小6国語「忘れられない言葉」指導アイデア

関連タグ

教材名:「忘れられない言葉」他 光村図書

指導事項:B「書くこと」 ア、ウ

執筆/千葉大学教育学部附属小学校教諭・時田裕
編集委員/文部科学省教科調査官・菊池英慈 千葉大学教育学部附属小学校副校長・大木圭

小6国語「忘れられない言葉」指導アイデアのイメージイラスト

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

「随筆」というものに子供たちが初めて触れ、実際に書く活動を通して、随筆に書く事柄について決めたり、自分の経験と考えを区別したりしながら書くことをねらった単元です。

随筆は、自分の思いや考えがあることで成り立つため、それらをもたせることができるかが重要になってきます。また多くの場合、自分の経験談が思いや考えを形成する根拠になります。〈経験談〉と〈思いや考え〉、この両方を注意して書き分けることが大切です。

②言語活動とその特徴

随筆に馴染みのない子供がほとんどであることが予想されますので、「随筆って面白そう」と感じさせられるかが、単元のポイントになります。

「随筆」という名前に堅苦しさを感じてしまう子供が多いようであれば、「エッセイ」という言葉を用いて、子供に親しみやすいエッセイを紹介しながら授業を進めてもよいでしょう。

例えば、さくらももこの『もものかんづめ』や椎名誠のエッセイなどなら、子供たちはある程度、理解できる内容となっています。また、定義しにくいのも、随筆の特徴の一つです。

「随筆とは……」と言葉を尽くして説明したくなるところですが、その定義は難しいと思われます。「単元を終えたときに、何となく随筆のイメージが捉えられていれば十分」というような気持ちで、単元に臨んでもよいのではないでしょうか。

随筆を書く子供がほとんどであることを考えると、一つの大きな工夫をするのではなく、単元全体にわたって細かく、たくさんの工夫をする必要があるでしょう。随筆を書く用紙も、書き直しが容易にできるように、罫線のみの用紙にするなどの工夫が必要です。

※ただし厳密には、「エッセイ」の語源は、随筆とは異なります。

単元の展開(7時間扱い)

主な学習活動

第一次(1時)

◎読み手として、随筆の面白さを知る。
①学習の見通しをもつ。
・「ふわふわの雪」を読み、筆者の考えについて知る。
・「明日の私は新しい」を読んだあと、「忘れられない言葉について随筆を書く」という単元の学習計画を知る。
→アイデア1

第二次(2~6時)

◎書き手として、随筆の面白さを知る。
②忘れられない言葉と、言葉に出合ったときのことを書き出す。
・下学年で使っていた教科書や低学年で読み聞かせをしてもらった本など、それまでの学習活動が想起できるものを示す。
→アイデア2

③随筆の文章構成や工夫点を知る。
・「ふわふわの雪」と「明日の私は新しい」の共通している点と異なる点について考え、構成の特徴を知る。

④イメージマップを描き、書く事柄を考える。
→アイデア3

⑤⑥随筆を書く。

第三次(7時)

⑦完成した随筆を読み合い、感想を交流する。

アイデア1 「随筆って面白そう!」と感じさせる

随筆には筆者の思いや考えが書かれています。そこで、「ふわふわの雪」や「明日の私は新しい」の筆者の考えに共感できるかどうか、自由に発言させてみましょう。

「ふわふわの雪」の場合、寒い地方の子供たちは、共感する子も多いでしょう。一方、暖かい地方の子供たちにとって、雪は物珍しい、楽しみなものかもしれません。そういった場合、驚きの方が多いかもしれません。

考えを出し合ってみると、随筆に対する親しみが湧いてくるはずです。この段階は、随筆の〈読み手〉として、「随筆って面白そう!」と感じさせる段階です。続いて、随筆の〈書き手〉としての意識をもたせ始めます。

書いた作品をどのような形でまとめるのか、また、それを誰が読むのかを明らかにすることで、単元のゴールが明確になります。例えば、書いた随筆をクラスで1冊の冊子にまとめ、学級文庫に置く場合、冊子の表紙をあらかじめ用意して見せることで、子供たちの意識は高まります。

冊子の表紙をあらかじめ用意して見せることで、子供たちの意識は高まります。

アイデア2 随筆に書くテーマを考える

随筆のテーマとなる「忘れられない言葉」が思い浮かばない場合、本などを参考にしながら言葉を決める必要があります。それは以前から知っている言葉ではなくなりますので、「心に響いた名言」ということになりますが、それでも随筆は書くことができます。伝記の中の偉人の言葉になる場合もあるでしょう。

また、スポーツ選手や著名人の言葉に、子供たちは親しみを感じるかもしれません。その他、四字熟語、故事成語や慣用句、さらに『子ども論語塾』なども参考になるかもしれません。さらに、「言葉」で書くことが難しそうな場合、他のテーマで随筆を書くこともできます。

例えば、「動詞を題名にする」ということも考えられます。「別れる」、「旅立つ」、「はばたく」などのテーマを挙げると、6年生にとって自分を見つめ直すよい機会になることでしょう。

アイデア3 イメージマップから書く事柄を決め、書き始める

「忘れられない言葉」(または「心に響いた名言」など)が決まったら、その言葉を中心にイメージマップを描きます。下の図の場合、中心に言葉を書き、その言葉に出合ったときのこと、現在感じていることなどを書きました。

▼イメージマップ

イメージマップ

言葉が最初から一つに絞れない場合、中心を「忘れられない言葉」とし、周辺に候補となる言葉を書き出し、その言葉に関わる経験談などを書きながら言葉を決めます。

イメージマップを描いたあと、随筆を書き始めます。ここで改めて教科書に載せられているモデル文が効果を発揮します。2編の随筆の中から真似したい方の随筆を選び、そのページを開いた状態で書き始めましょう。

子供の机上には、イメージマップとモデルにしたい随筆の開かれたページが置かれ、二つを参考にしながら随筆を書きます。また、冒頭に書いたように、〈思いや考え〉と〈経験談〉を書き分ける必要があります。

作品が完成してきたら、両方が書かれているか振り返らせましょう。教室後ろに、「声出しコーナー」を用意し、そこで自分の作品を音読させると、推敲できるでしょう。

イラスト/畠山きょうこ

『教育技術 小五小六』2020年2月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号