小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア①

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小6体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「体つくり運動(体ほぐしの運動)」の単元を扱います。

執筆/東京都公立小学校主任教諭・植村信介
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   品川区教育委員会統括指導主事 ・唐澤好彦

単元名

みんなで楽しく運動しよう!

「年間計画表」はこちら

単元目標

●知識及び運動
体ほぐしの運動の行い方を理解するとともに、手軽な運動を行い、心と体との関係に気付いたり、仲間とかかわり合ったりすることができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
自己の体の状態に応じて、運動の行い方を工夫するとともに、自己や仲間の考えたことを他者に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
体ほぐしの運動に積極的に取り組み、約束を守り助け合って運動をしたり、仲間の考えや取組を認めたり、場や用具の安全に気を配ったりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

体ほぐしの運動は、自己の心と体の関係に気付くことと仲間と交流することをねらいとして、誰もが楽しめる手軽な運動を通して運動好きになることをめざしています。運動をすると心が軽くなったり、体の力を抜くとリラックスできたり、体の動かし方によって気持ちも異なることなど、心と体が関係し合っていることに気付くようにします。

また、自他の心と体に違いがあることを理解し、仲間のよさを認め合うとともに、仲間の心と体の状態に配慮しながら豊かにかかわり合う楽しさや大切さを体験することができるようにします。単元のなかで、心が弾んだり、気付きやかかわり合いが深まったりする運動を子供自身で選ぶようにすることで、さらに効果が高まります。

なお、体ほぐしの運動は全学年で指導しますが、各学年の各領域においても体ほぐしの運動の趣旨を生かした指導をすることができます。

〈新型コロナウイルス感染症対策〉
授業を行う際には、地域の感染状況に応じて、以下の新型コロナウイルス感染症対策を講じましょう。
・子供たちに授業前後の手洗いを徹底する。
・活動中は不必要に大声を出さないようにする。
・集合・整列時は子供どうしの適切な間隔を確保する。
・直接身体接触を伴う運動はしない。  など

単元計画(例)

小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア 単元表

※「体の動きを高める運動」を行う際に、単元の前半に帯で入れる行い方も考えられますが、子供たちがねらいを十分に達成することができるように、1単位時間での実践を示しています。

楽しく運動をしよう

手軽で簡単な運動に、子供が安心して取り組むことを通して、体を動かす楽しさを存分に味わわせていきます。

また、1人でできる運動から始めていくことで、心と体の関係に気付かせやすくし、ペア→グループと徐々に人数を増やしていくことで、仲間との豊かなかかわりを促していきます。

運動との出合い

●1人でできる運動(例)

1人で行う運動は、動きが大きく分かりやすいものや、うまくいくかどうか偶然性のあるものにすることで、誰もが安心して楽しみながら行うことができます。

徐々にテンポや難易度を上げていくことで、心拍数の上昇や体を動かす楽しさや心地よさなど、心と体の状態の変化に気付くことができます。

元気よく体を動かしていたり、楽しそうに運動したりしている子供を賞賛し、周りに広めていくことも意識していきましょう。慣れてきたら、教師の役割を子供が担うことも考えられます。
 

〈後出し体じゃんけん〉

「じゃ~んけん♪」「ぽん!」「ぱん!」のリズムで行う。最初の「ぽん」で教師が「グー・チョキ・パー」のどれかを出す。次の「ぱん」で子供が「グー・チョキ・パー」のどれかを出す。子供が「勝つ」「引き分ける」「負ける」パターンがある。

小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア イラスト
小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア イラスト

〈まねまねダンス〉

教師は、音楽のリズムに乗って、自由に踊ります。子供は教師の踊りを真似て、音楽のリズムに乗って体を動かします。リズムのテンポを変えることで体の動かし方を変化できるようにしていきます。

小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア イラスト
小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア イラスト

●ペアでできる運動(例)

ペアで行う運動は、動きを合わせたり、逆の動きをしたりし、かかわり合いながら行えるものを取り上げます。また、2人で競争するような運動を取り上げる場合は、偶然性のあるものや勝敗にこだわらないものにします。

1人でできる運動を十分に行うことで、心と体を整え、ペアでの運動がスムーズに行えるようにしていきます。

仲間とのかかわりのなかで、よい動きや明るい表情が見られたら賞賛し、さらに意欲を高められるようにしていきましょう。

 

〈あんたがたどこさ〉

ペアで向かい合い、片方の子供が左に1歩移動します。童謡「あんたがたどこさ」のリズムに合わせ、ペアとは逆向きに跳びます(1人は右・左・右・左……、もう1人は左・右・左・右……)。

「さ」の歌詞のときには前に跳び、次のタイミングで元に戻ります。最後の「ちょいとか~ぶ~『せ』」で好きなポーズをとり、ペアで一度も間違えずに行えたら成功となります。

小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア イラスト
小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア イラスト

〈エンドレス鬼遊び〉

体じゃんけんを行い、鬼を決めたらペアで鬼遊びを行います。「捕まえたら逃げる」「捕まったら追いかける」を繰り返します。

小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア イラスト
小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア イラスト

