小4 国語科「新聞を作ろう」板書例&全時間の指導アイデア

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

文部科学省教科調査官の監修のもと、小4 国語科「新聞を作ろう」(光村図書)の各時の板書例、ワークシート例、発問、想定される児童の発言、1人1台端末活用のポイント等を示した授業実践例を紹介します。

小四 国語科 教材名:新聞を作ろう(光村図書・国語 四上)

監修/文部科学省教科調査官・大塚健太郎
編集委員/大妻女子大学家政学部児童学科教授・樺山敏郎
執筆/神奈川県相模原市立双葉小学校・荒木昭人

1. 単元で身に付けたい資質・能力

本単元では、書くことを通して伝える際に、集めた情報を比較したり分類したりして、伝えたいことの中心を明確にする力を付けます。その際、「誰に対して」という読み手と、「何のために」文章を書くのかという目的を意識し、経験したことなどから書くことを選ぶことができるようにします。
また、相手や目的を意識した表現になっているか確かめて、文や文章を整えることができるようにします。

2. 単元の評価規準

単元の評価規準

3. 言語活動とその特徴

本単元で取り扱う「新聞」は、多様な情報を伝達・受信する手段として、古くから重宝されてきました。「新聞」は種類も様々で、商業新聞の中にも「全国紙」「ブロック紙」「産業経済紙」「スポーツ紙」等、購買者側にとって必要な情報によってそれを選択することも可能です。インターネット等が普及した現在、新聞以外にも情報を収集する手段は多様化していますが、例えば、ネットメディアやSNSから受信できる情報と比べ、信頼性が高いと考えられているのも特徴の一つです。

新聞は、複数の情報を組み合わせて編集し、作られるという特徴があります。そのため、必要な情報を集めるだけでなく、集めた情報を比較したり分類したり、関連付けたりすることが重要になってきます。

また、新聞を作るためには、見出しやリード文を書く必要もあります。各部分の特性をつかみ、その特性に合った文章を書く必要があります。見出しやリード文を書くには、集めた情報の中から重要な語句や文を見つけ出す力や文章を要約する力等、これまでに獲得してきた言葉の力を組み合わせながら発揮していく必要があるのです。

さらに、情報を正確に伝えるためには、いわゆる5W1H(いつ・どこで・だれが・なぜ・なにを・どのように)を意識した記事を書く必要があります。文章の主・述の関係や修飾・被修飾の関係も意識しながら、構造的に分かりやすい文章を書くことが重要です。

4. 指導のアイデア

〈主体的な学び〉 新聞の特徴をつかみ、学習の見通しをもつ

単元の導入では、様々な新聞を読み、新聞の特徴について検討します。この活動を通して一般的な新聞の特徴をつかむことはできるものの、自分たちが作る新聞のイメージをもつことが難しい児童もいます。そこで、教師が作成した新聞を提示することで、活動のゴールイメージをもつことにつながり、意欲も高まります。

また、教師自身が新聞を作成することは、新聞作りの過程における指導のポイントをつかむことにもつながります。教師が身に付けさせたい資質・能力を自覚しながら、新聞作りに取り組むことができるようにすることが重要です。

さらに、自分たちが作成する新聞を通して、「誰に」「何を」伝えたいのかという目的を明確にしましょう。目的が明確になることで、学習活動の見通しをもつことができるとともに、自己の学習活動を振り返り、次につなげるという意識も高まります。

〈対話的な学び〉「目的」を意識して対話をし、記事の内容や取材の方法を決定する

新聞のテーマを決定する際は、目的と照らし合わせながら、意見交換したり、議論したりすることを通して、扱うテーマを決定していくことが重要です。複数のテーマ案が出された場合は、それぞれのテーマのよさ等を明らかにした上で、より目的と適合するテーマを選択できるような工夫をしましょう。

また、決定したテーマに対して取材を行う段階、集めた情報について比較したり分類したりする段階でも、グループの友達と協力し活動を行う必要があります。例えば、取材を通して集めた情報の不足はないかをグループで確認する場面を設定するなどが考えられます。

さらに、取材の場面では、テーマによっては学級内にとどまらず、他学年や保護者、地域の方とかかわり、情報を収集することが必要となる場合があります。インタビューやアンケート等の方法も選択をしながら対象とかかわり、より目的に合った情報を集めることを意識できるようにしましょう。

