小5体育「器械運動(鉄棒運動)」指導アイデア②

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
小5体育「器械運動(鉄棒運動)」指導アイデア 6月 バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小5体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「器械運動(鉄棒運動)」の単元を扱います。

執筆/京都市公立小学校教諭・井上大輔
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   京都市教育委員会体育健康教育室首席指導主事 ・山口淳

単元名

鉄棒と仲よし
~めざせ、鉄棒マスター!~

「年間計画表」はこちら

単元目標

●知識及び技能
鉄棒運動の行い方を理解するとともに、支持系の基本的な技を安定して行ったり、その発展技を行ったり、それらを繰り返したり組み合わせたりすることができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
自己の能力に適した課題の解決の仕方や技の組み合わせ方を工夫するとともに、自己や仲間の考えたことを他者に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
鉄棒運動に積極的に取り組み、約束を守り、助け合って運動をしたり、仲間の考えや取組を認めたり、場や器械・器具の安全に気を配ったりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

鉄棒運動は中学年までに身に付けてきた技能を基に、基本的な上がり技や支持回転技、下り技に取り組み、それぞれについて自己の能力に適した技ができるようにしたり、発展技を行ったり、できるようになった技を繰り返したり、組み合わせたりする学習です。

ふだんから鉄棒で遊んでいる子供が少ない場合は、単元に入るまでに、ジャングルジム、雲梯、登り棒などを使い、ぶら下がったり、体を振ったり、前や横に移動したり、逆さになったり、回転したり、下りたりするなど、さまざまな動きを経験しておくと効果的です。

低学年、中学年でどのような動きや技を経験しているかを把握しておくことも、授業で取り組む技を決めるために大切です。鉄棒運動を苦手としていたり、怖くて意欲的に取り組めなかったりする子供は、どの学級にも少なくありません。練習の場では補助具やマットを活用したり、易しい場を設定したりするなど、子供が安心して安全に取り組めるような場づくりが重要です。

また、真夏や冬の時期に実施すると鉄棒を握りにくく、けがにつながることもあります。年間計画を作成するに当たっては、一人一人の子供が安心して学習に取り組むことができるように実施時期に配慮しましょう。

〈新型コロナウイルス感染症対策〉
地域の感染状況により、以下の配慮の例が考えられます。
・子供たちに授業前後の手洗いを徹底するようにします。
・活動中は不必要に大声を出さないようにします。
・集合・整列時は子供どうしの適切な間隔を確保するようにします。

単元計画(例)

小5体育「器械運動(鉄棒運動)」指導アイデア  6月 単元

工夫してもっと楽しく運動をしよう

選んだ技を繰り返したり組み合わせたりしよう

できるようになった技の繰り返しや技の組み合わせに挑戦することを子供たちに伝えます。

技の組み合わせは、必ずしも「上がり技→回転技→下り技」の組み合わせとなっていなくてもよいことを補足することで、できるようになった技が少ない子供たちも安心して取り組めるようにします。「跳び上がり→前回り下り」など、簡単な組み合わせをいくつか紹介することで、「自分にもできるかもしれない」という思いをもつことができるようにします。

苦手な子供には、「途中で少し途切れてもいいので、2つの技を続けてみよう」などと声かけをすることで、積極的に取り組めるようにします。苦手な子供ほど教師が個別にかかわることを大切にしていくようにします。

そして、得意な子供も苦手な子供も鉄棒運動を楽しむことができるように、安心・安全な場を用意し、「知識及び技能」「思考力、判断力、表現力等」「学びに向かう力、人間性等」が偏りなく実現できる授業づくりをめざしましょう。

●上がり技の例

膝掛け上がり

小5体育「器械運動(鉄棒運動)」指導アイデア 6月 イラスト

鉄棒にかかっていない足のかかとを、大きく下に振ってみよう。

●回転技の例

前方片膝掛け回転

小5体育「器械運動(鉄棒運動)」指導アイデア 6月 イラスト

大きく足を振り下ろそう。最後は、鉄棒をギュッと下に押してみよう。

●下り技の例

両膝掛け倒立下り

小5体育「器械運動(鉄棒運動)」指導アイデア 6月 イラスト

両手をしっかりと地面に着けよう。

〈指導のポイント〉
○できる技のなかから、連続や組み合わせに適した例をいくつか示し、そのなかから選ぶように助言する。
○鉄棒運動に対して苦手意識のある子供には、体の動かし方や運動の感覚が身に付くように、取り組む技と類似した動き方をする運動を提示して、学習の始めに行うなどの個別の支援をする。
○ICT機器を活用して自己や仲間の様子を撮影し、手本となる動画と比べたり、互いに観察して伝えたりする。

〈安全のポイント〉
○落ちても怖くないようにマットを敷く。
○回転しやすいように補助具をまく。

 
資料 (鉄棒運動17例)
※まとめてダウンロードはこちら

〈資料1〉 クリックすると、鉄棒運動の上がり技5例(「跳び上がり」「膝掛け振り上がり」「膝掛け上がり」「もも掛け上がり」「逆上がり」)が表示されます。
〈資料2〉 クリックすると、鉄棒運動の支持回転技6例(「かかえこみ後ろ回り」「後方片膝掛け回転」「後方支持回転」「かかえこみ前回り」「前方片膝掛け回転」「前方支持回転」)が表示されます。
〈資料3〉 クリックすると、鉄棒運動の下り技6例(「跳び下り」「前回り下り」「踏み越し下り」「転向前下り」「両膝掛け倒立下り」「こうもり振り下り」)が表示されます。

 

1 人 1 台端末を活用した指導アイデア

撮影する

小5体育「器械運動(鉄棒運動)」指導アイデア 6月 イラスト

比べる

小5体育「器械運動(鉄棒運動)」指導アイデア 6月 イラスト

再挑戦する

小5体育「器械運動(鉄棒運動)」指導アイデア 6月 イラスト

 

 

小5体育「器械運動(鉄棒運動)」指導アイデア①
「楽しく運動をしよう」はこちら

イラスト/佐藤雅枝

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小2体育「水遊び」指導アイデア②
・小1体育「水遊び(水の中を移動する運動遊び、もぐる・浮く運動遊び)」指導アイデア①
・小1体育「水遊び(水の中を移動する運動遊び、もぐる・浮く運動遊び)」指導アイデア②
・小3体育「水泳運動(浮いて進む運動、もぐる・浮く運動)」指導アイデア①
・小3体育「水泳運動(浮いて進む運動、もぐる・浮く運動)」指導アイデア②
・小5体育「水泳運動(クロール・平泳ぎ・安全確保につながる運動)」指導アイデア①
・小5体育「水泳運動(クロール・平泳ぎ・安全確保につながる運動)」指導アイデア②
・小4体育「水泳運動」指導アイデア①
・小4体育「水泳運動」指導アイデア②
・小6体育「水泳運動(クロール 平泳ぎ 安全確保につながる運動)」指導アイデア①
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号