学習とアイスブレイクを同時に! 授業隙間のミニゲーム【国語】

特集
とっておきのアイデアいっぱい!小学校のゲーム・レク・アイスブレイク記事まとめ
関連タグ

授業にぐっと集中したら、ほっと一息入れましょう。そんなときに有効なのがアイスブレイク。言葉の通り、「氷を溶かすように」緊張をとかしたり、心の距離を近付けたりする手法です。おススメは、授業の隙間に5分でできるミニゲーム。ここでは、国語のミニゲームを紹介します。

執筆/東京都公立小学校主任教諭・小倉さえ子

授業の隙間のミニゲーム【国語】
イラストAC

詩 お題音読 読み方いろいろ

「教師による範読」「全員での一斉読み」「一人一文の読み」など音読に関する読み方はいろいろあります。二学期も後半になり、国語の学習が深まってきたときには、ひと工夫して楽しく読んでみましょう。

音読レース 速いスピードで2回!

  1. 全員を起立させる。
  2. 教科書を音読し、読み終わった子から座る。
  3. 早く座った子が勝ち。

詩の学習など一気に読めるものがおススメ。勝敗にはあまりこだわらす、ざっと見渡し「1位・2位・3位…」と手で示す程度でよいでしょう。「○○さんが1位で…」としっかり順位をつけようとすると、「本当は○さんだったのに…」という不満が出たり、テンポが悪くなったりします。何回もやると勝敗にこだわり、ごまかしが出たりするので、2回程度で終わりにしましょう。

音読レース 速いスピードで2回!

リズムでどうぞ ゆっくりから速く

  1. 教師が手拍子をする。
  2. リズムに合わせて範読する。
  3. リズムに合わせて一斉読みをする。

テンポよく読ませたいときは、手拍子のリズムを速く、声を揃えたいときは遅くします。最初のスピードからどんどんスピードアップさせると、ドキドキワクワクして盛り上がります。

ドラマ読み テーマ「寂しそうに」

  1. 教師が2文程度を範読する。声に張りがなく、うつむき加減で「寂しそうに」読む。
  2. 3文目から一斉読みします。

楽しい詩や元気な詩を、寂しそうに読ませるミスマッチがおもしろい。思わずクスクス笑い声があがります。そこで最後に、気持ちが伝わるように読むことの大切さを確認します。

2回目は「怒って」、最後は「笑って」気持ちよく終わりましょう。

物語り ダウト(うそ)を探せ

  1. 教師がダウト(うそ)を混ぜながら範読する。
  2. ダウトに気付いた子供は「ダウト!」と言う。
  3. 正解を問い、子供が答える。

ダウトの例

  • 登場人物や物の名前を変える
    「松井さん」→「 松田さん」
    「レモン」→「みかん」
  • 数や形を変える
    「20も30も」→ 「2・3匹も」
  • 方向や場所を変える
    「ほりばた」→「道ばた」
  • 動さを変える
    「じろじろ」→「きょろきょろ」

ただのクイズとして楽しむのもよいのですが、誰の行動か分かりにくい文や注目してほしい行動、意味を押さえておきたい言葉などを選ぶと、楽しみながら学習を深めることができます。

物語り ダウト(うそ)を探せ

イラスト/山本郁子

『教育技術 小三小四』2020年12月号より

【関連記事】
とっておきのアイデアいっぱい!小学校のゲーム・レク・アイスブレイク記事まとめシリーズはこちら!
・梅雨の時期の休み時間にぴったりなゲーム
・<小4・小5・小6>梅雨も元気 雨の日の 子供の心と体を育てる「折々のレク&ゲーム」②
・学年末や新学期におススメの学級レク④「ならびっこ」
・仲が深まるミニゲーム~年度末でも自己紹介~
・授業の隙間のミニゲーム〜算数じゃんけん編~
・みんなで楽しく一年を締める!思い出づくりの「学年末レク」
・授業の隙間5分でできるミニゲーム【国語】
・授業の隙間5分でできるミニゲーム【算数】
・学習とアイスブレイクを同時に! 授業隙間のミニゲーム【国語】
・授業の隙間のミニゲーム【算数】
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
とっておきのアイデアいっぱい!小学校のゲーム・レク・アイスブレイク記事まとめ
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号