〈深い学び〉「比較」・「分類」することを通して記事の内容を決定する

本単元において中心となるのが「比較」と「分類」です。「比較」とは、複数の情報を比べることです。「分類」とは、複数の情報を共通な性質に基づいて分けることです。このように思考を具体的に記述した言葉を「考えるための技法」や「思考スキル」と呼ぶこともあります。

学習活動の中で、児童に発揮させる、考えるための技法を明確にし、それに対応したワークシート等を準備することが考えられます。観点に即して見方・考え方を出し合いながら検討し、比較したり分類したりしながら決定していくことが深い学びにつながります。

5. 1人1台端末活用の位置付けと指導のポイント

(1) 情報を収集したり、整理したりする場面での活用
新聞を作成するにあたり、情報を収集する「取材」は重要な場面です。この取材場面において、端末は様々な形での活用が考えられます。

例えば、次のような活用方法があげられます。
・インターネットを利用した情報の収集
・カメラ機能を利用して写真撮影
・オンラインミーティング等の機能を利用したインタビュー

また、収集した情報を整理したり、まとめたりする場面も、新聞を作成するにあたっては重要な場面です。

例えば、次のような端末の活用方法があげられます。
・ワークシートとしての活用(付箋機能を組み合わせて使うとより効果的)
・人数等の数字の情報を整理し、表にしたりグラフにしたりする。
・割付案の検討を、端末の画面上で操作をしながら行う。

ここで示したような事例については、全員が同様に行うのでなく、目的や実態に応じて、子供自身が方法や場面を選択できるように指導をしていくことも重要です。

(2) 下書きを書いたり、修正したりする場面での活用
「書くこと」の学習においては、ワープロソフト等を活用することのメリットを十分にいかしましょう。例えば、「下書きを書く場面」や「下書きを推敲する場面」等では、書いた文章を書き替えたり、順番を入れ替えたりすることが容易に行えます。図表の挿入や変更についても同様です。
ただ、キーボード入力には、個人差が大きいことも考えられます。実態に応じて、子供自身が方法や使用する枠を選択できるようにするなど、柔軟に対応できるようにしておきましょう。

6. 単元の展開(12時間扱い)

 単元名: 事実を分かりやすくほうこくしよう

【主な学習活動】
・第一次(1時2時
① 教師が提示した二種類の新聞を比較することで、新聞作りの特徴をつかむとともに、学習の見通しをもつ。
② 新聞を作成するグループを決め、テーマを決める。グループごとに学習計画を立てる。

・第二次(3時4時・5時・6時7時8時・9時
③ 教材文を読み、新聞の作り方の手順・取材の方法などについて確かめる。
④⑤⑥ 取材を行い、取材して集めた情報を比較したり分類したりして記事を書くときに使うものを選ぶ。〈 端末活用(1)
⑦ 新聞の題名やトップ記事を決め、割付について話し合う。〈 端末活用(2)
⑧⑨ 記事の下書きを書き、伝えたい内容に合った見出しの案を考える。〈 端末活用(3)

・第三次(10時・11時12時
⑩グループで下書きを読み合い、推敲して見出しを決める。〈 端末活用(4)
⑪清書をし、新聞を仕上げる。
⑫完成した新聞を読み合い、感想を伝えるなどし、学習を振り返る。

各時の板書例、ワークシート例、発問・児童の発言例

【1時間目の板書例 】

1時間目の板書例

〇 単元の導入では、子供が新聞はどのような構造になっているかを理解するとともに、「新聞を作ってみたい。」「私にも作れそう。」という思いをもつことができるようにすることが必要です。そのためには、例えば、教師が作成した2種類の新聞を提示し、比較する活動を行うことが考えられます。一つは新聞の特徴をおさえた「お手本」となるようなもの、もう一つは文章を並べただけの読みにくいものを並べて示します。そうすることで、どのような新聞が読みやすく伝えたいことが伝わりやすい新聞なのかを考えることにもつながります。

