小4体育「表現運動」指導アイデア

特集
1人1台端末時代の「教科指導のヒントとアイデア」
小4体育「表現運動」指導アイデア バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小4体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「表現運動」の単元を扱います。

執筆/東京都公立小学校主幹教諭・石垣純
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   東京都教育庁指導部主任指導主事・美越英宣

単元名

表現の世界にレッツゴー‼

年間計画表 

小4体育「表現運動」指導アイデア 年間計画表

単元目標

●知識及び技能
表現の行い方を知るとともに、題材からその主な特徴を捉え、表したい感じをひと流れの動きで踊ることができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
自己の能力に適した課題を見付け、題材の特徴を捉えた踊り方や交流の仕方を工夫するとともに、考えたことを友達に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
表現に進んで取り組み、誰とでも仲よく踊ったり、友達の動きや考えを認めたり、場の安全に気を付けたりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

表現運動は、自己の心身を解き放ち、イメージの世界に没入して、なりきって踊ったり、互いのよさを生かし合ったりして、友達と交流しながら踊ることが楽しい運動です。また、体力差や技能差がある友達どうしでも楽しむことができる運動でもあります。

中学年の表現運動は「○○づくり」や「〇〇探検」など、題材の特徴を捉えた多様な感じに表現する学習を通して、即興的に表現する能力や友達と豊かに関わり合うコミュニケーション能力などを培えるようにし、高学年の「表現運動」の学習につなげていくことが求められます。

授業では、身近な生活などの題材から、その主な特徴や感じを捉え、表したい感じを中心に動きを誇張したり変化を付けたりして、メリハリ(緩急・強弱)のあるひと流れの動きにして即興的に踊れるようにしていきます。

また、楽しく行うために、自己の課題を見付け、その解決のための活動を工夫することが大切です。

そして、表したい感じや様子にふさわしい動きで踊れていたかどうかを子供たちが互いに見合い、特徴を捉えた動きや変化のある動きなどよかったところを伝えることや、表現運動に進んで取り組もうとしたり、友達の考えを認めようとしたりすることも大切です。

表現運動に意欲的でない子供がいる場合があるかもしれません。そのような場合には、「〇〇探検隊!レッツゴー‼」など、子供が「やってみたい」と思えるような単元名にしたり、毎時間の準備運動に音楽を使いながら心と体をほぐす動きを取り入れたりすることで、安心して表現運動に取り組めるようにしていきます。

1人1台端末を活用したアイデア

≪踊っている様子を撮影し活用≫

自分たちの表現を動画で撮影し、ふり返ることで、前時からの伸びを実感することができます。

掲示してある4つの工夫の動きと自分の動きを照らし合わせることで、自己の能力に適した課題を見付けやすくします。

また、友達どうしで教え合うときに動画を活用することにより、より具体的にアドバイスを伝えることもできます。

※ふり返りや授業時間外でも活用することもできます。学習中に使用する場合は活動する時間が少なくならないように気を付けましょう。

小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト

≪イメージを広げるために活用≫

ICT端末の共有ノートなどの機能を活用し、「海底探検」など題材からイメージするものを書き込み、全員で共有することで題材の世界のイメージを広げることができます。

小4体育「表現運動」 イラスト

≪学習カードとして活用≫

ICT端末に学習カードを入れ、友達のふり返りを全体で共有することで、友達のふり返りから学んだことを自己の動きに取り入れることができます。

小4体育「表現運動」 イラスト

単元計画(例)

小4体育「表現運動」指導アイデア 単元計画

授業の流れと指導のポイント

知る(第1~5時)

授業のポイント

具体的な世界や空想の世界を取り上げて、子供の発想を生かし、イメージを豊かにふくらませながら楽しく活動できるようにすることが重要です。

単元の前半では、「みんなでやってみる」の時間を設定し、教師がリードしながら様々な動きを経験します。

「跳ぶ-転がる」「素早く動く-急に止まる」など、動きの差を付けて誇張したり、2人組で対応する動きや対立する動きで変化を付けたりする動きを経験し、単元後半につなげていきます。

「エンジョイタイム」では、心と体をほぐすことをめざし、主運動につながるようにするとともに、単元全体を通して導入に取り入れます。

指導に当たっては、音楽を流し、教師も子供とともに体全体を使って踊るなど、楽しい雰囲気をつくることが大切です。

授業の流れ

【第時】

<エンジョイタイム>

エンジョイタイムでは、2人組や4人組などでさまざまな運動に取り組み、クラスの多くの友達と関わり合いながら、音楽に乗って、心と体をほぐす運動をしていくことで子供が主運動に入りやすくします。 

心と体をほぐす運動例

≪○△□で大集合≫

・体育館の四つ角をタッチしにいきます。
・子供が体育館全体に広がったら教師のかけ声の人数で集まります。
・○は2人、△は3人、□は4人で集まり、人数がそろったらハイタッチします。
☆「○+△」や「□-○」など、様々なバリエーションで取り組むこともできます。

小4体育「表現運動」 イラスト

≪変身じゃんけん≫

・体じゃんけんをします。
・じゃんけんで勝った子供が負けた子供の周りを変身して回ります。
・グー→だんごむし チョキ→かに パー→鳥 
☆子供がどんな動物に変身できるか考えて取り組むこともできます。

小4体育「表現運動」 イラスト

≪オリジナルじゃんけんぽん≫

・オリジナルのグーチョキパーを考えます。教師が「グー」と言って太鼓を鳴らし、その太鼓に合わせて自分で考えた「グー」を、体全体を使って表現します。同様に「チョキ」「パー」も行います。
☆「一度使ったポーズを使ってはいけない」「友達と同じポーズをしてはいけない」など、条件を設定することもできます。

