小4体育「表現運動(表現)」指導アイデア①

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
小4体育「表現運動(表現)」指導アイデア バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小4体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「表現運動(表現)」の単元を扱います。

執筆/札幌市立公立小学校教諭・村上雅之
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   札幌市立公立小学校校長 ・大牧眞一

単元名

ハプニングがいっぱい! 無人島探検に行こう!

「年間計画表」はこちら

単元目標

●知識及び技能
表現の行い方を知るとともに、題材「無人島探検」の主な特徴を捉え、表したい感じをひと流れの動きで踊ることができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
自己の能力に適した課題を見付け、題材の特徴を捉えた踊り方や交流の仕方を工夫するとともに、考えたことを友達に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
表現に進んで取り組み、誰とでも仲よく踊ったり、友達の動きや考えを認めたり、場の安全に気を付けたりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

中学年の表現運動は、自己の心身を解き放して、イメージやリズムの世界に没入してなりきって踊るとともに、互いのよさを生かし合って友達と交流して踊る楽しさや喜びに触れることのできる運動です。

本事例は、変化に富んだ多様なイメージを捉えることができる題材として「無人島探検」をテーマとしています。無人島にある「ジャングルエリア」「海中エリア」「テントエリア」の3つのエリアで、それぞれ特徴的な場面を捉え、生き物や自然、空想などの多様なイメージを踊る学習を通して、即興的に表現する能力や友達と豊かにかかわり合うコミュニケーション能力などを培えるように学習を展開していきます。

単元前半では、無人島の3つのエリアの特徴的な場面や動きを即興で表現し、ひと流れの動きで踊ります。

単元後半では、自分たちで選んだ場面をイメージして、ひと流れの動きで踊ります。

表したい場面がよく分かるようにグループの友達と協力して工夫することで、互いのよさを生かし合って踊る楽しさや喜びに触れることができるようにします。

なお、運動中はマスクを外すように指導するとともに、地域の感染状況に応じて不必要に大声を出さないよう指導するなど、感染予防にも配慮しましょう。

 

単元計画(例)

小4体育「表現運動(表現)」指導アイデア 単元表

楽しもう

無人島探検隊になって、いろいろな場所を探検!

子供が自己の心身を解き放して、イメージの世界に没入できるように、単元の前半は、学習の見通しをもち、心と体をほぐす運動に取り組むとともに、無人島探検の特徴的な場面について、ひと流れの動きにして踊りながらその行い方を知ることができるようにします。

単元の導入では、無人島の地図を活用しながら、生息していそうな生物や起こりそうな出来事などを子供が想像することを促すとともに、学習の進め方や単元の目標を確認し、学習の見通しをもつことができるようにします。

 

●無人島の地図の例

探検する無人島の各エリアをイメージできるようにすることで、学習の見通しをもつことができるようにする。

小4体育「表現運動(表現)」指導アイデア イラスト


資料①「無人島の地図の例」
※ダウンロードはこちら

 

毎時間のはじめに、けがを防止するとともに、表現することや友達とかかわりながら運動することに意欲的でない子供も心身を解き放すことができるように、友達と組んでできる簡単な表現遊びなどの、心と体をほぐす運動を取り入れます。

 

●心と体をほぐす運動の例

・だるまさんが○○した

小4体育「表現運動(表現)」指導アイデア イラスト

・新聞紙になろう

小4体育「表現運動(表現)」指導アイデア イラスト


資料②「心と体をほぐす運動の例」
※ダウンロードはこちら

 

子供がイメージの世界にさらに没入できるように、イメージマップやイメージカードを手だてとして活用します。

生息していそうな生物や起こりそうな出来事などを、イメージマップを活用して多様な場面の想像をふくらませたり、イメージカードからさらにその先の想像を引き出したりすることができるようにしていきます。

小4体育「表現運動(表現)」指導アイデア イラスト


資料③「イメージマップと使い方の例」
※ダウンロードはこちら

  

小4体育「表現運動(表現)」指導アイデア イラスト


資料④「イメージカードと使い方の例」
※ダウンロードはこちら

 

単元の前半では、教師がリードし、ひと流れの動きにして踊りながら、その行い方を知ることができるようにしていきます。

3つのエリアの特徴的な場面を、表したい感じを中心に動きを誇張したり変化を付けたりして、メリハリ(緩急・強弱)のあるひと流れの動きにして、即興的に表現できるようにしていきます。

また、子供が表現運動に進んで取り組むことができるように、子供の考えた動きや工夫した動きを紹介したり、価値付けたりしていくかかわりをすることも大切です。

 

動画 「小学校中学年体育~15表現:文部科学省」

 

小4体育「表現運動(表現)」指導アイデア②
「もっと楽しもう」はこちら 

イラスト/斉木のりこ

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小3 国語科「これがわたしのお気に入り」板書例&全時間の指導アイデア
・小1 国語科「いいこといっぱい、一年生」板書例&全時間の指導アイデア
・小5外国語 Unit 8「Who is your hero? あこがれの人について発表しよう」指導アイデア②
・小6外国語 Unit 8「My Future, My Dream」の指導アイデア②
・小5外国語 Unit 8「Who is your hero? あこがれの人について発表しよう」指導アイデア①
・小6外国語 Unit 8「My Future, My Dream」の指導アイデア①
・小3 国語科「わたしたちの学校じまん」全時間の板書&指導アイデア
・小4外国語活動 Unit 9「This is my day.」指導アイデア
・小3外国語活動 Unit 9「Who are you?」指導アイデア
・小6体育「陸上運動(ハードル走)」指導アイデア②
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

最新情報をプッシュ通知で配信中です。

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号