小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア①

特集
1人1台端末時代の「教科指導のヒントとアイデア」
小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小6体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「体つくり運動(体ほぐしの運動)」の単元を扱います。

執筆/東京都公立小学校主任教諭・植村信介
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   品川区教育委員会統括指導主事 ・唐澤好彦

単元名

みんなで楽しく運動しよう!

「年間計画表」はこちら

単元目標

●知識及び運動
体ほぐしの運動の行い方を理解するとともに、手軽な運動を行い、心と体との関係に気付いたり、仲間とかかわり合ったりすることができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
自己の体の状態に応じて、運動の行い方を工夫するとともに、自己や仲間の考えたことを他者に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
体ほぐしの運動に積極的に取り組み、約束を守り助け合って運動をしたり、仲間の考えや取組を認めたり、場や用具の安全に気を配ったりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

体ほぐしの運動は、自己の心と体の関係に気付くことと仲間と交流することをねらいとして、誰もが楽しめる手軽な運動を通して運動好きになることをめざしています。運動をすると心が軽くなったり、体の力を抜くとリラックスできたり、体の動かし方によって気持ちも異なることなど、心と体が関係し合っていることに気付くようにします。

また、自他の心と体に違いがあることを理解し、仲間のよさを認め合うとともに、仲間の心と体の状態に配慮しながら豊かにかかわり合う楽しさや大切さを体験することができるようにします。単元のなかで、心が弾んだり、気付きやかかわり合いが深まったりする運動を子供自身で選ぶようにすることで、さらに効果が高まります。

なお、体ほぐしの運動は全学年で指導しますが、各学年の各領域においても体ほぐしの運動の趣旨を生かした指導をすることができます。

〈新型コロナウイルス感染症対策〉
授業を行う際には、地域の感染状況に応じて、以下の新型コロナウイルス感染症対策を講じましょう。
・子供たちに授業前後の手洗いを徹底する。
・活動中は不必要に大声を出さないようにする。
・集合・整列時は子供どうしの適切な間隔を確保する。
・直接身体接触を伴う運動はしない。  など

単元計画(例)

小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア 単元表

※「体の動きを高める運動」を行う際に、単元の前半に帯で入れる行い方も考えられますが、子供たちがねらいを十分に達成することができるように、1単位時間での実践を示しています。

楽しく運動をしよう

手軽で簡単な運動に、子供が安心して取り組むことを通して、体を動かす楽しさを存分に味わわせていきます。

また、1人でできる運動から始めていくことで、心と体の関係に気付かせやすくし、ペア→グループと徐々に人数を増やしていくことで、仲間との豊かなかかわりを促していきます。

運動との出合い

●1人でできる運動(例)

1人で行う運動は、動きが大きく分かりやすいものや、うまくいくかどうか偶然性のあるものにすることで、誰もが安心して楽しみながら行うことができます。

徐々にテンポや難易度を上げていくことで、心拍数の上昇や体を動かす楽しさや心地よさなど、心と体の状態の変化に気付くことができます。

元気よく体を動かしていたり、楽しそうに運動したりしている子供を賞賛し、周りに広めていくことも意識していきましょう。慣れてきたら、教師の役割を子供が担うことも考えられます。
 

〈後出し体じゃんけん〉

「じゃ~んけん♪」「ぽん!」「ぱん!」のリズムで行う。最初の「ぽん」で教師が「グー・チョキ・パー」のどれかを出す。次の「ぱん」で子供が「グー・チョキ・パー」のどれかを出す。子供が「勝つ」「引き分ける」「負ける」パターンがある。

小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア イラスト
小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア イラスト

〈まねまねダンス〉

教師は、音楽のリズムに乗って、自由に踊ります。子供は教師の踊りを真似て、音楽のリズムに乗って体を動かします。リズムのテンポを変えることで体の動かし方を変化できるようにしていきます。

小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア イラスト
小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア イラスト

●ペアでできる運動(例)

ペアで行う運動は、動きを合わせたり、逆の動きをしたりし、かかわり合いながら行えるものを取り上げます。また、2人で競争するような運動を取り上げる場合は、偶然性のあるものや勝敗にこだわらないものにします。

1人でできる運動を十分に行うことで、心と体を整え、ペアでの運動がスムーズに行えるようにしていきます。

仲間とのかかわりのなかで、よい動きや明るい表情が見られたら賞賛し、さらに意欲を高められるようにしていきましょう。

 

〈あんたがたどこさ〉

ペアで向かい合い、片方の子供が左に1歩移動します。童謡「あんたがたどこさ」のリズムに合わせ、ペアとは逆向きに跳びます(1人は右・左・右・左……、もう1人は左・右・左・右……)。

「さ」の歌詞のときには前に跳び、次のタイミングで元に戻ります。最後の「ちょいとか~ぶ~『せ』」で好きなポーズをとり、ペアで一度も間違えずに行えたら成功となります。

小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア イラスト
小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア イラスト

〈エンドレス鬼遊び〉

体じゃんけんを行い、鬼を決めたらペアで鬼遊びを行います。「捕まえたら逃げる」「捕まったら追いかける」を繰り返します。

小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア イラスト
小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア イラスト

●グループでできる運動(例)

小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア②
「工夫してもっと楽しく運動をしよう」はこちら

イラスト/みながわこう

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
1人1台端末時代の「教科指導のヒントとアイデア」

授業改善の記事一覧

雑誌『教育技術』各誌は刊行終了しました