小3理科「植物をそだてよう」指導アイデア

関連タグ

執筆/福岡県公立小学校教諭・藤永真良
編集委員/文部科学省教科調査官・鳴川哲也、福岡県公立小学校校長・古澤律子

小3理科「植物をそだてよう」指導アイデア
写真/金川秀人

単元のねらい

複数の種類の植物を育てるなかで、成長の過程や体のつくりに着目して、それらを比較しながら調べる活動を通して、植物の育ち方や体のつくりについての理解を図り、観察などに関する技能を身に付けるとともに、主に差異点や共通点を基に、問題を見いだす力や生物を愛護する態度、主体的に問題解決しようとする態度を育成する。

単元の流れ(総時数 13時間)

一次 種まき・育つ様子(5時間)

① 植物の育ち方の予想
② 種の観察
③ 種まき
④ 芽が出た後の様子
⑤ 子葉が出た後の様子

二次 育つ様子と体のつくり(根・茎・葉)(2時間)

① 育つ様子
② 植物の体のつくり

三次 育つ様子と花の様子(2時間)

①② 育つ様子 花の観察

四次 花が咲いた後の様子(4時間)

① 花が咲いた後の植物の様子
②③ 植物の育ち方をまとめる
④ 学んだことを確かめよう

単元デザインのポイント

学習全体の見通しをもつ

第一次から第四次まで、継続して植物の成長の過程を調べます。これまでの栽培経験などを基に、植物の成長を予想し、その後の学習に見通しをもてるようにします。調べたことを基に、次ごとにふり返ることで、新たな問題を見いだすようにします。学習経験を十分に生かし、主体的な問題解決をさせましょう。

観察の視点の確認

この単元は、理科学習の学び方を押さえるのに適した単元です。予想を基に、育ち方を調べる方法について確認をし、観察の視点をしっかりと決めましょう。その際、子供の予想を確かめるためには、どんなところを観察したらよいかを考えさせながら、一緒に決めます。また、それを教室掲示し、いつでもふり返れるようにしましょう。

見方 主として「共通性・多様性」

「共通性・多様性」というメガネで見てみよう!

共通性:体のつくり・・・根・茎・葉
育ち方・・・種 → 子葉が出る → 茎がのびる・葉の数が増える → 花が咲く → 実ができる → 枯れる

多様性:種の形や色、大きさ、体の形など植物によって違う。

考え方
観察したことを基に、種の形や育ち方を「比較して」考える。

これでばっちり!! 単元の導入はこうしよう!

その植物について知っていることを発表させる

子供たちが興味を持てるように、写真や実物を見せたり、その植物について知っていることを発表させたりします。

矢印マーク

これから育てる植物がどのような順序で育つか、予想します。そのときに、これまでの栽培経験などをふり返り、問題を見いだすようにします。

活動アイディア

資質・能力の育成をめざして!!

複数の植物の世話を同時にするなど、自分が決めた対象と密にかかわりをもたせましょう。栽培活動を継続したり、比較観察を通して共通点や差異点を基に見いだした問題を追究したりすることで、生物を愛護する態度や主体的に問題解決しようとする態度といった資質・能力を育成しましょう。

授業の展開例

芽が出た後の様子

【自然事象へのかかわり】

ヒマワリとホウセンカの芽

ヒマワリもホウセンカも芽が出たよ。

植物が芽を出すタイミングはそれぞれ違うため、変化に気が付いたときに観察できるようにします。子供が自由に観察できるように、観察カードなどはすぐ手に取れる場所に常備するとよいでしょう。

【問題】

芽が出た後の様子は、ヒマワリとホウセンカでは同じだろうか。

【予想】

アサガオと同じように、ヒマワリとホウセンカも2枚の葉が出て、様子は同じだと思う。

【解決方法の立案】

数や大きさも大事だったね!

色や形に注目して観察すればよかったよね!

観察する視点の確認をしましょう。葉については、色・形・数・大きさなどの視点で観察できるようにします。また、植物全体の大きさにも注目できるようにします。

【観察、実験】【結果】

ヒマワリ

  • 高さが1cmくらい。
  • 子葉の数は2枚で色は緑色。
  • 葉の形は少し丸いよ。

ホウセンカ

  • 高さが8mmくらい。
  • 子葉の数は2枚で色は緑色。
  • 葉の形は丸くて、少しへこんでいるところがあるよ。

観察カードの記録を基に、共通点や差異点について話し合います。「共通性・多様性」の視点で、植物の育ち方や体のつくりを捉えさせるようにします。
観察カードを比較できるようにする単元全体のまとめをするときに、それぞれの植物を比較できるように、観察カードはまとめておく必要があります。クリアファイルに入れて掲示したり、厚紙に貼り、蛇腹型にしてまとめたりするとよいでしょう。

【考察】

予想通りで、ヒマワリとホウセンカの子葉の数はどちらも2枚で同じだった。でも、葉の形や全体の大きさは違ったから、植物によって違うことが分かった。

それぞれの発芽の様子を視点別に比較し、共通点や差異点を基に、育ち方について考察しまとめられるようにします。

【結論】

ヒマワリとホウセンカでは、子葉の形に違いはあるが、どちらも数は2枚で同じである。

【次時に向けての予想】

同じように葉の数が増えるんじゃないかな。

ヒマワリのほうが茎が伸びていくんじゃないかな。

ぼくは花が咲くと思うよ。

花はまだ咲かないと思うよ。茎が伸びていくのが先だと思う。

学習の最後に、子葉が出た後の植物の育ち方について予想をしておきます。どのように成長するか見通しをもちながら世話することで、変化に気が付けるようにしましょう。

ここが最大のポイント!!

この単元では、子供たち自ら植物を育て、成長の変化を見ることを通して、その変化に不思議さを感じたり、成長を喜んだりできることが一番の魅力です。また、観察記録を残すことで、自分の学びを自覚できるとともに、成長過程での気付きや問題が連続し、主体的に問題解決しようとする態度に結び付きます。


イラスト/横井智美、たなかあさこ

『教育技術 小三小四』2019年5月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号