小6理科「水よう液の性質」指導アイデア

関連タグ

執筆/福岡県公立小学校教諭・山田和樹
編集委員/文部科学省教科調査官・鳴川哲也、福岡県公立小学校校長・津島大輔

単元のねらい

水に溶けている物に着目して、それらによる水溶液の性質や働きの違いを多面的に調べる活動を通して、水溶液の性質や働きについての理解を図り、観察、実験などに関する技能を身に付けるとともに、主により妥当な考えをつくりだす力や主体的に問題解決しようとする態度を育成する。

単元の流れ(三次 総時数 10時間)

第一次 水よう液にとけているもの(4時間)

① 水溶液を見たり、においを調べたりして気付いたことを話し合い、水溶液に溶けている物を取り出す。(1時間)
② 炭酸水に溶けている物を、取り出す。(2時間)

☆水に溶けている「物」に着目させる
においがあったり、泡が出ていたりと、「水に溶けている物」が様々にあることから、それらを取り出す方法や、取り出した物を判別する方法について、話し合う中で「質的・実体的」な見方を働かせていることを意識させます。

話し合う中で「質的・実体的」な見方を働かせていることを意識させる

③ 二酸化炭素を水に溶かして炭酸水を作る。(1時間)

第二次 酸性・中性・アルカリ性の水よう液(2時間)

① 水溶液には、酸性・中性・アルカリ性のものがあることを、リトマス紙を使って調べる。(1時間)
② ムラサキキャベツ液やBTB液を使って身の回りの液体の液性を調べる。(1時間)

第三次 金属をとかす水よう液(4時間)

① 塩酸のはたらきを調べる。(2時間)
② 溶液から取り出した物の性質を調べる。(2時間)

☆塩酸に入れる前と後の金属の質の変化をとらえる
塩酸に入れた鉄やアルミニウムについて、金属光沢やもう一度塩酸に入れたときの反応など多面的な視点で調べることにより、金属の質の変化についてのより妥当な考えをつくり出すことができるようにします。

単元の導入

① 無色透明な水溶液から気付いたことを話し合おう

食塩水や炭酸水、塩酸、石灰水、アンモニア水など、透明な水溶液を複数準備し、気付いたことを話し合います。

食塩水・炭酸水・塩酸・石灰水・アンモニア水

見た目は似ていても、泡が出ているものや、においが違うものがあるね。

溶けているものが違うのかな。

活動アイデア

予想を基に実験方法を考え、結果を見通したり、2つの実験から多面的に結果を整理したりすることを通して、より妥当な考えをつくりだすといった資質・能力を育成しましょう。

授業の展開例(第三次 第3時)

自然事象への関わり

前時での塩酸でアルミニウムが溶けた様子を想起したり、実際にアルミニウムが溶けた水溶液を見たりする活動を通して本時の問題を見いだします。

問題
塩酸にとけたアルミニウムはどうなったのだろうか。

予想

食塩やミョウバンが水に溶けたときと違って、泡が出ていたね。でも、溶けた物がアルミニウムであることは間違いないのだから、水溶液の中にあると思うよ。

泡が出ていたから、別のものに変わったのではないかな。

前時にアルミニウムが泡を出しながら塩酸に溶けた様子を写真やノート記録などを基に想起させます。食塩やミョウバンを水に溶かしたときの経験を想起させ、溶ける様子を比較させてもよいでしょう。
子供たちが問題を見いだし、解決の見通しをもつことができるようにします。

解決方法の立案

まだ残っているのならば、熱すると取り出せるかもしれないね。取り出したものについて調べてみよう。

解決方法の立案についてもこれまでの生活経験や既習事項などから、子供たちの様々な意見を取り上げましょう。
また、子供同士で検証可能かどうかについて検討することも大切です。

もしアルミニウムなら、もう一度塩酸に入れると、この前と同じように泡が出て溶けるはずだよ。

食塩を食塩水から取り出したときは、見た目も元の食塩そっくりだったね。アルミニウムはどうかな。

観察、実験

自分たちが考えた方法で、実験します。

【溶かす前のアルミニウムの見た目と比較】

アルミニウムが溶けた液体を熱して出てきた個体
アルミニウムが溶けた液体を熱して出てきた個体

この個体を塩酸に入れる

【アルミニウムの溶け方と比較】

アルミニウムを溶かす
泡は出ない

実験は必ず理科室で行いましょう。その際、保護メガネの使用や換気などの安全指導も徹底しましょう。

結果

実験結果は、表にまとめるとひと目で分かります。

結果表(アルミニウム・出てきた個体)

考察

見た目も、塩酸に入れたときの様子も、出てきた個体はアルミニウムと違っていたね。アルミニウムの特徴と違うということは、取り出したものは別のものになったのではないかな。

2つの実験結果を基に考察することで「塩酸に溶けたアルミニウムは別のものに変わった」という妥当な考えを導き出すことができます。塩酸に溶けた鉄や、水酸化ナトリウム水溶液に溶けたアルミニウム等についてもふれることで、「水溶液には金属を溶かし、別のものに変化させるものがある。」という考えをつくることができます。

結論

アルミニウムは、塩酸にとけて別のものに変わる。


イラスト/横井智美

『教育技術 小五小六』2020年11月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号