• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

注目の漢字学習法「つぶやき漢字」速く確実に覚えられる

2019/3/18

つぶやきながら書いて覚える学習方式を提唱する漢字ドリル『つぶやき漢字ドリル』が発売されました。一般的な漢字学習と比べてどこが違い、どんなメリットがあるのか、著者のインタビューをもとにご紹介します。

ひたすら書いて覚える漢字学習は、子どもにとって辛いもの

漢字の学習では、「家で、1つの漢字につき10回ずつ書いてくること」などという宿題を出していませんか?

書いて覚えるのは、学習内容を定着させることに対して一定の効果があります。しかし、子どもたちは、家で何十字も漢字を書かされる宿題を出されて、楽しく漢字学習ができているでしょうか。

これでは、漢字学習が辛いもの、つまらないものという感情がすり込まれて、漢字嫌いの子どもを増やすことになりかねません。

元素記号の周期表を覚えるのに、ひたすら書いて記憶したという人は、まずいないでしょう。みんな、「水兵リーベ、僕の船・・・」と唱えて覚えたはずです。この唱え方があることで、だれでもラクに20番までの元素記号を覚えられたのです。しかも、一度覚えてしまえば、ほぼ一生忘れません。

漢字の学習にも、これは通用します。

「つぶやき漢字学習」3つのメリット

「つぶやき漢字学習法」を、これまで多くの小学校で実践してきた久保齋先生(学力研理事・つぶやき漢字研究会主宰)が、具体的な唱え方(つぶやき方)とそのメリットを教えてくれました。

未就学児でもつぶやき漢字学習で身に付きます

「花」という漢字なら「一書いて、ソ書いて、イ書いて、ノ書いて、たて曲げはねる」とつぶやきながら指で書いて覚えます。ノートに鉛筆で書いても、手本の文字を指でなぞっても構いません。これが、一度覚えれば一生忘れない学習法なんです。

このつぶやいて書く漢字学習には、学校教育にとっても良い点があります。

まず、学校の授業で児童全員で声を合わせて唱えたり、ペアで交互につぶやいたりして、みんなで楽しく漢字学習するという教室文化が生まれます。教師の視点としても、どの子がつぶやけていないかなども見取りやすいです。

2つ目のメリットとして、クラス全員が正しい書き順で書けるようになります。正しい書き順で書くことは、整った字形を書くことにもつながり、きれいな漢字を書けるようになります。

3つ目は、子どもたちの覚えるスピードが上がり、結果として漢字テストの点数も上がっていきます。

『小二教育技術』2018年10月号「先生のための学校」より
『つぶやき漢字ドリル 小学2年生』より

学級経営にも学力アップにも効果あり


久保先生の知り合いの小学校教師が、「つぶやき漢字学習」と「書き順を1、2、3・・と唱えて書く」学習を追実践して検証したところ、「つぶやき」の方が、クラスの平均点が67点から81点に上がったとの結果が出たそうです。満点の子は、4人から10人に倍増しました。

その先生の授業後の感想は「学習しているときの雰囲気が全然違って、とても楽しそうにしていたのが印象的でした」というものでした。(久保先生)

つぶやき漢字学習は、「漢字をパーツごとに分解して記憶し、それを順序正しく記憶から呼び出して再生する」という脳の活動を示したもので、脳科学からみても理にかなった方法だとも、久保先生は説明しています。

「つぶやき漢字学習」のホームページで、サンプルをダウンロードできるようになっているので、試してみてはいかがでしょうか。

<つぶやき漢字学習ホームページ> 
https://sho.jp/teachers/booknews/tsubuyaki_kanji/

●『つぶやき漢字ドリル』小学1年生~小学3年生 発売中 小学4年生~小学6年生 2019年4月17日頃発売予定
https://www.shogakukan.co.jp/books/volume/47966

撮影/編集部

取材・文/「みんなの教育技術」編集部

関連する記事

授業記事一覧

【先生のための学校】「音読」でクラスをつくる

今回は、 14回も二年生を担任し一年生で難儀になったクラスの立て直しを何度も実現された、「先生のための学校」に所属される、ある講師の先生のお話を紹介しましょう…

【指導計画】6年理科 土地のつくりと変化①

地面の下の様子を想像して絵や言葉で表現したり、ボーリング資料や崖の写真を見るなどして気づいたことを話し合ったり調べたりする活動を通して、土地のつくりや変化につい…

2019/9/17

子どもたちを変える!魔法の音読指導

日々の音読がいつの間にか惰性化し、易きに流れていませんか? 身体を使って音読する「あいうえ音読」などの実践で知られる佐藤隆史先生の音読指導を手本にすれば、子ども…

【指導計画】1年算数 「3つの かずの けいさん」

数量の関係に着目し、挿絵と半具体物などを関連付けて考える活動を通して、3つの数の加法の式の意味を理解し、その計算をすることができるようにします。

2019/9/15

【教育技術小五小六10月号特典】「外国語の授業レポート」動画(本誌連動企画)

『教育技術 小五小六』10月号本誌に掲載されている「外国語の授業レポート」特集と合わせて視聴するための授業動画です。本誌記事中に掲載されているパスワードを入力し…

【指導計画】5年国語 日本の文化を考えよう

【教材名】「古典」を楽しむ(教育出版 五年下)の授業アイディアです。本単元では、「好きな古典作品を読んで感想をまとめる」言語活動を行います。感想には、「あらすじ…

2019/9/14

【教科調査官に聞く】国語科の新学習指導要領-改訂ポイントと授業改善の視点

小学校学習指導要領の改訂にあたり、国語科における授業改善の重要な点を、文部科学省・菊池英慈教科調査官にうかがいました。

【小六道徳】「ここを走れば」授業展開と板書

「考え、議論する道徳」を実践するために、板書に力を入れているのが愛知県西尾市立横須賀小学校。この小学校で行われた小六の道徳「ここを走れば」の授業展開と板書の工夫…

【指導計画】1年算数「どちらが おおい」

1年算数「どちらがおおい」では、身の回りにあるもののかさに関心をもち、2つの入れ物に入っている水のかさを比較する活動を通して、直接比較、間接比較を使って、かさを…

2019/9/13

【小五道徳】「友のしょうぞう画」授業展開と板書

「考え、議論する道徳」を実践するために、板書に力を入れているのが愛知県西尾市立横須賀小学校。この小学校で行われた小五の道徳「友のしょうぞう画」の授業展開と板書の…

もっと見る