小6国語「プロフェッショナルたち」指導アイデア

関連タグ

教材名:「プロフェッショナルたち」他(東京書籍)

指導事項:C読むこと ウ、オ、カ

小6国語「プロフェッショナルたち」指導アイデアのイメージイラスト

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元は、テキストを読むことを通して自分の生き方を考えることをねらった単元です。このような単元を構想するとき、用いられるテキストは、主に「伝記」です。しかし、今回の教材は、通常の伝記とは一線を画します。

本文の中に、プロフェッショナルたちの生き様だけではなく、プロフェッショナル自身の生き方に対する思いや考えが綴られているからです。子供がそれらを受け止め、自分自身の生き方や理想の生き方について考える姿を目指します。

②言語活動とその特徴

自分が憧れるプロフェッショナルの生き様を、ポスターでPRする活動を言語活動として設定します。ポスターには、選んだ人物の写真とともに、生き様を示す「キャッチコピー」と「あなたにとってプロフェッショナルとは?」というインタビューに対する答えを、文章から書き抜いたり、読んで想像したりして書いていきます。

様々なプロフェッショナルたちの生き様を読み、その中から憧れの生き様を選んで端的に表現する活動を行う中で、子供は自然と自分の生き方を省みたり、理想の生き方を考えたりすることができると考えます。

単元の展開(8時間扱い)

主な学習活動

第一次(1時)

①教師が作った言語活動の見本を見て、これからの学習の見通しをもつ。
・教師自身のプロフェッショナルPRポスターを見本として作っておき、学習のゴールの具体を示す。

【学習課題】お気に入りの人物を見つけて、プロフェッショナルポスターを作ろう。

・教材文「プロフェッショナルたち」を読み、どの人物の生き方が気に入ったかを視点に感想を書かせる。
→アイデア1

第二次(2~7時)

②③プロフェッショナルPRポスターの作り方を確認し、同じ人物を選んだ3人グループでポスターの内容を考え、作る。
・ポスターの内容として(1)その人物の生き様を表すキャッチコピー 、(2)インタビューに答える内容、 (3)人物の写真について話し合う必要があることを確認する。

④作成したポスターを見合う。
・単元の途中で交流をはさむことで、様々な読み方があることを知り、次の活動で生かせるようにする。
→アイデア2

⑤⑥他の伝記や自伝等を読み、自分がPRしたい人物のポスターをグループで作る。

⑦作成したポスターを見合う。

第三次(8時)

⑧子供自身のPRポスターを作る。
・様々なプロフェッショナルたちの生き方を参考にしたり、これまでの自分自身の生き方を振り返ったりして、自己PRポスターを作る。
→アイデア3

アイデア1「プロフェッショナルたち」を読み、3人の内から気に入った一人を選ばせる

初めて学級全体で教材文を読んだ後で、「3人の中で誰の生き方がいちばんかっこいいと思った?」「なんでそう思うの?」というように子供に投げかけ、それを表現させていきます。「一人を選ぶ」という目的が明確になり、主体的に読む姿勢へと変わります。

また、「お気に入りの生き方を選ぶ」という視点で読むことを通して、自然と子供はプロフェッショナルたちそれぞれの生き方を読もうとし、本来もっている読みの力を発揮することができます。本時の最後に何人かと交流をさせることで、感じ方の違いにも気付いていきます。

何人かと交流をさせることで、感じ方の違いにも気付いていきます。

「杉野英実」の生き方がかっこいいと思います。「永遠の未完成」を常に追い続ける姿に、プロフェッショナルを感じました。

理由が似ていて、「わざをみがき続ける」という姿勢が魅力的なので、「国村次郎」の生き方を選びました。

アイデア2 同じ人物を選んだ者同士でポスターを作り、でき上がったポスターはすぐに掲示する

2時間目からはすぐにポスター作りに移ります。お気に入りの一人をPRするために、その人の生き様が最も表現できるキャッチコピーは何か、「プロフェッショナルとは?」という問いにその人だったら何と答えるか、等をグループで考え、ポスターを作っていきます。

グループで考える際も、まずは、各自でキャッチコピーになりそうな言葉を考え、それらを付き合わせます。また、完成したポスターは、でき上がったらすぐに見えるところに貼り出します。

グループで活動したり、ポスターを見合ったりすることで、多様な読みや考えに触れ、その人の生き様をより詳しく読んでいくことになると思います。

▼人物PRポスターの例

人物PRポスターの例

アイデア3 単元の最後に自己PRポスターを作る

子供は二次で教材文を読むことに加え、様々な伝記や自伝を読み、多くのプロフェッショナルの生き様に触れ、自分の憧れる生き方をポスターで表現してきています。

そこで、単元の最後には自分自身の生き方を考える時間として、自己PRポスターを作る活動を設定します。その際、気を付けたいのは、教師も子供も「こう生きるべきだ」というように、勝手に決めつけすぎないことです。

また、現実を見つめすぎないことも留意したい点です。運動でも、ゲームでも、責任感でも、静けさでも、なんでもいいから、子供自身が「プロフェッショナルだ」と思うものを子供が思うままに安心して表現できる環境づくりが大切でしょう。

そのためには、学級活動や道徳の授業と連動させ、「いいところ見つけ」や個性尊重の考えを学級で共有しておくことも、一つの方法かもしれません。

最後に、「プロフェッショナルとは?」というインタビューの答えを子供自身のポスターに言葉で書かせる活動を通して、子供は、これまでの単元を通して行ってきた、読みの活動を振り返る機会にもなると思います。

単元の最後に自己PRポスターを作る

イラスト/畠山きょうこ 横井智美

『教育技術 小五小六』2020年2月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号