小6体育「器械運動(鉄棒運動)」指導アイデア

関連タグ

執筆/埼玉県さいたま市教育委員会指導主事・西川裕樹
編集委員/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹、埼玉県教育委員会主任指導主事・河野裕一

授業づくりのポイント

高学年の鉄棒運動では、自己の能力に適した支持系の基本的な技を安定して行ったり、その発展技に取り組んだりしていきます。また、選んだ技を自己やグループで繰り返したり、組み合わせたりしていきます。課題の解決の仕方や技の組み合わせ方を工夫できるようにしましょう。

そして、積極的に運動に取り組めるように、助け合って運動をしたり、仲間の考えや取組を認めたりできるようにしていきましょう。高学年になると、技能差や恐怖心から鉄棒運動に対して苦手意識をもつ子供たちも見られます。易しい場や条件のもとで段階的に技に取り組み、できる実感を少しずつ積み重ねていきましょう。

鉄棒運動の支持系の技は、「前方支持回転技群」「後方支持回転技群」に分類されますが、授業では、子供たちがイメージしやすいよう「上がり技」「支持回転技」「下り技」と提示します。

単元計画(例)

単元計画(例)

※2・3時間目は上がり技や支持回転技、下り技を身に付け、4・5時間目は、身に付けた技を繰り返したり、組み合わせたりする運動を通して課題解決を図っていきます。

楽しむ① 自分ができそうな上がり技・支持回転技・下り技に挑戦しよう

単元前半は、基本的な上がり技や支持回転技、下り技を安定して行ったり、その発展技に挑戦したりできるように、動きのポイントを取り上げるとともに、感覚つくりの運動を段階的に取り入れるようにします。

また、ICT機器の遅延再生機能を活用して、子供たちが動きのポイントや課題を見付けられるようにしていくとよいでしょう。教師は着目する視点について動画を視聴する時に確認し、動きのポイントや課題を子供たちがたくさん見付けられるようにしましょう。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、子供同士や教師による補助は行いません。また、授業前後に手洗いを行うことや、鉄棒や手指の消毒をすること、鉄棒を触った手で顔などを触らないことを確認しましょう。

感覚つくりの運動

足抜き回り

足抜き回り

20秒前回り

20秒前回り

とび上がり→つばめ

とび上がり→つばめ

足かけ振り→立ち上がり

足かけ振り→立ち上がり

ふとん干し→つばめ

ふとん干し→つばめ

回転感覚・支持感覚・体を振る感覚を味わえるようにしましょう。

「上がり技」「支持回転技」「下り技」の指導のポイント

「上がり技」のポイント

【膝掛け上がり】

膝掛け上がり

①膝を伸ばして前に踏み出そう。
②腰が鉄棒より前になるようにして足をグッと一気にかけよう。
③手首をクイッと返そう。

<ICT機器遅延再生機能の活用>

ICT機器遅延再生機能の活用

腰が鉄棒より手前にある時に足をかけてしまっているな。次は、腰が鉄棒の前にある時に足をかけよう。

足を掛ける時の腰の位置を確認しよう。

「支持回転技」のポイント

【前方支持回転】

前方支持回転

①肘と背筋をグッと伸ばそう。
②顔を起こして頭で円を描くようにクルンと回転しよう。
③手首をクイッと返そう。

【後方支持回転】

後方支持回転

①「イーチ、ニー、サーン」のリズムで足の振りを大きくしよう。
②体が鉄棒から離れないようにピタッとつけて回転しよう。

<お腹が鉄棒から離れない補助具の活用>

お腹が鉄棒から離れない補助具の活用

補助具を活用して、お腹を鉄棒から離さずに回る感覚をつかめるようにしましょう。

「下り技」のポイント

【片足踏み越し下り】

片足踏み越し下り

①かける足と逆の手を逆手にしよう。
②順手の近くに足を乗せよう。
③乗せている足をグッと踏み込もう。
④逆手にした手に力を入れて、フワッと腰を浮かそう。

<易しい場の設定>

易しい場の設定

バランスをとって体を操作するための動きが身に付く場を設定しましょう。

楽しむ② 連続技・組み合わせ技をスムーズにつなげよう

単元後半は、できるようになった技を繰り返したり、組み合わせたりする運動を行います。単元前半に学んだ動きのポイントをもとに、子供たち同士で「付箋紙を用いた伝え合い」を行います。考えたことを仲間に伝えることができる付箋紙は、子供たちにとって、課題解決を進める上で重要な判断材料となります。

教師は、「どの場面で」「どこを」「どのように」など、付箋紙を書く時のポイントを子供たちに示し、具体的なアドバイスを書くことができるようにしましょう。

教師の発問の例

組み合わせ技

今日のねらいは「技と技をスムーズにつなげよう」です。AとBの組み合わせ技の同じ所と違う所はどこでしょう? どちらがスムーズな動きかな?

<組み合わせ技A>

組み合わせ技A

<組み合わせ技B>

組み合わせ技B

どちらの組み合わせ技も後方支持回転を入れているね! Aの組み合わせ技は、足を掛けたり戻したりしているなあ。

Bの動きの方がスムーズで良さそう。

鉄棒に足を掛ける技と足を掛けない技を分けて組み合わせると、技のつながりがスムーズだね。

子供たちの良い気付きを全体で共有し、実際に試してみます。そこで新たな課題が出た子供がいるか確認しましょう。

課題解決学習の例

付箋紙を用いた伝え合い

付箋紙を用いた伝え合い

課題解決学習を行うには、その前提となる知識及び技能が大切です。教師は、「体を振る時は、肘は曲げた状態でいいのかな?」など、子供の思考を促す発問を心掛け、基礎的な知識及び技能を確認していきましょう。

「学びをサポートする学習カード」の例

学習カードの例
学習カードの例

学習カードには、何にどのように取り組めばよいか、子供が見通しをもてるようにしたり、「できた」「わかった」などのわずかな伸びでも実感できるようにしたりする役割があります。さらなる学習への意欲を高めていくよう教師のコメントも書き込んでいきましょう。

運動の約束や場の安全確保の仕方、5年生までの学習内容などをカードに記載することで、授業と家庭学習を関連付けた指導を図ることもできるようになります。

イラスト/畠山きょうこ、横井智美

『教育技術 小五小六』2020年10月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号