大声を出さないようにする。
・集合や整列時は、子供どうしの適切な間隔を確保する。 など

単元計画(例)

小6体育「陸上運動(走り高跳び)」指導アイデア イラスト

工夫してもっと楽しく運動をしよう

自己の能力に適した課題を解決できるように、課題別に工夫して運動に取り組めるようにしましょう。ペアやグループなどで互いの動きを見合ったり、1人1台端末を有効に活用したりすることで、効果的に課題を解決し、自己の記録の向上をめざすことができるようにします。

課題に応じた練習方法を選んで、課題の解決に取り組む

子供たちが自己の課題に応じた練習方法を選びながら運動に取り組み、記録の向上をめざすことができるようにしていきます。教師は賞賛の言葉とともに、子供の思考を促す言葉をかけたり、子供どうしのかかわりを促す言葉をかけたりしていくことで、子供たちの活動をさらに活性化できるようにしていきます。

※動きを身に付ける際に、オノマトペを使うと効果的です。

 

子供の思考を促す言葉がけ

小6体育「陸上運動(走り高跳び)」指導アイデア イラスト

子供どうしのかかわりを促す言葉がけ

小6体育「陸上運動(走り高跳び)」指導アイデア イラスト
小6体育「陸上運動(走り高跳び)」指導アイデア イラスト

 


小6体育「陸上運動(走り高跳び)」指導アイデア イラスト

個人の記録の伸びで行う競争

一人一人の目標記録を決め、その目標記録と計測した記録の差を得点化して競うことで、誰もが競争を楽しむことができるようにします。子供たちの思考が競争だけにならないよう、グループ内や相手チームの仲間のがんばったところを伝え合う活動も入れるようにしましょう。

また、高さだけに着目するのではなく、自己の記録の伸びや記録の到達をめざし、何をどうするのかを考え、運動のポイントに着目できるようにします。

・5歩または7歩助走で行う。
・1人2回の試技とする。
・1グループ4~6人で行う。
・グループの合計得点で競争する。

※最高記録の時にボーナスポイントを付けるなどの工夫も考えられます。

 

目標記録を基に、跳べた記録を得点化する 

小6体育「陸上運動(走り高跳び)」指導アイデア イラスト
小6体育「陸上運動(走り高跳び)」指導アイデア イラスト

①はじめの記録+10cmと設定する。
達成した場合は、その都度5cm加える。達成できない場合は+5cmに目標記録を変更するなど、一人一人に応じた目標記録としていく。

②【110】+(身長÷2)-(50m走のタイム×10)の式から算出する。
身長140cm、50m走8.0秒の場合、110+(140÷2)-(8.0×10)=100cmとなる。達成した場合はさらに5cm加え、目標記録を設定したり、目標記録の設定が高い場合は【110】を【100】として再設定したりして、一人一人に応じた目標記録としていく。

 

はじめの記録を基に、記録の伸び(5㎝ずつ)を得点化する例

小6体育「陸上運動(走り高跳び)」指導アイデア イラスト
小6体育「陸上運動(走り高跳び)」指導アイデア イラスト

1人1台端末を活用した指導アイデア

1人1台端末を効果的に活用し、課題解決を図る。

○学習資料としての活用

手本となる動画資料やポイントを示した資料などを活用して、助走のリズムや踏切、着地、はさみ跳びの一連の動きを確認できるようにします。

小6体育「陸上運動(走り高跳び)」指導アイデア イラスト
小6体育「陸上運動(走り高跳び)」指導アイデア イラスト

○動きの見合いでの活用

試技の様子を動画に撮ることで、子供どうしのアドバイスをしやすくします。

小6体育「陸上運動(走り高跳び)」指導アイデア イラスト

○ふり返りでの活用

撮影した動画を基に、自己の動きを客観的に捉え、課題解決の視点を明確にもてるようにします。

小6体育「陸上運動(走り高跳び)」指導アイデア イラスト

 

 
学習カード1「走り高跳び」
※ダウンロードはこちら
※両面印刷用に表紙の上下が逆になっています。

 

【印刷方法はこちら】(両面印刷)

小6体育「陸上運動(走り高跳び)」指導アイデア イラスト

 


学習カード2「走り高跳びにおける教師の働きかけ(例)」
※ダウンロードはこちら

 

〈コラム~指導のワンポイント!〉
~陸上運動の「記録の達成」と「競争」~

陸上運動は、「記録の達成」と「競争」という2つの特性をもっている運動です。単元や子供の実態などに応じ、どちらか一方を中心とした単元計画だけではなく、子供たちが「記録の達成」と「競争」の楽しさや喜びを味わうことができる単元計画を立てていくことも考えらえます。

「記録の達成」では、一人一人が自己に合った目標記録を決めることで、誰もが記録を達成するために課題をもち、解決しようと意欲的に取り組むようになります。

「競争」では、グループ対抗で競争する場合、単純な記録の合計で競うほか、一人一人の目標記録を決め、その目標記録と計測した記録の差を得点化して競う方法があります。「競争」では、できるだけ多くの子供が勝てる経験を味わえるようにする工夫も大切です。

 

小6体育「陸上運動(走り高跳び)」指導アイデア①
「楽しく運動をしよう」はこちら

イラスト/みながわこう

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小4外国語活動 Unit 7「What do you want?」指導アイデア
・小5外国語 Unit 7「Welcome to Japan.」指導アイデア②
・小5外国語 Unit 7「Welcome to Japan.」指導アイデア①
・小6 国語科「狂言 柿山伏」「柿山伏について」板書例&全時間の指導アイデア
・小3外国語活動 Unit 7「This is for you.」指導アイデア
・小4体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア①
・小4体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア②
・小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(跳び箱を使った運動遊び)」指導アイデア①
・小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(跳び箱を使った運動遊び)」指導アイデア②
・小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(マットを使った運動遊び)」指導アイデア①
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号