小5体育「器械運動(鉄棒運動) 」指導アイデア

特集
1人1台端末時代の「教科指導のヒントとアイデア」
小5体育「器械運動(鉄棒運動) 」指導アイデア  バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小5体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「器械運動(鉄棒運動)」の単元を扱います。

執筆/神奈川県秦野市立小学校教諭・内藤和輝
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   神奈川県立総合教育センター体育指導センター指導研究課長 ・斎藤祐介

単元名

みんなで楽しく鉄棒チャレンジ!

年間指導計画

小5体育「器械運動(鉄棒運動) 」指導アイデア 年間指導計画

単元目標

●知識及び技能
鉄棒運動の行い方を理解するとともに、支持系の基本的な技を安定して行ったり、その発展技を行ったり、それらを繰り返したり組み合わせたりすることができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
自己の能力に適した課題の解決の仕方や技の組み合わせ方を工夫するとともに、自己や仲間の考えたことを他者に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
鉄棒運動に積極的に取り組み、約束を守り助け合って運動をしたり、仲間の考えや取組を認めたり、場や器械・器具の安全に気を配ったりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

鉄棒運動は、鉄棒を使って回転したり、支持したり、逆位になったり、懸垂したりするなどの技に挑戦し、その技ができる楽しさや喜びを味わうことのできる運動です。

授業では、基本的な上がり技や支持回転技、下り技に取り組み、それぞれについて自己の能力に適した技が安定してできるとともに、その発展技をできるようにします。また、自己の能力に適した課題の解決の仕方や技の組み合わせ方を工夫したり、自己や仲間の考えたことを他者に伝えたりすることができるようにします。

子供は新しい技ができるようになったり、仲間と励まし合い、助け合いながら学習を進め、互いの取組を認め合ったりすることで楽しさや喜びを味わうことができます。

その一方で、鉄棒を使って運動することに慣れていなかったり、何度挑戦しても技ができなかったりすることから、鉄棒運動に苦手意識を抱いてしまう子供もいます。

そこで、本指導アイデアでは、上がり技の1つであり、回転や支持、逆位、懸垂など鉄棒運動の動きが含まれる「逆上がり」に着目し、逆上がりに挑戦する活動を通して、その他の様々な技の習得にもつながる動きを身に付けられるようにしました。ここでは、その際の感覚つくりの運動や、技の開始から足の振り上げ、回転して上がる動作などを段階的に分けたスモールステップでの学習を紹介します。

指導の際は、一人一人の課題に応じた場や教材を選んだり、1人1台端末を活用して撮影した動画を基に、自己や仲間の考えを伝えたりするなど、技への挑戦の仕方を工夫しながら取り組むことができるようにします。

また、運動をする際や仲間の技の補助をする際には、安全に配慮して取り組むことができるようにします。

単元計画(例)

小5体育「器械運動(鉄棒運動) 」指導アイデア 単元計画

単元の評価規準
●知識・技能
①鉄棒運動の行い方について、言ったり書いたりしている。
②自己の能力に適した支持系の基本的な技を安定して行ったり、その発展技を行ったりすることができる。
③選んだ技を自己やグループで繰り返したり、組み合わせたりすることができる。
●思考・判断・表現
①自己の能力に適した課題を見付け、その課題の解決の仕方を考えたり、課題に応じた練習の場や段階を選んだりしている。
②課題の解決のために自己や仲間の考えたことを他者に伝えている。
●主体的に学習に取り組む態度
①鉄棒運動に積極的に取り組もうとしている。
②学習の仕方や約束を守り、仲間と助け合おうとしている。
③仲間の考えや取組を認めようとしている。
④互いの服装や髪形や場、器械・器具の安全に気を配っている。

楽しく運動しよう

逆上がりに挑戦しよう! 「感覚つくりの運動」

逆上がりに必要な「逆さ感覚」と「回転感覚」をつかみやすいように、鉄棒ではなくマットで後転や倒立をしたり、仰向けの姿勢から足を勢いよく振り上げてビーチボールを蹴る運動をしたりします。

紐などで吊り下げたビーチボール(風船でもよい)は、蹴りやすい高さから始め、逆上がりの勢いがある振り上げ足の感覚がつかめる高さへと変えていき、2人組でアドバイスをしながら取り組みます。

小5体育「器械運動(鉄棒運動) 」 イラスト
小5体育「器械運動(鉄棒運動) 」 イラスト

また、鉄棒に体をグッと「引き付ける感覚」をつかむことができるように、2人組でタオル引きをします。鉄棒では、様々な技において、腕で体を支持し、体に鉄棒を引き付ける動きをます。特に、逆上がりをする際に鉄棒から体が離れてしまいやすい子供にとっては、鉄棒を体に引き付ける感覚が大切です。

小5体育「器械運動(鉄棒運動) 」 イラスト

逆上がりに挑戦しよう! 「スモールステップ逆上がり」

逆上がりの踏切りは、鉄棒の位置よりも前にしっかり踏み込むことが大切です。そこで、踏切りの目安となる位置に輪を置くことで可視化し、運動をする際も仲間にアドバイスをする際も適した位置が分かりやすくなるようにます。

小5体育「器械運動(鉄棒運動) 」 イラスト

振り上げ足は、回転方向に勢いよく振り上げることが大切です。そこで、感覚つくりの運動で使用した紐などで吊り下げたビーチボールをここでも使用し、振り上げる位置や方向の目安とします。

小5体育「器械運動(鉄棒運動) 」 イラスト

鉄棒の引き付けや鉄棒に上がるときの回転する動きを補助するためには、補助ベルトなどの補助具を使ったり、仲間どうしでの補助を行ったりします。これにより鉄棒から体を離さずに回転する動きを身に付け、徐々に補助がなくてもできることをめざします。

小5体育「器械運動(鉄棒運動) 」 イラスト
小5体育「器械運動(鉄棒運動) 」 イラスト

 

工夫して運動しよう

技を選んで挑戦しよう!

「逆上がりに挑戦しよう!」の活動を通して身に付けた動きを生かして、今できる技を選んで安定してできるようにしたり、もう少しでできそうな技を選んで挑戦したりします。

取り組む技は、1人1台端末を活用して、技の見本動画を見ながら選ぶようにします。このとき、自己ができる技や運動遊びとのつながりや、自己のできる動きや課題としている動きと技の関係を理解することができるように、見本動画は技のグループや系統などで分類して示すようにします。

イラスト/佐藤雅枝

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
1人1台端末時代の「教科指導のヒントとアイデア」

授業改善の記事一覧

雑誌『教育技術』各誌は刊行終了しました