小3国語「ことわざについて調べよう」指導アイデア

関連タグ

教材名:「ことわざについて調べよう」(光村図書 三年下)

指導事項:書くこと ア、イ 伝国 ア(イ)
言語活動:イ

執筆/香川県公立小学校教諭・松井理加
編集委員/文部科学省教科調査官・菊池英慈、香川県公立小学校校長・川井文代

小3国語「ことわざについて調べよう」指導アイデアのイメージイラスト
写真AC

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元では、「気になる記号」で報告文の様式を知り、自分の考えが明確になるように文章を構成する学習を生かして、必要な事柄について本や辞典から調べる方法、文献調査における報告文の書き方を知り、より分かりやすく正確に表現する力を付けることがねらいです。

また、調べて報告する内容がことわざであることから、ことわざに親しみ、その特徴について、理解できるようにします。

②言語活動とその特徴

本単元における言語活動として、「ことわざについて調べ、分かったことを報告する文章を書く」ことを位置付けます。自分が調べたいことわざの意味や使い方について知るために、本や辞典の索引や目次を使って検索する力が定着します。

さらに、文献調査における報告文を書く際には、出典を明確に示すことなども必要です。複数の本や辞典などを使って比較しながら読み、調べることで、事例を挙げながら、分かりやすい表現のしかたやことわざの正確な使い方を学びます。

単元の展開(14時間扱い)

主な学習活動

第一次(1~2時)

①知っていることわざや故事成語を出し合う。

【学習課題】ことわざについて調べ、分かったことを友だちに報告する文章を書こう。

②報告文の形を既習から思い出し、確認する。
・文献調査の報告文には、出典を書き加える必要があることを知る。
→アイデア1 主体的な学び
・学習計画を立てる。

第二次(3~12時)

③④教材文に出ていることわざや知っていることわざについて、意味を調べ、カードに書く。

⑤⑥ことわざについてもっと詳しく知るために、さらにことわざ集めをする。
・ 本や辞典の目次や索引、インターネットのサイトを使って検索する方法を確かめる。
・ことわざの意味とともに、書名、筆者名、出版社名、発行年を記録する。
→アイデア2 深い学び

⑦⑧集めたカードを分類し、その特徴を見付ける。
→アイデア3 対話的な学び

⑨⑩⑪どんな特徴をもつことわざについて報告するのかを決め、報告文を書く。
・「理由やきっかけ」「調べ方」「調べたこと」をそれぞれ付箋に書く。
・ ②で確認した報告文の構成に沿って、付箋を並び替え、構成メモをつくる。
・自分の考えを書き加える。

⑫推敲し、清書をする。

第三次(13~14時)

⑬読み合い、感想を交流する。

⑭学習をふり返る。

アイデア1 以前の学びから見通しをもつ

主体的な学び

「気になる記号」では、いくつかの記号について自分で考えたり人に尋ねたりして調べ、それについて分かったことを報告する文章を書きました。

ここでは、その報告文の様式を生かして、本などから調べ、調べて分かったことだけでなく、自分の考えや調べた本の出典なども加えて書きます。

調査報告文の様式を思い出させることで、どのようなことを書くのかを見通し、文献などで調べたことも報告文の段落構成を活用すれば書ける、という自信をもって取り組めるようにします。

▼段落構成と内容

段落構成と内容

アイデア2 比較することでより詳しく

深い学び

ことわざを複数の文献などで調べ、比較することで、より分かりやすく正確な意味や使い方を知ることができます。

ことわざを調べるには、国語辞典、ことわざ辞典を使うほかに、インターネットのサイトを使って調べることもできます。

▼ことわざサイト

■「ことわざ100選」(日本文化研究ブログ)
■「ことわざデータバンク
■「ことわざ動物園
■「料理のことわざ」(kikkoman)

「ことわざデータバンク」などを使って、テーマに沿ったことわざには何があるのかを調べた後、本や辞典、ほかのサイトを使って、ほかにはどのように意味や使い方が書かれているのかを調べ、書き方などを比較することができます。

▼複数の資料を調べたカード

複数の資料を調べたカード

アイデア3 分類することで特徴を見付ける

対話的な学び

本やサイトを使って、たくさん集めたことわざを仲間分けすることによって、話し合いながら自分たちで特徴を見付けていきます。出てくるものに着目して、仲間分けをしていきます。

たくさん集めたことわざをグループで仲間分けし、その特徴について話し合うなかで、ことわざの特徴などに気付くことができます。

たくさん集めたことわざをグループで仲間分けし、その特徴について話し合うなかで、ことわざの特徴などに気付くことができます。

▼段落構成と内容

段落構成と内容

表現や教訓などは見付けにくい場合もあるので、このような表を提示したり、分類する話合いの時間を決めて行ったりするようにします。出ないものについては教師が提示することで興味をもたせることもできるでしょう。

動物が出てくることわざが、いっぱいあるよ。

体に関係するものも多いよ。

この二つの意味は似ているよ。

イラスト/佐藤道子 横井智美

『教育技術 小三小四』2020年2月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号