小6体育「水泳運動」指導のポイント

関連タグ

執筆/徳島県公立小学校教諭・布川壮一、徳島県公立小学校教頭・川村恭弘
編集委員/前スポーツ庁政策課教科調査官・高田彬成、徳島県公立小学校教諭・花森誠二

小6体育「水泳運動」指導のポイント

授業づくりのポイント

高学年の水泳運動は、続けて長く泳いだり、泳ぐ距離や浮いている時間を伸ばしたり、記録を達成したりする楽しさや喜びを味わうことができる運動です。

しかし、水泳運動の得意な子供と苦手な子供の二極化傾向が見られることもあります。苦手な子供を含め、一人一人が水泳運動を楽しみながら、基本的な技能を身に付けられるように、補助具を有効に活用したり、仲間との関わりを生かしたりできる授業づくりを行うことが大切です。

単元計画(例)

単元計画(例)
クリックすると、別ウィンドウで開きます

※1~5時間目は、浮いたり、泳いだりするためのポイントを知り、運動を楽しみます。6~10時間目は、自己の記録に挑戦しながら運動を楽しみます。

楽しむ① 浮いたり、泳いだりして楽しもう

浮いたり、泳いだりするためのポイントをつかみます。ペアやグループで行い、長く浮くためや泳ぐための動きのポイントを仲間同士で確認したり、伝え合ったりできるようにしましょう。

その際、浮き方や手と足の動かし方、呼吸動作の仕方をプールサイドに掲示するなどして、ポイントを明確にしておきましょう。ICT機器を活用して、ポイントや課題を仲間と確認するのもよいでしょう。

また、子供が自分で補助具を選べるように、複数の種類をプールサイドに準備しておきましょう。

●やってみよう

変身浮き

変身浮き
だるま浮き→くらげ浮き→大の字浮き(変身の合間に呼吸をする)

じゃんけんタクシー

じゃんけんタクシー_次は、ふし浮きで運んでもらおう
水中じゃんけんをし、勝った人が、負けた人に運んでもらう

水中ビーチフラッグ

水中ビーチフラッグ「よーいドン!手で水をかいて取りに来てね」
一人がペットボトルを持ち、合図を出す。残りの人が競って、ペットボトルを取りに行く

●平泳ぎをしよう

「キック」「手のかき」「呼吸」の仕方について、課題に応じたその他の練習の仕方や場を提示してあげるのもいいですね。

「タブレットで、お手本の動きを確認しよう」「まずは、台の上で」「足の裏で、手を押すようにキックしてね」

キックの仕方

キックの仕方
かかとを、尻に引き付ける
キックの仕方
親指を外に向け、足の裏全体でキックする
キックの仕方
水をはさむようにして、両脚をそろえる
平泳ぎの練習
クリックすると、別ウィンドウで開きます

楽しむ② 続けて長く浮いたり、泳いだりして楽しもう

ここでは、〈楽しむ①〉での運動を基に、記録に挑戦することを通して、安全確保につながる運動やゆったりとした泳ぎに取り組みます。

自分で決めた背浮きの時間や浮き沈みの回数に挑戦しましょう。また、クロールや平泳ぎで、設定した距離をより少ないストローク数で泳ぐことにも挑戦してみましょう。その際、教師は、子供たちの記録の数字だけを評価するのではなく、記録の伸びやポイントを生かそうとしているかなどにも、目を向けることが大切です。

また、仲間同士で、どのようにしてよい動きをしているのかを、互いに伝え合う活動も取り入れるようにしましょう。

●記録に挑戦しよう

どうしたら、記録が伸びたのかな?

背浮き

背浮き「補助具なしでも、浮いてみたいな」「顔以外が、しっかり水中に入っているね」

浮き沈み

だるま浮きした状態で

浮き沈み「背中を押して、沈めるよ。3回を目指してみよう」「息を止めて、じっとして、浮き上がるのを待とう」

もし沈みそうになったら、ブイやコースロープにつかまってもいいよ。

振り返りや学習カードで、子供たちが挑戦していることや頑張ろうとしていることなどを把握しながら、単元を進めていきましょう。

記録に挑戦
クリックすると、別ウィンドウで開きます

道具の工夫〈ブイ〉
・ボール
・ボールネット
・フープ
・ステンレスシャックル
※ブイを並べることによって、プールを横にも縦にも分けて使えます

ブイ

イラスト/たなかあさこ、横井智美

『教育技術 小五小六』2019年7/8月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号