小2体育「表現リズム遊び」指導アイデア

執筆/滋賀県公立小学校教諭・伊吹亮太
編集委員/国立国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹、滋賀県公立小学校校長・内藤康司

授業づくりのポイント

表現遊びは身近な題材の特徴を捉えて、そのものになりきって全身の動きで表現することが楽しい運動遊びです。

本単元では、毎時間の導入で軽快なリズムの曲を取り入れながら、楽しくリズムに乗って踊る時間を設定します。その後は「乗り物」「お化け」など、各時間に設定した題材の特徴を捉えて、特徴的な動きをみんなでやってみたり、簡単なお話で続けて踊ったりします。

子供たちがなりきる楽しさを味わえるように、教える教師自身が手本となって、心身を解放しながら思いきり表現することを楽しんで学習を進めるようにしましょう。

単元計画(例)

~前半は教師や友達と一緒にいろいろな動きを楽しみ、後半はお話を動きにして楽しく踊る~

単元計画(例)

楽しむ① 題材になりきって、即興的に踊ることを楽しもう

学習の前半では、具体的で変化のある動きを捉えやすい「ジェットコースター」「お化け」などの題材を取り上げていきます。それぞれの題材に合った「高・低の差」「速さの変化」「大げさな体の使い方」などの動き方を楽しめるような声かけを行い、そのものになりきって即興的に踊る楽しさに触れられるようにしましょう。

学習の後半では、「なりきってみよう」で踊った世界を基に子供と一緒に簡単なお話をつくり、お話を動きにしながら続けて踊るようにします。

ノリノリ! リズム遊び

おへそでリズムをとる

おへそでリズムをとる

弾む

弾む

スキップ

スキップ

ペアで動く

ペアで動く

人数を増やして踊る

人数を増やして踊る

なりきりさんぽ

教師の言葉を聞いて、お題に変身する。

恐竜

恐竜

風船

風船

教師や友達の動きを真似することで、動きを蓄えることにつながり、安心して踊ることができます。音楽は子供たちにとってなじみのある曲を選ぶことで、心を解放して楽しく踊ることができます。

題材になりきろう(高・低の差、速さの変化、いろいろな体の使い方を意識しよう)

全身を大きく動かす導入遊び

全身を大きく動かす導入遊び
バスに乗ってなど

乗り物の世界

乗り物の世界
ジェットコースター、ゴーカートなど

お化けの世界

お化けの世界

パレードの世界

パレードの世界

〈動き方を楽しめるような声かけ〉
「ジェットコースターってどんな感じで進むの?」「速さはどう変わるの?」「どんな音がする?」など、題材から引き出せる面白い動きに迫るような声かけを行うことで、子供たちは幅広い動きを楽しむことができます。

楽しむ② グループの友達とお話を広げて楽しく踊ろう

単元後半では、単元前半で踊ったお話の途中に「大変! カーブを曲がりきれずゴーカートが大クラッシュ!」「大変! たくさんのお化けが襲ってきたぁ!」など、動きや速さに変化があるような急変する場面を入れて、より動きを工夫しながら楽しく踊れるようにします。

また、いくつかのお話の中からお気に入りのお話を選び、4人程度のグループで踊るようにします。

グループでお話に変化を加える場合は、どんな場面をどう表現するのか、実際に動きながら話し合って、簡単なゆうえんちのお話づくりができるようにしましょう。

単元前半の動きを使って、お話をもっと広げよう

大変!カーブを曲がりきれずゴーカートが大クラッシュ!

大変!たくさんのお化けが襲ってきたぁ!

教師が急変する場面を入れたお話を用意し、より動きを工夫しながらお話の世界に引き込めるようにします。また、 お気に入りのお話を選び、4人程度のグループで踊るようにします。

ゆうえんちメドレー

ゆうえんちメドレーでは、グループごとに順番に発表を行うようにします。

ゆうえんちメドレー

かかわり思考ツール
「メドレー発表」
友達のお話を見る場面を取り入れることで、「面白そうな動き方だから真似してやってみよう」「○○のお話を入れてみよう」など、面白い動きを見付けたり、お話に変化を加えるヒントにしたりすることができます。また、どんなところが面白かったのかを考え、発表することで、より友達の動きに注目して見ることができるようになります。

イラスト/栗原清、横井智美

『教育技術 小一小二』2021年12/1月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

最新情報をプッシュ通知で配信中です。

授業改善の記事一覧

雑誌最新号