新任も現職も必見 学校管理職の仕事見通しガイド

新年度に向けて、校長や副校長・教頭、主幹教諭へと昇任した新任管理職が多く誕生します。また、異動により新たな職場での職務をスタートさせる者も多いことでしょう。
新たな立場、環境で新年度を迎える学校管理職にとって、膨大かつ多岐にわたる職務を整理し、効率的・効果的に進めていくことは学校経営上きわめて重要な課題。このページでは、1年間を見通した取り組みの進め方や、校長および副校長・教頭、主幹・主任等の具体的な役割と動き方などを解説。各月の学校だより作成のポイントや教職員への声かけ例も紹介しているので、ぜひ1年間を通して活用してください。

執筆/熊谷茂樹・桃﨑剛寿・和田節子

「学校管理職の仕事見通しガイド」は有料コンテンツです。各記事内でご購入ください。
1記事を購入することで本特集内の全記事をお読みいただけます。記事末の注意事項もあわせてお読みください。

小学校編

中学校編

執筆者プロフィール
〈小学校編〉
熊谷茂樹(埼玉県川口市立朝日東小学校 前校長)
〈中学校編〉
桃﨑剛寿(熊本県熊本市立京陵中学校 校長)
〈協力〉
和田節子(福島県南相馬市立原町第二中学校 校長)

◎本特集は『総合教育技術』2019年連載「今月の学校経営」に加筆したものです。

 

  • ※購入日の翌日を1日目と数えます。購入履歴(日時)は マイページにてご確認いただけます。
  • ※月額制ではありません。期間終了後に自動更新して新たなお支払いが発生することはありませんのでご安心ください。
  • ※個別の領収書発行はできません。経費請求等の帳票としては、小学館ペイメントサービスからの購入完了メール、もしくはマイページの購入履歴、クレジットカードのご利用明細等をご利用ください。
  • ※デジタルコンテンツの性質上、ご購入後の返品・返金には対応できません。

特定商取引法に基づく表記>>

雑誌最新号