小2体育「走・跳の運動遊び~走の運動遊び~」指導のポイント

関連タグ

執筆/滋賀県公立小学校教諭・杉澤大輝
編集委員/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹、滋賀県公立小学校教頭・内藤康司

走・跳の運動遊び~走の運動遊び~

授業づくりのポイント

走の運動遊びは、友達と競走したり、距離や方向を決めて走ったりするなかで、走る楽しさに触れることが大切です。そのため、ここで紹介するような場でいろいろな方向に走ったり、スタートの姿勢を変えたり、走り方を変えたりするなかで、楽しみながら走る動きを身に付けることをめざします。

単元前半は1対1で競走する運動遊びに取り組み、いろいろなコースでスピードを調節して走ることを楽しみます。単元後半はリレー形式にして、今まで経験したコースを組み合わせたり、工夫を加えたりして競走することを楽しみます。

友達を応援することや友達のよい動きを見付けられるように声かけすることも大切にしましょう。

単元計画

前半はいろいろなコースで競走することを楽しみ、後半はグループで競走することを楽しむ単元計画としています。

単元計画

楽しもう ~規則を守って、いろいろな走り方を楽しもう~

〈楽しもう〉では、直線を走るだけでなく、ぐねぐねしたコースを走ったりカーブしたコースを走ったりして、いろいろな走り方を経験します。いろいろな方向に走るなかでコースに合わせて体の向きを切り返したり、体を傾けて走ったりする動きを身に付けることをめざしましょう。

走るコースが分かりやすいように線を引く支援も大切です。また、スタートの姿勢を変えたり、走り方を指定したりすることで動きに変化を加えて、いろいろな走り方を楽しめるようにしていきましょう。

コーン早倒し対決

直線コース

直線コース

どっちが先にコーンを倒せるかな?

ぐねぐねコース

ぐねぐねコース

カーブコース

カーブコース

カーブは体をキュッと傾けると走りやすいね

スタート姿勢の工夫

長座から
長座から
うつ伏せから
腕立て伏せから
腕立て伏せから
後ろ向きから
後ろ向きから
仰向けから
仰向けから

スタートのしかたが変わると、走りやすさが変わるね

走り方の工夫

飛行機
飛行機

飛行機だと、「ブーン」って言いながら走ると楽しそうだね

極寒
極寒
おさる
おさる

もうひと工夫!カードで対決

運動に慣れてきたら、姿勢や走り方のカードを用いて、いろいろな動きを組み合わせて競走できるようにしていきましょう。

姿勢や走り方のカード

※新型コロナウイルス感染症防止のため、子供に授業前後の手洗いを徹底するように指導しましょう。活動中は、地域の感染レベルに応じて、適切な身体的距離を確保するようにしましょう。

もっと楽しもう ~チームで走って競争を楽しもう~

〈もっと楽しもう〉では、チームを作り、リレー形式で競走をします。リレーに慣れてきたら〈楽しもう〉で走ったコースを組み合わせた場を作り、〈楽しもう〉で見付けた走り方を生かしてリレーが楽しめるようにしましょう。

また、対戦相手のコースの組み合わせを「コース作りボード」を使ってチームで決め、対戦相手の挑戦意欲を高めていきましょう。チームで競走をするときは友達を応援することや規則を守ることの大切さも併せて指導していくようにしましょう。

折り返しリレー

折り返しリレー

行い方

  • 1 チーム4~5人。
  • スタートのコーンをタッチしたら次の走者がスタート。
  • アンカーが列の一番後ろに並んで座ったらゴール。

ほかのコース

カーブ ぐねぐね

レベルアップ折り返しリレー

レベルアップ折り返しリレー

友だちが走っているときは応援しようね。
対戦チームが作ったコースに挑戦してみよう!

新型コロナウイルス感染症対策として、以下の例が考えられます。
○チームで並んでいるときは、適切な間隔を空けて並ぶようにする。
○対戦するときは、決まった相手と競走するようにする。

かかわり思考ツール コース作りボード

対戦相手のコースを考えるときには、「コース作りボード」を使って、「1」「2」「3」の場所に下のカードからコースを選び、貼っていきます。このようにすることで、友達と意見を出し合いコース選びを行えるようにします。

かかわり思考ツール コース作りボード

イラスト/栗原清、横井智美

『教育技術 小一小二』2021年4/5月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号