小1国語「やくそく」指導アイデア

教材名:「やくそく」(光村図書 一年上)

指導事項:〔知識及び技能〕(1)ク 〔思考力、判断力、表現力等〕C(1)イ
言語活動:イ

執筆/東京学芸大学附属大泉小学校教諭・山下美香
編集委員/文部科学省教科調査官・大塚健太郎、東京学芸大学附属小金井小学校教諭・成家雅史

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元では、場面の様子や登場人物の行動などに着目し、内容の大体を捉える力を育んでいきます。そのためには、「誰が」「何をしたか」「何を言ったか」、そして「どうなったか」を読み取ることが大切になってきます。

挿絵を有効に活用することと、時を表す言葉に着目し、物語の登場人物や主な出来事、結末などの内容の大体を捉えることができるようにしていきます。

② 言語活動とその特徴

自分のことだけを考えてけんかをしていた三匹のあおむしが、広い世界に驚き、「それなら、みんなでいこう」と一緒に海に行くことを「やくそく」する物語です。

活動方法としては、音読を通して、場面の様子や登場人物の行動などに着目し、内容の大体を捉える力を育むことで読み進めていきます。三匹のあおむしは、どれも「じぶんとそっくり」であり、初読では、三匹のあおむしの違いは容易に読み取れないかもしれません。

そこで、挿絵が有効になります。挿絵を活用しながら、音読を通して、「誰(どのあおむし)が」「何を」話しているのか、「どこで」「どんな」行動をしているのかを考えていくとよいでしょう。そっくりなあおむしだけれども、食べ方の違いや言い方の違いに気付いていくでしょう。

三匹のあおむしが一緒に出てくる物語の後半では、ペープサートを使い、三匹のあおむしの位置関係についても考えていきます。

単元の展開(8時間扱い)

主な学習活動

第一次(1・2時)

◎題名から物語の内容を予想して範読を聞き、感想を出し合う。
・「やくそく」という言葉について知っていることを出し合う。
→アイデア3 深い学び

・登場人物の行動に着目して、物語の展開を読み取る。

・学習計画を立てて、見通しをもつ。

【学習課題】三びきのあおむしは、どうしたかをよもう

第二次(3~6時)

◎挿絵と結び付けて、場面ごとの内容の大体を読む。
・1~5の場面を音読し、三匹のあおむしの行動を読む。
→アイデア1 主体的な学び

第三次(7・8時)

◎グループで場面を選んで音読し、「やくそく」について考える。
・第二次で読んだことを基に、音読する。
→アイデア2 対話的な学び

・題名の「やくそく」について考える。
→アイデア3 深い学び

アイデア1 挿絵とペープサートを活用して登場人物の行動を読む

主体的な学び

「一匹目のあおむし」「二匹目のあおむし」「三匹目のあおむし」と言葉だけでは、登場人物を確認することが難しい子供もいると想定されます。この三匹のあおむしは、「じぶんとそっくり」なのです。そこで、挿絵を活用します。

三匹のあおむしをペープサートにし、三匹のあおむしのいる場所を場面ごとに確認していくことが、あおむしの行動を読んでいくことにつながります。

子供は、三匹のあおむしのペープサートを動かしながら、意欲的に読んでいくことが予想されます。ペープサートを動かしていくことが、あおむしの行動をどのように読めているのかを視覚化でき、教師も見とることができます。

挿絵とペープサートを活用して登場人物の行動を読む

あおむしたちは、木のどこにいますか。ペープサートを動かしてみましょう

「いちばんたかいえだ」って書いてあるよ。一番高い枝まで動かそう

三匹は、一番高い枝に着いて、目をまるくしたよ

アイデア2 登場人物の行動の様子の違いを音読に生かす

対話的な学び

「やくそく」には、オノマトペが何度も使われています。二匹目のあおむしは「むしゃむしゃ むしゃむしゃ」、三匹目のあおむしは「もりもり もりもり」と木の葉を食べています。容姿はそっくりなあおむしですが、食べ方の様子が違うことから、まったく同じあおむしではないと捉えることができるでしょう。

やくそくをした後の場面では、「くんねり くんねり」と三匹が木の枝を下りていくオノマトペが使われています。大げんかをしていたときとは違い、「くんねり くんねり」と三匹の行動は同じ言葉で表現され、三匹の動きが揃っていることにも、話合いを通して気付かせていきます。

「食べる」という行動には、「もぐもぐ」「むしゃむしゃ」「ばりばり」「ちびちび」とさまざまなオノマトペがありますが、その言葉によって食べる様子が変わっていきます。

この様子の違いを話し合い、動作化も加え、音読に表現していけるとよいでしょう。十分な間隔を取って、音読の練習をさせましょう。

「もぐもぐ」よりも、「むしゃむしゃ」のほうが、音が大きい感じがするね。大きく読もう

二匹目のあおむしのほうが、たくさん食べている感じがするよ

アイデア3 三匹が「やくそく」した場面と自分の経験を結び付けて読む

深い学び

「やくそく」という題名を手がかりにして、どのような話が展開されるかを予想しながら、読み進めていきます。子供は、題名にもなっている「やくそく」をした三匹のあおむしの行動が大事であると気付くでしょう。

「やくそく」という言葉について、子供の生活経験からのそれぞれのイメージを大切に、三匹のあおむしが約束をした場面と結び付けて読んでいく学習にします。子供の約束をした経験を掘り起こし、クラスで共有する活動を通して、三匹のあおむしの行動の読みがより確かなものになります。

「やくそく」という言葉からどんなことをイメージしますか

お家の人と約束したことがあります。大切なものです

友達と遊ぶ約束をしました。約束をしたら、とてもうれしかったです

どうして、題名が「やくそく」になったのでしょうか

三匹のあおむしにとって、大事なことだからです。友達になれたからです

海に一緒に行こうという約束だから、きっとこれから、ちょうになって、もっと仲よくできるよっていうことを言いたいのだと思います

イラスト/川野郁代 横井智美

『教育技術 小一小二』2021年8/9月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号