小1体育「器械・器具を使っての運動遊び」指導のポイント

関連タグ

執筆/熊本県公立小学校教諭・酒井直孝
編集委員/前スポーツ庁政策課教科調査官・高田彬成、熊本県公立小学校教頭・村上剛史

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び」指導のポイント

授業づくりのポイント

動きの楽しさ、友達と運動する喜びを

跳び箱を使った運動遊びは、踏み切りや支持などにより、跳び箱を乗り越えたり跳び越えたりして楽しむ運動遊びです。子どもが普段の学校生活では味わうことのできない動きを身に付けていきます。そのため、どの子どもにとっても安心して夢中になって取り組める場や跳び箱の高さを設定し、楽しみながら動きを身に付けられるように学習を展開していくことが重要です。

さらには、自分の力に合った動きに何度もチャレンジし、友達と一緒に取り組んだり、協力したりしながら、できるようになった喜びを味わえるようにすることが大切です。

単元計画(例)

単元計画(例)
クリックすると、別ウィンドウで開きます

※単元前半は跳び箱を使った運動遊びの楽しさに触れ、後半は複数のコースに分かれ、いろいろな運動を楽しむことを想定しています。

楽しむ① 「跳び箱を使った運動遊び」を楽しもう

前半では、片足で踏み切ったり、両足で踏み切ったりして、いろいろな動きを楽しみながらたくさん行います。たくさん行えるように、2、3人で1台の跳び箱を使ったり、5人グループで、踏み越し跳びの場、支持でまたぎ乗り・またぎ下りの場、支持で跳び乗り・跳び下りの場を設置して、連続で跳べるようにしたりするといいですね。

また、着地を両足で「ピタッ」とできるように好きなポーズで1秒間静止する「インスタ映えタイム」を設定すると、子どもたちも楽しみながら活動できます。そして、子どもの「もっとやってみたい」という思いを生かし、ペアやグループで交流できる活動を取り入れて、意欲を引き出していきます。

【学習1】跳び箱を使った運動遊びを楽しもう

片足で踏み切ろう

踏み越し跳び

足を前に出すと遠くまで行けるよ

両足で踏み切ろう

●支持でまたぎ乗り・またぎ下り

支持でまたぎ乗り・またぎ下り

●支持で跳び乗り・跳び下り

支持で跳び乗り・跳び下り

片足で踏み切ったり両足で踏み切ったりして、跳び箱を踏み越したり、またぎ乗ったりまたぎ越したりしてみよう。また、両足で着地を行い、ポーズを決めると格好いいね。

【学習2】友達と運動を楽しもう

グループで楽しもう

●踏み越し跳び
●支持でまたぎ乗り・またぎ下り
●支持で跳び乗り・跳び下り

踏み越し跳び、支持でまたぎ乗り・またぎ下り、支持で跳び乗り・跳び下り

3つの遊びで、着地点を点数化し、グループごとの競争をすることで子どもたちの意欲が高まり、遠くに跳んだり、手で強く押したりすることができます。

「トン、ピタッ」「トン、パン、ピタッ」「トン、パン、ポン、ピタッ」など擬音語を子どもたちが出し合うと楽しく活動できます。

また、着地の場所を競う活動をすることで、子どもたちの意欲も高まり、より大きく力強い跳び方や下り方ができます。

〈運動遊びが苦手な子どもへの配慮〉
跳び箱が苦手な子どもには、低い跳び箱に取り組めるようにしたり、跳び箱の手前に台を置いて跳び乗りやすくしたりして、動きが身に付くようにしていきます。

楽しむ②「じゃんけんランド」を楽しもう

後半では、ドキドキワクワクしながら跳び箱遊びに取り組むことができるように、跳び箱を6つ使ってじゃんけんランドの場をつくります。

リズミカルに跳び箱を踏み越したり、またいだ姿勢で移動したり、跳び箱に両手を着いて跳び乗ったりしながら、相手と出会ったらじゃんけんをします。負けたら自分のグループの最後尾に並び、勝ったらそのまま進んでいきます。最後の跳び箱を下りると勝ちとなります。

全員が各じゃんけんランドを経験できるように、1つの場を6分間続けて行います(6分×3つの場)。グループの勝敗は、何回勝ったかで決定していきます。

競争に夢中になるとけがをする可能性もありますので、「足を踏み外さない」「両足で着地する」「手を開いて着手する」などの事前指導を十分に行うように心がけましょう。

【学習2】じゃんけんランドに挑戦し、跳び箱の達人になろう

●踏み越しじゃんけんランド

踏み越しじゃんけんランド

●またぎ乗りじゃんけんランド

またぎ乗りじゃんけんランド

●跳び乗りじゃんけんランド

跳び乗りじゃんけんランド

苦手な子どもたちがいる場合は、段数を低くしたり、跳び箱を横に並べたり、距離を短くしたりして安心して楽しめるルールに変えながら活動ができるようにしていきます。
また、スムーズにできている子どもたちの動きを紹介して、その動きを広げるようにするといいですね。子どもたちの頑張りを認めたり、チームワークのよいグループをほめたりしていきましょう。

イラスト/たなかあさこ、横井智美

『教育技術 小一小二』2019年12月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号