●グループでできる運動(例)

グループで行う運動は、グループで動きを合わせたり、リーダーを代わる代わる立てたりして、みんなで運動することの楽しさを味わえるものを取り上げます。

積極的にかかわろうとしている子供やグループを賞賛し、仲間とかかわることや仲間を認め合うことのよさを価値付けていきましょう。

 

〈言うこと一緒♪ やること一緒♪〉

グループで一列になります。教師が「言うこと一緒♪」と言ったら、子供も「言うこと一緒♪」、教師が「やること一緒♪」と言ったら、子供も「やること一緒♪」と言います。

その後、教師が「前(まーえ)♪」と言ったら、子供は「前(まーえ)♪」と言って体も前に動かします。「後ろ♪」「右♪」「左♪」と繰り返し、仲間と一緒に楽しみます。

「言うこと一緒・やること反対」「言うこと反対・やること一緒」「言うこと反対・やること反対」のパターンでも楽しめます。

小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア イラスト
小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア イラスト

〈いろいろな鬼遊び〉

鬼役の子供は列の一番後ろの子供を捕まえます。列の一番前の子供は両手を広げて鬼が後ろに回り込むのを防ぎます。列の一番後ろの子供がタッチされる、子供の手が離れて列がバラバラになる、○秒の時間が経つなどしたら鬼役を交代します。「手つなぎ鬼」や「増やし鬼」など全員でできる鬼遊びもあります。

小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア イラスト
小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア イラスト

取り扱う運動内容
以下に示した運動を行うことも考えられます。
○伸び伸びとした動作で全身を動かす運動
○ボール、なわ、体操棒、フープなどの用具を用いた運動
○リズムに乗って、心が弾むような動作での運動
○ペアになって背中合わせに座り、互いの心や体の状態に気付き合いながら体を前後左右に揺らすなどの運動
○動作や人数などの条件を変えて、歩いたり走ったりする運動
○グループや学級の仲間と力を合わせて挑戦する運動
○伝承遊びや集団による運動  など

 

〈ミラーストレッチ〉

リーダー役の子供が行ったストレッチを、もう1人の子供も行う。

小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア イラスト

〈フープくぐり〉

手をつないでフープをくぐり、○周する。グループごとに競争することもできる。

小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア イラスト

教師のかかわり方
温かな雰囲気をつくり、子供たちが自己の心や体の変化に気付くことができるように、かかわり方や言葉がけを工夫していきましょう。
○子供が安心して取り組める運動(1人でできる、すぐにできそうな運動)からはじめ、体を動かす楽しさを十分に味わわせる。
○仲間とのふれ合いが深まる運動を精選し、仲間と一緒に運動すると楽しさが増すことを体験できるようにする。
○よい動きや明るい表情が見られたら賞賛し意欲を高める。
○運動をして気付いたことを問いかけ、心や体の変化に気付くことができるようにする。  など

小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア イラスト

小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア イラスト

1人1台端末を活用した指導アイデア

●心と体の状態を確認する例

学習カードなどを使って、子供たちが運動をする前と後の心と体の状態を確認できるようにします。アンケート機能を使うことで、学級の子供たちの状況を確認することもできます。


学習カード
※ダウンロードはこちら

 

●運動の日常化につなげる例

体ほぐしの運動の行い方や動画を、1人1台端末で見られるようにすることで、家庭や休み時間に行うなど、運動の日常化につなげていくことが考えられます。

小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア イラスト

【コラム~指導のワンポイント!】
~体ほぐしの運動の趣旨を生かした指導や保健領域との関連~
学習指導要領の「指導計画の作成と内容の取扱い」のなかで、各領域においても体ほぐしの運動の趣旨を生かした指導ができることが示されています。年度や学期はじめ、はじめて指導する運動内容の際に、その運動に関連する誰もが楽しめる手軽な運動を通して、心と体をスイッチオンし、スムーズに運動に取り組むことができるようにしていくことが大切です。

また、保健領域「心の健康」で学んだことを、体ほぐしの運動で実践し理解を深めていくなど相互の関連を図って指導していくことも大切なポイントです。

小6体育「体つくり運動(体ほぐしの運動)」指導アイデア②
「工夫してもっと楽しく運動をしよう」はこちら

イラスト/みながわこう

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小1生活「あきを さがそう」指導アイデア
・小1 国語科「くじらぐも」板書例&全時間の指導アイデア
・小2生活「うごくうごく わたしのおもちゃ」指導アイデア
・小5 国語科「たずねびと」全時間の板書&指導アイデア
・小6 国語科「利用案内を読もう」全時間の板書&指導アイデア
・小6 国語科「いちばん大事なものは」板書例&全時間の指導アイデア
・小6 国語科「熟語の成り立ち」全時間の板書&指導アイデア
・小4理科「雨水のゆくえ」指導アイデア
・小4理科「とじこめた空気や水」指導アイデア
・小3理科「音のふしぎ」指導アイデア
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号