小5国語「あなたは、どう考える」指導アイデア

教材名:「あなたは、どう考える」光村図書

指導事項:〔知識及び技能〕(1) カ 〔思考力、判断力、表現力等〕C(1)ウ 
言語活動:ア

執筆/熊本市教育委員会指導主事・中尾聡志
編集委員/文部科学省教科調査官・大塚健太郎、茨城大学教育学部附属中学校副校長・丹羽正昇

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元では、目的や意図に応じて、事実と意見とを区別して書き、自分の考えが伝わるように工夫して書き表す力を育てます。特に、自分の「主張」と事実や体験などの具体的な事例である「根拠」を、つながりをもって書いたり、予想される反論を踏まえて書いたりするなどの、説得力ある文章の構成を意識しながら書くことが重要です。

②言語活動とその特徴

本単元では、「読み手が納得する意見文を書き、新聞に投書する」という言語活動を位置付けます。五年生にもなると、書くことに対する苦手意識をもった子供がいます。そのような子供たちにも「書いてみたい」と感じさせることが、書く力を育てる第一歩です。

そのために、ただ意見文を書いて友達と読み合って終わる活動ではなく、教室の外に表現の場を広げ、自分の書く活動が社会とつながりのあるものにすることで、これまでに経験したことのない表現の意欲をもてるようにしていきます。この活動の設定は新聞に限ったものではありません。子供の実態に応じて設定していくとよいでしょう。

意見文を書く経験としては、四年生の時に、本やインターネット等を用いて自然災害について調べ、調べた情報を整理し、自分の考えを理由や説明とともに述べる経験をしています。そこでは、理由や例を複数用いて自分の考えを述べるといった活動でした。本単元では、さらに説得力が増す意見文の書き方を学んでいきます。

その具体が、「①身に付けさせたい資質・能力」の後半で書いている「主張」と「根拠」のつながりを意識して書くことと、予想される反論を踏まえて書くことです。このような書き方ができるようになるためには、自分の意見が客観的な根拠によって裏付けられているかを子供自身で振り返ったり、他者の立場から自分の主張を見直したりすることが必要となってきます。

単元の展開(6時間扱い)

主な学習活動

第一次(1時)

◎学習の見通しをもち、学習計画を立てる。
・相手が納得する意見文を書くためには、自分の主張と根拠につながりをもたせる必要があることや予想される反論を踏まえて書くことのよさについて理解し、文章の構成を工夫して書く見通しをもつ。
→アイデア1 深い学び

【学習課題】自分の考えが読み手に伝わる意見文を書き、新聞に投書しよう。

第二次(2~5時)

◎自分の考えが読み手に伝わるように構成を考えて意見文を書く。
・「主張と根拠のつながり」や「自分の主張に対する反論」について友達と話し合うことを通して、自分の意見文の構成を考え、自分なりの意見文を完成する。
→アイデア2 対話的な学び

第三次(6時)

◎自分の考えが読み手に伝わるように構成を考えて意見文を書く。
・「主張と根拠のつながり」や「自分の主張に対する反論」について友達と話し合うことを通して、自分の意見文の構成を考え、自分なりの意見文を完成する。
→アイデア3 主体的な学び

アイデア1 二つの意見文を比較し、主張と根拠のつながりについて対話する

深い学び

本単元では、読み手を納得させるために、主張と根拠のつながりを意識して書いたり、予想される反論を踏まえて書いたりする力を身に付けます。ただ、子供たちは身に付ける力の価値を実感していないと、深い学びを生み出すことはできません。

そこで、単元導入では、二つの意見文を教師の方で用意して提示し、どちらが読み手を納得させられるかについて話し合う場を設定します。用意する意見文の一方はグッドモデルにし、もう一方はバッドモデルにして用意します。バッドモデルの意見文では、主張と根拠の間に、ちょっとした飛躍を入れておくとよいです。

ただ、どちらか一方を否定するだけの学びでは、深い学びとは言いにくいです。文章の後半には、どちらにも「予想される反論」と「それに対する考え」を書いた段落を入れておきましょう。

主張と根拠のつながりには飛躍があるかもしれませんが、予想される反論を踏まえて書いている部分は共通しており、そのおかげで説得力が増していることに気付くことができると、深い学びが生まれます。

▼意見文のバッドモデル

意見文のバッドモデル

アイデア2 子供同士で尋ね合う場を設定する

対話的な学び

主張と根拠のつながりを強くしたり、反論を踏まえて書いたりすることは、抽象度の高い学びです。このような活動に取り組ませる際には、子供同士で尋ね合う場を設定すると効果的です。構成メモを書き終え、実際に意見文を書く前に設定しましょう。

場を設定する際には、「この主張と根拠で納得できるか」や「自分の主張への反論を踏まえて書いているか」等の観点を示し、単なる尋ね合いではなく、指導事項が身に付く活動にしていきましょう。

場の設定には、ペア作りも重要です。「主張と根拠のつながり」を尋ね合う際には、意図的に主張が共通する子供同士でペアを作り、「あなたの主張と根拠のつながりは弱いんじゃない」や「この根拠よりも別の根拠がいいよ」といった、読み手を納得させるためのアイデアが出るようにしましょう。

「予想される反論」について尋ね合う際には、自分の主張への反論そのものを思い付かない子供もいます。その時には、内容が異なる意見文を書いている子供同士でペアを作り、実際に自分の主張に対して反論してもらいましょう。

例えば、「番号で呼ぶとよいと書いてあるけれど、番号だと気付かない人がいるよ。なぜなら~」といった反論です。このようなやり取りの中で、自分の主張に対する反論が、どのようなものか自覚できるようになります。

アイデア3 完成した文を読み合い、新聞に投書できる意見文かどうかについて交流する

単元終末には、新聞社に投書する最終チェックをするための「プレ投書会」を設定します。意見文を清書するワークシートを、新聞社の投書欄と同じ形式にしておくことで、自分たちの書いた新聞社への投書がより現実的なものになるでしょう。

「プレ投書会」では、友達の投書が新聞に載っていたら自分は納得するかどうか考えさせます。すると、「主張と根拠のつながりを強くして書くこと」や、「予想される反論を踏まえて書き、自分の意見文の納得度を高めること」といった、単元で身に付けた力を基に、友達の意見文を読み直し始めるでしょう。

読み直して気付いたことをしっかりと交流させていきます。友達からの気付きを受けると、子供たちは意見文全体の構成を検討したり、文と文の関係や使っている言葉の効果等を吟味したりし始めます。このような学びを通して、子供たちは単元で身に付けた力に向かって、主体的になるのです。

また、実際に自分たちの意見文の中から新聞に掲載される作品が出たならば、その理由を検証するといった、新たな学びも生み出せると考えます。

この「スーパーマーケットは二十四時間がいい」という主張を支える根拠が、「夜中に急に買いたいものが出てきたことがあるから」ではちょっと弱いね。

もっと読み手を納得させられる根拠が必要ということか。確かに、自分の経験だけでは弱いし、反論として、そのための経費が必要だと言われそうだね。

ということは、根拠は単に自分の経験だけを入れておくといいということではないね。アンケートや統計などを調べて載せた方が納得は生まれるのかもね。

イラスト/横井智美

『教育技術 小五小六』2021年10/11月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号