小3体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア

関連タグ

執筆/福岡県公立小学校教諭・木上仁、梶原毅裕
編集委員/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹、福岡県公立小学校校長・中村章、福岡県公立小学校教頭・高瀬哲義

小3体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導のポイント

授業づくりのポイント

中学年のゲームでは、低学年の学習をふまえ、ゲームの楽しさや喜びに触れたり、基本的なボール操作とボールを持たない動きによって易しいゲームをしたりすることをねらいとしています。

どの子供もゲームを楽しく行えるように、規則を工夫した易しいゲームにしたり、子供が選んだり考えたりした簡単な作戦が成功しやすくなるように、運動の場を工夫したりすることが大切です。よい動きが見られた場合は、「相手のいない場所を見付けて動いたからパスがつながったんだね」などと具体的に称賛したり、学級全体にその動きや作戦のよさを紹介したりすると、子供の意欲も高まります。

単元計画(例)

単元計画(例)

楽しむ① 初めての「ゴール型ゲーム」セストボールを楽しもう

本単元「セストボール」は、パスでボールをつなぎ、360度どこからでもシュートすることができるゲームです。つまり、シュートチャンスに結び付く動き方(パスのつなぎ方、ボールを持たないときの動きなど)が、子供に身に付けさせたい動きの中心となり、その動きを「分かる」、そして「できる」ようになることを目指します。

そこで〈学習1〉では、まずゴール型ゲームの特性をおおまかに伝え、セストボールのゲームの規則や行い方を知ることができるようにします。ゲームをしていくなかで、ボールを持たない人の動き方やみんながシュートするための課題に気付くことができるように導くことが大切です。みんなが笑顔でいきいきとゲームを行う学習をめざしましょう。

学習1 簡単な規則を知り、みんなとゲームに楽しく取り組もう

オリエンテーション

  1. 低学年までのボールゲームをふり返る
    [例示]
    ・的あてゲーム
    ・シュートゲーム
    ・相手コートに投げ入れるゲーム
    ・攻めがボールを手などで打ったり蹴ったりして行うゲーム
  2. 学習の進め方を確認する
    ・めあてを立てる
    ・準備運動をする
    ・安全についての確認をする
    ・かんたんな練習
  3. チーム編成をする
    ・ビブスでチームごとに色分けをする
  4. 試しのゲームをする
    ・セストボールのゲームの規則を確認し、ゲームを行う
  5. 学習問題を設定する
    自分たちの動きの課題を見付け、単元の見通しをもつ

かんたんな練習

  1. 基本的なボール操作
    ・チェストパス
    ・ショルダーパス
    ・ワンバウンドパス
    ・シュート
  2. ボールを持たないときの動き
    ・まん中の人にとられないような場所に動く

「5回中、何回シュートが成功するか」「15秒間に何回パスが続けられるか」など、ゲーム的な要素をもたせることで意欲を高めることができます。


ゲーム

はじめの規則

・1チーム5~6人。
・ゲームは3人対3人で行う。3人のうち2人は白帽子、1人は赤帽子で、赤帽子の人は自陣のコートには戻れない(攻撃有利にするため)。
・パスを使ってボールを運ぶ。ドリブルはなし。
・パスを受けたらその場で止まり、味方にパスをする。
・ゲームは、センターからパスで始める。
・シュートが入ると1点。ゴールの周りの円には入れない。
・体に触れるプレーは反則とし、センターから相手ボールで始める。
・ゴールが決まったり、ボールが外に出たりした場合は、センターから相手ボールで始める。

はじめの規則

ボールは、子供の恐怖心をなくすため、弾力性・反発性のある柔らかいものを使用しましょう。コートは、縦18m、横9m、ゴールの高さは190cm程度がよいでしょう。ゴールは、玉入れのカゴやフープを使って手作りすることもできます。

楽しむ② 空いているカラーフリーゾーンに動き、シュートをして楽しもう

ゴール型ゲームでは、ボールを持たないとき、どのように動けばよいのかが子供が分かりにくいポイントです。空いている場所へ素早く動くことが求められていても、ボールの行方を追うだけで、どこが空いている場所なのかが分からないことが多いのです。

そこで、シュートにつながる場所を視覚的に捉えやすくするため、各ゴールの周りに4つのカラーフリーゾーンをつくります。赤・青・黄・緑の異なる色でフリーゾーン(相手からじゃまされない場所)をつくることで、ゲームをしている子供はもちろん、ゲームを見ている子供も「赤が空いている」「緑に行って」など、具体的に空いている場所を認識し、伝え合うことができるようになります。

この工夫によって、学習指導要領の内容「ボールを持たないときの動き」を高め、みんながシュートができるよう導きます。

学習2 ボールを持っている人と持っていない人の役割をふまえた作戦を選ぼう

もっと楽しむための規則
・カラーフリーゾーンに入ると相手から邪魔されない。相手はカラーフリーゾーンの中に入ることができずにゾーンの外で手を広げて守るなどの動きしかできない。
・カラーフリーゾーンから得点すると2点。全員得点するとボーナス3点。

4つのカラーフリーゾーンを設置したコート図

4つのカラーフリーゾーンを設置したコート図

※カラーフリーゾーンは、体育館ではカラーテープで、運動場ではカラー石灰で作ります。フリーゾーンは、数や配置を変えたり、番号で表したり、ゾーンの形を変えたりすることも実態によってできます。

カラーフリーゾーンを活用した作戦例

三角形作戦

三角形作戦
三角形でカラーフリーゾーンに入り、シュートチャンスをつくろう。

反対側作戦

反対側作戦
シューターの反対側のカラーフリーゾーンに入り、シュートをねらおう。

子供同士で色についてのアドバイスをし合うようにすることで、どこに行ってよいか分からない子供のボールを持たないときの動きを高めましょう。

かかわり思考ツール

作戦ボード

作戦ボード

ホワイトボードにコート図を書き込みます。攻め用マグネット3個、守り用マグネット2個、ボール用マグネット1個を準備すると子供たちも分かりやすく作戦を考えられます。

作戦タイム
しっかりと作戦を練るだけでなく、実際にコートに入り、体やボールを動かしながら子供どうしで教え合う時間もつくってみましょう(例3対2ハーフコート練習) 。

イラスト/栗原清、横井智美

『教育技術 小三小四』2020年6月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号