国語の教材分析⑤ ~分析の観点「事件と山場」~

連載
GIGAスクールのICT活用連載中!樋口綾香の「すてきやん通信」【隔週水曜20時更新】
関連タグ

大阪府公立小学校教諭

樋口綾香

Instagramでは1万人超えのフォロワーに支持され、多くの女性教師のロールモデルにもなっている樋口綾香先生による人気連載! 国語の教材分析シリーズ第5回は、「事件と山場」を切り口に、教材を読み深めていくポイントについてお伝えします。

執筆/大阪府公立小学校教諭・樋口綾香

国語の教材分析⑤ ~分析の観点「事件と山場」~
イラストAC

【関連記事】
国語の教材分析① ~教材分析で大切にしたいこと~
国語の教材分析② ~分析の観点「題名」~
国語の教材分析③ ~教師と教材との出合い~
国語の教材分析④ ~分析の観点「冒頭」~

物語の中の「事件」とは

住田先生との学習会で、初めて「事件」という言葉を聞いたとき、ミステリー小説好きの私は思わず「事件!?」と聞き返してしまいました。物語を分析する観点としての「事件」という言葉を初めて知ったのです。

物語の分析として、「事件」は困ったできごとや、中心人物の変容のきっかけとなる出来事として捉えられます。

そうすると、ミステリー小説の中の事件とそう変わらないように感じますが、物語においては、事件と呼ぶには小さな出来事や、不思議な出来事も含まれます。

いくつかの教材で「事件」を比較してみましょう。

「事件」を比較する

比較する教材
1年生「たぬきの糸車」
2年生「お手紙」
3年生「モチモチの木」
4年生「初雪のふる日」
5年生「たずねびと」
6年生「海の命」

1年生「たぬきの糸車」
きこりがしかけたわなにたぬきが引っかかり、おかみさんが助ける。

2年生「お手紙」
がまくんがかえるくんに「お手紙を一度ももらったことがない」ことを不幸せな気持ちで打ち明ける。

3年生「モチモチの木」
真夜中にじさまが腹痛になり、倒れる。

4年生「初雪のふる日」
女の子が長い石けりの輪に入る。

5年生「たずねびと」
ポスターに載っていた名前の中に、同姓同名、同じ年齢の「楠木アヤ」を見つける。

6年生「海の命」
ロープを体に巻いたまま水中でこときれていた太一の父が見つかる。

それぞれの事件を比べてみると、事件は中心人物が起こす場合もありますが、多くは対人物が関わっていたり、対人物に起きた出来事によって、中心人物が動き出す場合があることがわかります。

事件に関わっている「人物」や「物」は、中心人物の変容を読み取るときの鍵になります。つまり、事件をしっかりと分析することで、授業者も子供も物語の構造や読みどころがわかるようになります。

【関連記事】
子供たちに伝わる板書の書き方を徹底解説している特集。様々な事例がたくさん!樋口綾香&樋口万太郎夫妻が解説! 国語・算数 伝わる板書のルール

「事件」から「山場」へ

事件がどこで起こり、何が関係しているかを読み取ったあとは、事件が解決される「山場」を分析します。

先に挙げた教材の山場を考えてみましょう。

1年生「たぬきの糸車」
事件:きこりがしかけたわなにたぬきが引っかかり、おかみさんが助ける。

山場:春になって小屋に戻ったおかみさんが、糸車を回し、糸をつむいでいたたぬきを発見する。

2年生「お手紙」
事件:がまくんがかえるくんに「お手紙を一度ももらったことがない」ことを不幸せな気持ちで打ち明ける。

山場:かえるくんががまくんに書いたお手紙の内容を言葉で伝え、二人でお手紙が来るのを幸せな気持ちで待つ。

3年生「モチモチの木」
事件:真夜中にじさまが腹痛になり、倒れる。

山場:豆太は、じさまを助けるため医者様をよびに山のふもとの村までいった帰り、モチモチの木に灯がついているのを見る。

4年生「初雪のふる日」
事件:女の子が長い石けりの輪に入る。

山場:おまじないを唱えることができた女の子は、石けりをしていたうさぎの列から解放され、命が助かる。

5年生「たずねびと」
事件:ポスターに載っていた名前の中に、同姓同名、同じ年齢の「楠木アヤ」を見つける。

山場:おばあさんの話を聞いた楠木綾は、「楠木アヤ」のことや、戦争というおそろしいことがあったこと、多くの人が亡くなったことを心に思い浮かべながら、川を眺める。

6年生「海の命」
事件:ロープを体に巻いたまま水中でこときれていた太一の父が見つかる。

山場:瀬の主を殺さず、「おとう、ここにおられたのですか。また会いに来ますから。」と思うことによって、大魚を海の命だと思えた。

山場を比べてみると、事件とは違い、中心人物の行動やセリフに焦点化されることが分かります。中心人物の変容は主に、「行動」「見たもの」「セリフ」に表れるのですね。

事件と山場を対にして考えると、事件には、中心人物の課題や、あるものの見方・考え方が表れており、山場では課題が解決されたり、あるものの見方・考え方が変化する物語のつくりになっていることが明確になります。

このような、事件と山場のつながりを生かして、

「なぜ中心人物の課題が解決されたのか」
「何の見方・考え方が変わったのか」
「どのようにものの見方や考え方が変わったのか」

と問いをもち、読み深めていくことが、授業づくりへとつながります。

次回は、「事件」や「山場」と大きく関わる「作品のメッセージ」についてお伝えします。

【関連記事】
綾香先生が単元全体の板書とノート例を教えてくれるシリーズ!
単元丸ごと!板書&ノート① ~小一国語「やくそく」~
単元丸ごと!板書&ノート② ~小二国語「お話のさくしゃになろう」~
単元丸ごと!板書&ノート③ ~小四国語「プラタナスの木」~
単元丸ごと!板書&ノート④ ~小五国語「大造じいさんとガン」~

樋口綾香教諭

樋口 綾香

ひぐち・あやか。Instagramでは、ayaya_tとして、♯折り紙で学級づくり、♯構造的板書、♯国語で学級経営などを発信。著書に、『3年目教師 勝負の国語授業づくり』(明治図書出版)ほか。編著・共著多数。

【関連記事】
綾香先生が「板書」の基本を教えてくれます!
「板書」の基本① ~見やすい文字の書き方~
「板書」の基本② ~低学年の板書のポイント~
「板書」の基本③ ~児童の意見を広げるポイント 前編~
「板書」の基本④ ~児童の意見を広げるポイント 後編~

【関連記事】
綾香先生が「構造的板書」について教えてくれるシリーズはこちら!
国語の構造的板書① ~子どもの気づきを引き出す~
国語の構造的板書② ~二段対応表で比較する~
国語の構造的板書③ ~逆Yチャートで考えを広げる~
国語の構造的板書④ ~イメージマップで考えを広げる~
国語の構造的板書⑤ ~考えを整理する~

国語の構造的板書⑥ ~感想マトリクス~

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
連載
GIGAスクールのICT活用連載中!樋口綾香の「すてきやん通信」【隔週水曜20時更新】
関連タグ

大阪府公立小学校教諭

樋口綾香

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号