小1算数「なかまあつめ」指導アイデア

関連タグ

執筆/福岡教育大学附属久留米小学校教諭・廣木 伸
編集委員/国立教育政策研究所教育課程調査官・笠井健一、福岡教育大学教授・清水紀宏

本時のねらいと評価規準

(本時の位置 3/4)

本時のねらい
集合の要素の個数の大小を、おはじきなどの媒介物による1対1対応によって判断することができるようにする。

評価規準
おはじきで置き替える1対1対応による数の大小の比べ方を理解し、数の大小を比べることができる。(知識・理解、技能)

問題場面

あそんでいる きつねさんと うさぎさんは、どちらが おおいですか。

問題

キツネさんとウサギさんは、何をしているのかな?

ボールで遊んでいます。

楽しそうですね。同じ人数で遊んでいるみたいだね。

え? キツネさんが多いよ。

多いのは、ウサギさんじゃないの?

あれ? 同じじゃないの? じゃあ今日は、ウサギさんとキツネさんはどちらが多いのか調べてみましょう。どうすれば、どちらが多いかわかるかな?

本時の学習のねらい

どちらがおおいかしらべよう。

見通し

・線で結ぶ。

・絵カードを動かす。

・おはじきを置いて、並び替える。

前の時間は、どのように比べたかな?

線で結んだよ。

カードを動かしたよ。

今日は、カードを使わないことにします。

でも、線は引きにくそう。

今日は、おはじきを使ってみましょう。

自力解決の様子

A:つまずいている子
・おはじきをきちんと置けない(落ちがあるなど)。
・おはじきを置いた後、どうしてよいかわからない。

B:素朴に解いている子
・おはじきを適当に並べ、比較している。

B:素朴に解いている子
・おはじきを適当に並べ、比較している。

C:ねらい通りに解いている子
・おはじきを上下にそろえて並べ、比較している。

C:ねらい通りに解いている子
・おはじきを上下にそろえて並べ、比較している。

自力解決と学び合いのポイント

全ての子供がねらい通りに解決するわけではありません。前出の「自力解決の様子」でのAの子供に対しては、同じ種類の動物には同じおはじきを置くことなど、おはじきを用いて比べる方法を個別に指導します。この時、落ちがないかを確かめるよう促します。Bの子供に対しては、Cの子供の解答との比較を通して、おはじきをそろえることの大切さに気付かせましょう。Cの子供に対しては、Bの解答との比較を通して、自分の考えのよさに気付かせましょう。

こうした学び合いを実現するために、それぞれの解決方法を板書して、おはじきを使った1対1の対応による比べ方を比較させて、確実に理解させましょう。

板書例
クリックすると別ウィンドウで開きます

ウサギの上に赤のおはじきを、キツネの上に青のおはじきを1個ずつ確実に置いてから、並べ替えるようにします。次に、おはじきを対応させて、余りに印を付けます。

全体発表とそれぞれの考えの関連付け

どちらが多いか比べるときに、どちらの並べ方がわかりやすいですか。

下のほうがわかりやすいと思います。

なぜ、下のほうがわかりやすいと思ったのかな?

赤と青がそろっていて、赤が多いとすぐにわかります。

そろっているほうが、線をかきやすいです。

(以下、本時のまとめをする)

本時のまとめ

端からおはじきを並べると、どちらが多いか調べることができる。

評価問題

ぶたさんと ぱんださんが あそびに きたよ。どちらが おおいかな。

ペープサートで視覚的に移動した動物を1匹ずつ見せる。

評価問題おはじき

移動した動物を1匹1匹に対応させて、おはじきを置いていく。

期待する子供の姿

教師が動かした動物に対応させて、おはじきをそろえて並べることができている。

子供の感想例

おはじきを使うと、どちらが多いかわかりました。

動いて見えなくなるものでも、おはじきを並べて比べられました。

ワンポイントアドバイス

国立教育政策研究所 教育課程調査官・笠井 健一

本単元は、第一学年の数と計算の最初の部分を担うもので、ものとものとを対応させて、ものの個数を比べる活動から始め、ものの個数を正しく数えたり、個数を数字で表したりすることができるようにしていきます。

「なかまあつめ」では、おはじきという媒介物を用いた1対1対応の学習を取り扱っています。

前時までに、線を引いたり、対象を操作したりして、1対1対応による数の大小について学習してきています。線を引くのが難しいということを意識させ、おはじきで置き替えて比較するよさに気付かせましょう。

また、おはじきをマス目にきちんと並べることも、併せておさえておくとよいでしょう。なお、評価については、別の場面の大小比較の問題で十分ですが、1つのアイディアとして紹介しました。

イラスト/佐藤雅枝 横井智美

『小一教育技術』2018年4月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号