小2算数「さんかくやしかくの形をしらべよう」指導アイデア

執筆/神奈川県公立小学校教諭・梅本樹徳
編集委員/文部科学省教科調査官・笠井健一、島根県立大学教授・齊藤一弥

本時のねらいと評価規準(本時2/10時)

ねらい

辺や頂点の数に着目して、図形を分類する活動を通して、三角形、四角形の意味や性質を理解する。

評価規準

図形の辺や頂点の数に着目して、図形を分類しようとしている。

もんだい
三角形と四角形はどれかな。
※図を提示する。(第1時と同様の図)

昨日の授業ではどんなことをしましたか。

三角と四角に分けてみたら、「き」は、三角と思う人と四角と思う人がいて、意見が分かれました。

それで、三角形と四角形のどちらになるかで考えると、四角形だとはっきりしました。

4本の直線で囲まれているから、「き」は四角形ということが分かりました。

直線で囲まれているかどうかを見ると、ほかにも三角形や四角形を見付けられます。

では、三角形や四角形を見付けてみましょう。

学習のねらい

直線でかこまれているかにちゅう目して、三角形と四角形を見つけよう。

見通し

・直線になっているかどうかを調べよう。

・直線が何本あるかを調べて見分けよう。

自力解決の様子

A つまずいている子

「直線」に着目しているが、直線の本数に着目できていない。


B 素朴に解いている子

「直線」に着目しているが、頂点にあたる部分が丸くなっている形の判断ができない。


C ねらい通りに解いている子

正しく三角形と四角形を見付けて理由も説明できている。

学び合いの計画

前時では、提示したさまざまな図形を三角と四角に分ける活動を行います。一年生でものの形に着目してきた子供たちは「き」のような形を三角と見たり四角と見たりします。

そこで、「どちらでもよいのかな」「はっきりさせられないかな」という問いを引き出し、三角形と四角形の定義を示します。すると、「き」は四角形に弁別できます。

ここで「なぜ三角と四角では意見が分かれたのか」をふり返ることが大切です。

今までは、ものの形に着目し、「どのような形に見えるか」で判断してきたこと、それが人によって形の捉え方が異なる原因となっていたことを自覚化するとともに、図形を構成する要素に着目することで三角形か四角形かを明確に弁別できるようになり、見方の成長を実感できるようになることが大切です。

本時では、頂点・辺について学習しますが、辺や頂点についても最初から教えるのではなく、子供の問いを引き出し、辺や頂点に着目する必要のある場面を位置付けることで、三角形と四角形を見付けていけるようにすることが大切です。

ノート例

全体発表とそれぞれの考えの関連付け

三角形は見付かりましたか?

「あ」と「う」です。

「う」は三角形だけど、「あ」は違うと思う。

「あ」は角が曲がっているから違う。

だけど、角以外は直線だよ。

どっちだろう。

では、三角形の角がどのような形になっていたのかを確認してみましょう(前時に提示した三角形の図を確認)。

三角形の角はとがっていました。

角は何本の直線でできていますか。

2本です。2本の直線がぶつかってできています。

「あ」の角は、2本の直線が曲がってぶつかるから、丸くなっている。

三角形の角は、2本の直線でできていることが分かりましたね。この角の点を「頂点」と言います。そして、この直線を「辺」と言います。
では、改めて頂点、辺の数に注目して三角形と四角形を見付けてみましょう。

三角形は「う」、四角形は「え」と「き」と「け」です。

「い」は頂点がないから四角形ではないです。

「お」と「く」は直線もあるけれど、曲がっている辺があるからどちらでもないです。

「か」はすべての辺が直線になっていないから、どちらでもないです。

辺と頂点に注目すれば、三角形と四角形を見分けられるようになりました。

三角形は頂点と辺が3つ、四角形は頂点と辺が4つある形です。

ほかの形でも調べられそうだな。

本時のまとめ

図形を構成する要素である辺や頂点の数に着目すると、三角形と四角形を明確に弁別できるようになったことを価値付けし、次時からも図形を構成する要素に目を向けて、考えていこうとする姿勢を大切にします。

評価問題

つぎの形は三角形ですか。理ゆうもせつめいしましょう。

子供に期待する解答の具体例

三角形ではありません。理ゆうは、ちょう点が2つしかないからです。

本時の評価規準を達成した子供の具体の姿

辺や頂点の数に着目すると、三角形や四角形を見いだすことができることを説明している(※発言は、ノートの記述)。

感想例

・三角形と四角形を観察すると、辺や頂点があることが分かりました。辺や頂点に注目すると、どんな形かがはっきり言えるようになりました。

・どんな形かを知りたいときは、辺や頂点の数に注目して調べてみようと思います。


イラスト/横井智美

『教育技術 小一小二』2021年8/9月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号