• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

小1算数「なかまあつめ」指導アイデア

2020/3/29

執筆/福岡教育大学附属久留米小学校教諭・廣木 伸
編集委員/国立教育政策研究所教育課程調査官・笠井健一、福岡教育大学教授・清水紀宏

本時のねらいと評価規準

(本時の位置 3/4)

本時のねらい
集合の要素の個数の大小を、おはじきなどの媒介物による1対1対応によって判断することができるようにする。

評価規準
おはじきで置き替える1対1対応による数の大小の比べ方を理解し、数の大小を比べることができる。(知識・理解、技能)

問題場面

あそんでいる きつねさんと うさぎさんは、どちらが おおいですか。

問題

キツネさんとウサギさんは、何をしているのかな?

ボールで遊んでいます。

楽しそうですね。同じ人数で遊んでいるみたいだね。

え? キツネさんが多いよ。

多いのは、ウサギさんじゃないの?

あれ? 同じじゃないの? じゃあ今日は、ウサギさんとキツネさんはどちらが多いのか調べてみましょう。どうすれば、どちらが多いかわかるかな?

本時の学習のねらい

どちらがおおいかしらべよう。

見通し

・線で結ぶ。

・絵カードを動かす。

・おはじきを置いて、並び替える。

前の時間は、どのように比べたかな?

線で結んだよ。

カードを動かしたよ。

今日は、カードを使わないことにします。

でも、線は引きにくそう。

今日は、おはじきを使ってみましょう。

自力解決の様子

A:つまずいている子
・おはじきをきちんと置けない(落ちがあるなど)。
・おはじきを置いた後、どうしてよいかわからない。

B:素朴に解いている子
・おはじきを適当に並べ、比較している。

B:素朴に解いている子
・おはじきを適当に並べ、比較している。

C:ねらい通りに解いている子
・おはじきを上下にそろえて並べ、比較している。

C:ねらい通りに解いている子
・おはじきを上下にそろえて並べ、比較している。

自力解決と学び合いのポイント

全ての子供がねらい通りに解決するわけではありません。前出の「自力解決の様子」でのAの子供に対しては、同じ種類の動物には同じおはじきを置くことなど、おはじきを用いて比べる方法を個別に指導します。この時、落ちがないかを確かめるよう促します。Bの子供に対しては、Cの子供の解答との比較を通して、おはじきをそろえることの大切さに気付かせましょう。Cの子供に対しては、Bの解答との比較を通して、自分の考えのよさに気付かせましょう。

こうした学び合いを実現するために、それぞれの解決方法を板書して、おはじきを使った1対1の対応による比べ方を比較させて、確実に理解させましょう。

板書例
クリックすると別ウィンドウで開きます

ウサギの上に赤のおはじきを、キツネの上に青のおはじきを1個ずつ確実に置いてから、並べ替えるようにします。次に、おはじきを対応させて、余りに印を付けます。

全体発表とそれぞれの考えの関連付け

どちらが多いか比べるときに、どちらの並べ方がわかりやすいですか。

下のほうがわかりやすいと思います。

なぜ、下のほうがわかりやすいと思ったのかな?

赤と青がそろっていて、赤が多いとすぐにわかります。

そろっているほうが、線をかきやすいです。

(以下、本時のまとめをする)

本時のまとめ

端からおはじきを並べると、どちらが多いか調べることができる。

評価問題

ぶたさんと ぱんださんが あそびに きたよ。どちらが おおいかな。

ペープサートで視覚的に移動した動物を1匹ずつ見せる。

評価問題おはじき

移動した動物を1匹1匹に対応させて、おはじきを置いていく。

期待する子供の姿

教師が動かした動物に対応させて、おはじきをそろえて並べることができている。

子供の感想例

おはじきを使うと、どちらが多いかわかりました。

動いて見えなくなるものでも、おはじきを並べて比べられました。

ワンポイントアドバイス

国立教育政策研究所 教育課程調査官・笠井 健一

本単元は、第一学年の数と計算の最初の部分を担うもので、ものとものとを対応させて、ものの個数を比べる活動から始め、ものの個数を正しく数えたり、個数を数字で表したりすることができるようにしていきます。

「なかまあつめ」では、おはじきという媒介物を用いた1対1対応の学習を取り扱っています。

前時までに、線を引いたり、対象を操作したりして、1対1対応による数の大小について学習してきています。線を引くのが難しいということを意識させ、おはじきで置き替えて比較するよさに気付かせましょう。

また、おはじきをマス目にきちんと並べることも、併せておさえておくとよいでしょう。なお、評価については、別の場面の大小比較の問題で十分ですが、1つのアイディアとして紹介しました。

イラスト/佐藤雅枝 横井智美

『小一教育技術』2018年4月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『授業の工夫』の記事一覧

3観点の趣旨を共通理解し、子どもの学習改善につながる評価を

新学習指導要領の下で、学習評価はどう変わるのでしょうか。基本的な考え方や具体的な改善の方向性について、中央教育審議会の評価に関する議論に主査として関わった東京大…

2020/5/26

小4社会「ごみの処理と再利用」指導アイデア

小4社会「ごみの処理と再利用」の指導アイデアです。ごみを処理する事業について、処理の仕組みや再利用について調べ、その事業が果たす役割を考えていきます。ごみを処理…

小4算数「四角形を調べよう」指導アイデア

小4算数「四角形を調べよう」指導アイデアです。四角形を分類する活動を通して、台形と平行四辺形の意味を理解します。

カリスマ教師ぬまっちが休校中にしていること、子供に出した課題とは?

新型コロナウイルスの影響で休校が長引いている学校が多い中、子供たちの学びを止めないために、試行錯誤を重ねている学校も多いと思います。
子供の自主性を伸ばす教育…

小6理科「植物の養分と水の通り道」指導アイデア

生活経験を基に、植物の体のつくりと働きについて問題を見いだし、既習の知識と関連づけながら、自然の事物・現象について理解を図り、観察、実験などに関する技能を身に付…

音読指導どうする?ウィズコロナの国語授業のつくり方

新型コロナ対策で、音読や交流活動に制限がある中、国語の授業をどのようにつくるべきか? 長年音読活動を重視して教育を行ってきた佐藤隆史先生が、このコロナ禍の中でで…

オンライン授業で現場教師が直面する5つの課題

多くの自治体で小学校の長期休校が続く中、今年度初めてオンライン授業導入に踏み切ったという京都教育大学附属桃山小学校。校内でプロジェクトを先導してきた二人の先生に…

小5社会「稲作の盛んな地域」指導アイデア

小5社会「稲作の盛んな地域」の指導アイデアです。生産量の変化、生産工程、人々の協力関係、技術の向上、稲作に関わる人々の工夫や努力を調べてまとめ、国民の食料を確保…

小5体育「ボール運動(ゴール型)」指導のポイント

小5体育「ボール運動(ゴール型)」の指導ポイントです。ハンドボールは、ボール操作やシュートが比較的簡単なので、「ボールを持たないときの動き」を身に付けやすい教材…

アルファベットの書き順は指導すべき?外国語学習指導のQ&A

本格的に始動した小学校での外国語学習。 見取りの視点や興味・関心の引き出し方など、 教科書だけではわからないかもしれないポイントを、小学校外国語科検定教科書の編…

もっと見る