提示する新聞については、子供の実態に応じて、教師が作成したもの以外にも「全国紙」「子供新聞」「地域の新聞」「自治体が発行している新聞」等も有効に活用しましょう。

<教師の発問、児童の発言例>

黒板に貼られた二つの新聞ですが、どんな違いがありますか。

Aの新聞は写真や絵がないけど、Bの新聞には写真が使ってあります。

Bの新聞は横書きで題名みたいな文章が書いてあります。

それを「見出し」と言います。記事で伝えたい内容を、短い文章でまとめたものです。

Aの新聞は文章が縦に長く書いてあるけど、Bの文章は2段になっています。それに、見学に行って見てきたことだけではなくて、人に聞いたことも書いてあります。

どちらの新聞の方が、伝えたいことが伝わる新聞でしょうか。

Bの新聞の方が、読みやすいし「読んでみたい」と思ってもらえる新聞だと思います。

私もBのような新聞を作ってみたいと思いました。


【2時間目の板書例 】

2時間目の板書例

グループ(または個人)で活用するワークシートの例

グループ(または個人)で活用するワークシートの例

〇「書くこと」の学習において、テーマは大変重要となります。グループの中でどんなテーマで新聞を作るかということについて、多数決で決める等ではなく、「子供一人一人が責任をもって選択する」という場面を設定することが考えられます。そうすることで、新聞を作るという活動が自分事になり、主体的な取り組みにもつながってきます。このような場面を設定する方法として、例えば板書例やワークシートの例に示したような「マトリクス表」を活用するという方法があります。学級全体で出し合ったテーマについて、グループでマトリクス表を活用して「自分たちが作る新聞のテーマとしてふさわしいか」を検討します。
表の縦軸に示した条件については、「教師が設定する」「学級全体で設定する」「グループで設定する」等が考えられます。
ここではグループで活用することを想定していますが、一人一人がワークシートを活用して取り組みたいテーマを決定し、同じテーマを選んだ子供同士でグループを作るということも可能です。


【3時間目の板書例 】

〇 学びが主体的になるには、これから行う活動に対して、子供自身が「見通し」をもっている状態になることが必要です。「これからどんな手順で活動していくのか」「その活動一つ一つは具体的にどんなことをするのか」「どれくらいの時間をかけてよいのか」等、単元の前半に見通しをもつことができる時間を設定しましょう。

ここでは、教科書だけでなく、第1時に示した新聞例や全国紙等も活用しながら、次時から取り組む新聞作りについてのイメージを広げていくことが必要です。
また、「見出し」「リード文」「取材」「わりつけ」といった用語やその役割・意味も適切に取り上げ指導を行うことで、子供たちが新聞を作る際に意識するべきことが焦点化されていきます。

また、本時で扱った内容は、この後の学習活動に大きく関わっていくため、板書した内容等を整理し教室に掲示しておくことも有効です。


【4~6時間目のワークシート例 】

グループでベン図を使って記事の内容を決める

グループでベン図を使って記事の内容を決める

<グループでの対話の例>

先週の土曜日に行われた運動会について、4年生全員から感想を集めたよ。

私は保護者アンケートから4年生に関係ある感想を見つけてきたよ。

みんなの感想とお家の人からの感想を比べてみると、ダンスについて満足していることがわかったよ。ダンスのことを記事にするのはどうかな。

うん、それがいいね。「◯◯ダンス、大成功!」という見出しにしたら、みんなの感想とお家の人の感想の両方をいかした見出しになると思う。

〇「ベン図」を活用した例です。ベン図は、それぞれの情報がもつ固有の特徴と、共通する特徴を明らかにすることができます。ここでは、運動会についての「みんな(子供)の感想」と「お家の人(保護者)の感想」、それぞれの特徴を明らかにし、そこから共通して見えてきたことを記事の内容を決定しています。

グループでYチャートを使って記事の内容を決める

グループでYチャートを使って記事の内容を決める

<グループでの対話の例>

◯◯祭りの実行委員さんたちにインタビューしたら、今まで知らなかったことがわかってきたね。

実行委員さんたちが、◯◯祭りのためにがんばっていることがわかったよ。そのことを学校のみんなに伝えたいと思った。

それもいいと思うんだけど、心配なことも伝えたいな。「大人になったら◯◯祭りの実行委員になろう。」と思う人が増えたら、心配なことが減っていくかもしれないからね。

じゃあ伝えることの中心は、◯◯祭りの実行委員さんたちの「がんばっていること」と「心配だと思っていること」にしよう。

〇「Yチャート」を活用した例です。Yチャートは、ある事象多面的に見たり、情報を分類したりすることを促すツールです。ここではインタビューを通して集めた情報を3つに分類しそれぞれの特徴を明確にした上で、「伝えるべき内容」を決定しています。

〇 本単元における指導事項の中で、〔知識及び技能〕(2)イと〔思考力・判断力・表現力等〕B(1)アのどちらにも記載があるのが「比較」と「分類」です。「比較」とは、複数の情報を比べることです。「分類」とは、複数の情報を共通な性質に基づいて分けることです。このように思考を具体的に記述した言葉を「考えるための技法」や「思考スキル」と呼ぶこともあります。