小4体育「表現運動」 イラスト

≪まねっこ台風≫

・4、5人で1列になります。
・先頭の子の動きを真似しながら、体育館全体を使って、動き回ります。
・教師の合図で先頭の子が後ろの列の友達に「ビューン!」と台風を投げます。
・後ろの子供たちは台風を受けて大きく吹っ飛びます。
☆体育館を広く使ったり、体をひねったり、上下に動かしたり、全身を使って表現しているグループを取り上げ、他の子供の参考になるようにします。

小4体育「表現運動」 イラスト

 

●4つの工夫について知る

動きの工夫と言われても、何をどのように工夫すればよいかは分かりません。どう動いたらよいのか分からない子供に対する手立てとして、下記のような観点をICT端末を活用したり、イラストにしたりして教師側から提示します。

小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト

  


●やってみタイム

≪なりきり忍者≫

忍者の世界をイメージするような音楽をかけながら

小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト

≪新聞になりきる≫

小4体育「表現運動」指導アイデア 単元計画
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト

 

●4つの工夫を確認する

教師のリードで様々な動きを体験します。ふり返りで4つの工夫のどれにあたるかを確認し、次時以降の学習につなげていきます。

 


【第2時】

●ひと流れの動きの踊り方を知る

※「ひと流れの動き」とは、題材やテーマから思いつくままに捉えたイメージを即興的に表現する場合に用い、あるイメージを表現して一息で踊れるくらいのまとまり感をもつ動きのことを言います。

小4体育「表現運動」 イラスト

 

●どんな題材を・どんな動きで

小4体育「表現運動」 イラスト

題材の世界観に没入しやすいように、全員でイメージを共有してから運動に入り、2人組で取り組みます。

 

≪おかしづくり≫

・題材の場面のなかから、イメージカルタを使って、ひと流れの動きにして即興的に踊る。
・2人組で2つのグループになって、イメージカルタを使った即興的な踊りを友達と見せ合う。
【ICT端末の活用】
・友達が工夫したよいところを伝える。

小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト

イメージカルタ例(5種類を3枚ずつ計15枚

 

≪イメージカルタを使い、いろいろな場面を踊る≫

小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト

【発表を見る】

小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト

教師は身に付けたい動きを引き出すことができるようなイメージを基に、子供の表現をリードする言葉がけをしましょう。

そのときに、「生地がびよーんと伸びるように」や「プツプツと焼き上がってきたよ」などと、オノマトペで伝えることで、子供はその世界をイメージし、表現しやすくなります。

子供が題材をイメージした4つの工夫の動きが出てきたら、取り上げて学級全体に広げることが重要です。

これらを繰り返して題材のイメージや4つの工夫の動きを共有すると、その後の活動が充実していきます。

 

●よい動きを共有し、「表現の木」にまとめる

※表現運動における「よい動き」とは、イメージにふさわしい動きを、感じを込めてなりきって表現している状態をさします。4つの工夫を取り入れ、全身を使って大げさに表現していたり、変化を付けメリハリのある動きで踊っていたりすることです。

小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト

体育館に掲示しておき、イメージを広げるためにふり返るとともに、取り入れたい工夫の動きを引き出す際の参考にする。

 


【第3時】

≪はりきりクッキング≫

小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト

イメージカルタ例(5種類を3枚ずつ計15枚

 

≪第2時と同じようにイメージカルタを使い、いろいろな場面を踊る≫

小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト

〇第2時と同じように ・工夫を取り入れる動きができた2人組の表現をみんなで見る。
           ・よい動きを共有し、「表現の木」にまとめる。

 


【第4時】

≪ジャングル探検≫

※動物の鳴き声の効果音やジャングルをイメージするような音楽を流します。

小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト

イメージカルタ例(5種類を3枚ずつ計15枚

 

≪今までのようにイメージカルタを使い、いろいろな場面を踊る≫

小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト

〇第3時までと同じように ・工夫を取り入れる動きができた2人組の表現をみんなで見る。
             ・よい動きを共有し、「表現の木」にまとめる。

 


【第5時】

≪海底探検≫

※海に沈んでいく効果音や海底をイメージするような音楽を流します。

小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト

イメージカルタ例(5種類を3枚ずつ計15枚

 

≪今までのようにイメージカルタを使い、いろいろな場面を踊る≫

小4体育「表現運動」 イラスト
小4体育「表現運動」 イラスト

〇第4時までと同じように ・工夫を取り入れる動きができた2人組の表現をみんなで見る。
             ・よい動きを共有し、「表現の木」にまとめる。

 

※イメージカルタは、ページ下の有料ログイン画面でダウンロードできます。

 

工夫して楽しむ(第6~8時)

授業のポイント

単元の後半では、「ひと流れの動きにして踊る」の時間を設定し、前時までに学習したことを生かして4つの工夫から選んで表したい感じやイメージを広げるとともに、ICT端末の動画や見合う活動などを通して友達から伝えられたことを取り入れることで、イメージに合った動きを確かめながら表現していきます。

単元の最後には、学習のまとめの発表会として、ひと流れの動きを繰り返し行い、見せ合うことで互いのよさを認め合えるようにします。

イラスト/斉木のりこ

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
1人1台端末時代の「教科指導のヒントとアイデア」

授業改善の記事一覧

雑誌『教育技術』各誌は刊行終了しました