小6国語「海のいのち」指導アイデア

関連タグ

教材名:「海のいのち」(東京書籍)

指導事項:C読むこと エ・オ

執筆/新潟大学教育学部附属新潟小学校教諭・中野裕己
編集委員/文部科学省教科調査官・菊池英慈、新潟県公立小学校教諭・井上幸信

読むこと
イラストAC

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元では、登場人物の相互関係や心情を捉え、優れた叙述について自分の考えをまとめる力を育むことを目指します。本単元で取り組む言語活動は、読書座談会を開き、物語の感想を伝え合う活動です。また、読書座談会では、「いのち」を中心話題として設定します。

子供たちにとって、「いのち」は身近なようで、実生活の中では意識しづらい題材と言えます。教材文「海のいのち」では、中心人物である太一が様々な「いのち」に触れ、生き方を変容させていく姿が描かれています。

したがって、太一の視点で登場人物の相互関係や心情を捉え、物語世界を追体験することで、「いのち」について自分の考えをもつことができるのです。

②言語活動とその特徴

読書座談会では、まず「いのちとは」に続く形で、自分の考えを一文で表します。そして、その考えの基盤となった、教材文「海のいのち」の解釈を述べます。

このような交流を小グループで行い振り返ることで、前述の資質・能力の発揮と自覚を促します。教材文「海のいのち」を読解していく際にも、常に「いのち」という題材を意識しながら解釈するように働きかけていきます。

単元の展開(8時間扱い)

主な学習活動

第一次(1・2時)

①読書座談会の概要を知り、学習課題を設定する。
・教材文「海のいのち」を読み、読書座談会の中心話題「いのち」を設定する。
・「いのちとは」という書き出しで、初発の感想を書くことを促す。

【学習課題】読書座談会を開こう

②物語の設定を確認し、学習の見通しをもつ。
→アイデア1
・中心人物が太一であることを確認し、時の経過を表す言葉を基に、物語の全体像を捉えさせる。
・その他の登場人物を確認し、「いのち」について考えるヒントとなる人物を問うて、学習の見通しをもたせる。

第二次(3~6時)

③太一の父について、「いのち」を象徴している叙述を選び出し、その意味を解釈する。
・「海のめぐみ」の意味、父を亡くした太一の心情等について問う。

④与吉じいさについて、「いのち」を象徴している叙述を選び出し、その意味を解釈する。
・「千びきに一びき…」の意味、自然な気持ちで顔の前に両手を合わせ
た太一の心情等について問う。

⑤母について、「いのち」を象徴している叙述を選び出し、その意味を解釈する。
・母の悲しみを背負って海に出る太一の心情等について問う。

⑥瀬の主について、「いのち」を象徴している叙述を選び出し、その意味を解釈する。
→アイデア2

第三次(7・8時)

⑦学習を振り返って、読書座談会で語りたいことを整理する。

⑧読書座談会を開いて、学習を振り返る。
→アイデア3

アイデア1 物語の設定を確認し、学習の見通しをもつ

子供は、読書座談会で「いのち」を中心話題として、物語について語り合うことを共有しています。ここでは、読書座談会に向けて、どのように物語を読み深めていくか、見通しをもてるように働きかけていきます。

【準備】物語全文を拡大掲示する

この物語は、何年間のお話かな?

中学校を卒業する年の夏に、与吉じいさに弟子入りしているから…。

「弟子になって何年もたった」って書いてあるね。

太一の視点で時の経過を読み取っていくことを通して、太一が出会った人物や出来事を大まかに捉えられるようにします。

そして、次のように問います。

読書座談会で「いのち」について語り合うとき、手掛かりになりそうな人物は誰かな?

おとうかな。たくさん魚を仕留めているし、はじめに亡くなってしまったから。

瀬の主だと思う。「この海のいのちだと思えた」って書いてあるから。

ここでは、おとう、与吉じいさ、母、瀬の主といった人物などが、子供から出されると考えられます。

読書座談会の中心話題「いのち」とそれぞれの人物の関連について、子供の言葉で語らせることを通して、課題意識をそれらの人物等に焦点化し、学習の見通しをもてるようにします。

アイデア2 瀬の主について、「いのち」を象徴している叙述を選び出し、その意味を解釈する

太一と瀬の主が対峙した場面では、葛藤の末に瀬の主を獲らないことを選択する太一の姿が描かれています。この太一の選択には、様々な人物との関わりを通して養った、「いのち」への価値観が表れています。

しかし、太一が瀬の主を獲らなかった理由は、直接的には描かれていません。文章全体の様々な出来事と関係付けて、象徴的な表現を解釈していく必要があるのです。

そこで、「いのち」を象徴している叙述を問うて、「瀬の主を殺さないですんだ」という叙述を共有した後、次のように問います。

もし、太一が瀬の主を獲っていたら、どんな結末になっていたかな?

結末では、幸せに生きる太一と母の姿、変わらずに続いていく海の「いのち」が描かれています。これらは、「瀬の主を獲らない」という太一の選択によってもたらされた結末であると言えます。

それと正反対の選択をした場合の結末を問うことで、本当の結末と対比をしながら、文章全体を手掛かりとして結末を想像することを促します。

太一は、もっと大きな魚を獲ろうとして、また海に潜っているかも。

お母さんも太一のことが心配で、穏やかに過ごせないかもしれない。

そうすることで、太一が瀬の主を獲らないことを選択した価値が、浮かび上がってきます。

太一は、お母さんや海の生き物たちみんなが、幸せになることを願ったんだと思います。だから、瀬の主をお父さんだと思って、獲るのをやめたのだと思います。

アイデア3 読書座談会を開いて、学習を振り返る

子供は、前時に読書座談会で語りたいことを整理しています。本時では、読書座談会を開き、「いのち」を中心話題として語り合う場を設定します。

いのちとは、平等なものだと思います。太一は、海にいる全部のいのちを大切にしようとしていました。

海のいのちも大切にしているから、千びきに一ぴきだけしか獲らないんだね。

だから、瀬の主をお父さんだと思えたのかも。

また、読書座談会の後に、語り合ったことを振り返り、発揮した資質・能力を自覚できるようにします。

イラスト/横井智美

『教育技術 小五小六』2019年10月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号