小5体育「器械運動|大きく・美しいマット運動」指導アイデア

執筆/広島県公立小学校教諭・南角 明
編集委員/国立教育政策研究所 教育課程調査官・高田彬成、広島県公立小学校校長・平岡弘資

授業づくりのポイント

マット運動は、技のポイントが明確であるため、掲示物や学習カードを工夫し、子供どうしが課題解決に向けて学び合う活動を充実させましょう。

子供は、中学年までに、基本的な回転技や倒立技に取り組んできました。5年生では、それらの技を安定して行ったり、発展技に取り組んだりするとともに、できるようになった技の組み合わせを考え、連続技として演技を行うなど、運動の楽しさを広げていきましょう。

全ての子供が運動の楽しさや喜びに触れるマット運動にするためのポイントは、二つです。

一つ目は、3-4人のグループによる学習です。マット運動は自らの演技を演技者自身で観ることができないため、ペアやグループで互いに観察し合うことで、課題を見付けたり、技の達成を感じたりすることができます。その際、ICT機器を活用するとさらに効果的に観察できます。

二つ目は、スモールステップによる技の習得です。導入の段階で易しい運動に段階的に取り組んだり、易しい場や条件のもとで取り組める場を設定したりすることです。マット運動は、子供が日常生活では経験することが少ない動きが多くあるため、新しい技に挑戦するまでに十分に感覚つくりの運動に取り組みましょう。

単元計画の例(全6時間)

単元計画の例」
クリックすると別ウィンドウで開きます

感覚つくりの運動を、やってみる

毎時間授業の導入で、技の習得に必要なスモールステップとして、感覚つくりの運動に取り組みましょう。また、新しい技のポイント、技ができるようになるための易しい場の設定や練習の仕方を知ったり、自らの課題に気付いたりするために、グループで互いの動きを観察し、アドバイスをし合いましょう。

感覚つくりの運動

ゆりかご

ゆりかご

大きなゆりかご

大きなゆりかご

かえるの足打ち

かえるの足打ち

川跳び越し

川跳び越し

手押し車

手押し車

前転

前転

後転

後転

壁登り逆立ち

壁登り逆立ち

ブリッジ

ブリッジ

チャレンジタイム1 接転技のポイントと課題解決の場

大きな前転

技のポイント

技のポイント

課題解決の場や練習方法

課題解決の場や練習方法

大きな前転がうまくいかないときは、大きなゆりかごの練習をしてみよう。

跳び前転

技のポイント

技のポイント

課題解決の場や練習方法

課題解決の場や練習方法

開脚前転

技のポイント

技のポイント

課題解決の場や練習方法

課題解決の場や練習方法

開脚後転

技のポイント

技のポイント

課題解決の場や練習方法

課題解決の場や練習方法

チャレンジタイム2 ほん転技のポイントと課題解決の場

ここに注目!「楽しい!」「もっとやりたい!」マット運動に

国立教育政策研究所 教育課程調査官 高田彬成

5年生のマット運動は、4年生までに学習した回転系(前転など)や巧技系(補助倒立など)を踏まえ、自己の能力に適した技が安定してできることに楽しさを感じるとともに、子供によってはその発展技に取り組むことも想定されます。

また、本稿のように、技の組み合わせにも意識が向くと、楽しさがさらに増すことでしょう。

まずは一人ひとりの技能の習得の状況を把握し、個々の課題に応じた練習の場や用具等を整えることが大切です。

子供が自分の課題を解決するための場を選び、活動を工夫して取り組む際、友達どうしの見合いや教え合いを重視することは、個々の技能の向上に役立つだけでなく、思考・判断・表現の指導にもつながります。

安全面を最優先としながら、子供の課題と活動が合っているかを見極め、それぞれの場に応じた指導を行い、子供の「楽しい!」「もっとやりたい!」の声をたくさん引き出したいところです。

イラスト/たなかあさこ

『小五教育技術』2018年11月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号