学習活動の中で、児童に発揮させる、考えるための技法(参照「小学校学習指導要領解説 総合的な学習の時間編」を明確にし、それに対応したワークシート等を準備することが考えられます。

子供が様々な取材を通して集めてきた情報を比較したり、分類したりしながら、伝えたいことを明確にし、第7時の割付を決めたり、トップ記事を決めたりする活動につなげていくことが重要です。


【7~9時間目のワークシート例 】

グループでわりつけを決めるためのワークシート

グループでわりつけを決めるためのワークシート
→左側の例を参考にして、「伝えたい内容」や「記事の候補」を考慮しながら、わりつけを決めていきます。

グループでトップ記事を決めるためのワークシート

グループでトップ記事を決めるためのワークシート

〇「ピラミッドチャート」を活用した例です。ピラミッドチャートは、複数の情報について、構造化したり焦点化したりすることを促すツールです。
ここでは、記事の候補を出し合い、その候補の中からトップ記事にふさわしい記事を決めていきます。その際は、どんな記事がトップ記事にふさわしいかという「条件」を明確にして決めていくことが重要です。


【10・11時間目のワークシートの活用例 】

10・11時間目のワークシートの活用例

〇 推敲を行う際は、「読み手や目的を意識した表現になっているか」を意識することが重要です。
例えば、読み手として低学年の子供も対象とするのであれば、「低学年に自分たちが伝えたいことが伝わるか」「漢字にはふりがながふってあるか」等を意識する必要があります。

上記の点を踏まえた上で、誤字脱字のチェックに止まらず、文章の書きぶりにも注目させるようにしましょう。そのために、例えば「ポイントチェックシートを使う」「書いた下書きを他グループと交換して行う」などの工夫を行うことも考えられます。修正すべき箇所の伝達については、付箋紙等も活用できます。実態に応じて、修正点を指摘するだけでなく、「どのように修正するとよいか」も伝えるように指導することも重要です。

清書については、ここで気が付いたことや指摘されたことをいかしていきます。推敲場面で活用したチェックシートを引き続き活用するのも有効な手立てとなります。


【12時間目の板書例 】

12時間目の板書例

〇 単元の終末では、グループで作成した新聞について、「よいところ」を中心に伝え合う活動を設定します。その際は、書き手が伝えようとしている内容が明確に記述されているところを見つけ、書き手がどのような工夫をしているか等についても考えが広がるように支援をしていくことが重要です。
例えば、それぞれのグループの新聞を読み合う前に「新聞のおすすめポイント」を発表する時間を設けたり、全体で話合いを行う前にグループでそれぞれのグループの新聞を読み合って意見を交流したりしておくことが考えられます。

また、ある工夫が複数の新聞から見つけられた場合は、「なぜ複数のグループがその工夫をしたのか」について考えたり、そこからわかったことを板書で整理したりすることも重要です。このように整理された内容は、学習のまとめや子供たちの振り返りとしての言語化にもつながります。

<教師の発問、児童の発言例>

他のグループが作った新聞を読んで、「いいなと思ったこと」「感じたこと・考えたこと」について伝え合いましょう。

運動会グループの新聞から、「達成感」や「自分たちの成長」が伝わってきました。

地域の行事グループの新聞は写真だけでなく、グラフが使ってあるので、とても説得力があります。

どの新聞も、見出しが工夫されていて、その記事で何を伝えたいかがよくわかります。

見出しだけでなくリード文にも同じ効果があるなと感じました。伝えたいことを最初に伝えると、その後の文章の内容もよくわかってくる気がしました。

イラスト/横井智美

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小5体育「水泳運動(クロール・平泳ぎ・安全確保につながる運動)」指導アイデア①
・小5体育「水泳運動(クロール・平泳ぎ・安全確保につながる運動)」指導アイデア②
・小4体育「水泳運動」指導アイデア①
・小4体育「水泳運動」指導アイデア②
・小6体育「水泳運動(クロール 平泳ぎ 安全確保につながる運動)」指導アイデア①
・小6体育「水泳運動(クロール 平泳ぎ 安全確保につながる運動)」指導アイデア②
・小2体育「水遊び」指導アイデア①
・小2体育「水遊び」指導アイデア②
・小1体育「水遊び(水の中を移動する運動遊び、もぐる・浮く運動遊び)」指導アイデア①
・小1体育「水遊び(水の中を移動する運動遊び、もぐる・浮く運動遊び)」指導アイデア②
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号