小1生活「ふゆとあそぼう」指導アイデア

関連タグ

執筆/神奈川県公立小学校教諭・羽生大輔
編集委員/文部科学省教科調査官・渋谷一典、神奈川県公立小学校校長・二宮昭夫

凧揚げをする子供
写真AC

期待する子どもの姿

知識及び技能の基礎

季節によって自然の様子や生活の様子が変わること、冬の自然物を使って遊ぶ面白さや自然の不思議さに気付いている。

思考力、判断力、表現力等の基礎

冬の自然の特徴や他の季節との違いを見付け、冬ならではの遊びや遊びに使う物を工夫してつくっている。

学びに向かう力、人間性等

冬の特徴を生かして生活を楽しくしたり、みんなと楽しみながら、冬の遊びを創り出そうとしたりしている。

子どもの意識と指導の流れ
(12時間)

こんな声や姿を学習につなげたいですね。

子供「外は本当に寒いね。冬休みに、スキーをしたよ。」
子供「もこもこでかわいい手袋は、あったかいよ。 通学路に、霜柱があって、踏んだらザクザクって音がしたよ。」
先生「冬になって、秋からどんなことが変わったかな。みんなで見付けに行きましょう。」

冬休みの思い出を話そう(1時間)

遊びや食べ物、行事など、冬休みの思い出について紹介し合う

冬休み、外で凧揚げをしたよ。

私はスキーに行ったよ。山は雪で真っ白だったよ。

みんなでおせち料理やお雑煮を食べたよ。

目指したい子どもの姿・気付き

ぼくも雪遊びをしてみたいな。

お正月にお餅を食べた人が多いね。

学校の周りにも、冬のものがあるのかな。

冬になって変わったところを見つけに行こう(校庭2時間+地域2時間)

校庭や地域(公園など)に、冬になって変わったところを見つけに行く

秋と比べてどんな様子だったかな。

中庭の池に氷が張っていたよ。

木には葉っぱが全然ないね。

目指したい子どもの姿・気付き

風が冷たくなったね。

桜の枝の先に、つぼみが膨らんでいるよ。

秋と比べて、生き物が少ないね。

見付けた冬について話そう(1時間)

校庭や地域で見付けた自然の様子、服装などの変化について紹介し合う

寒いから、みんな暖かそうな服を着ていたね。

池が凍るなんて、びっくりしたよ。プールにも氷が張るのかな?

目指したい子どもの姿・気付き

冬はほかの季節と違って、一番寒いね。

面白い氷をつくってみたいな。

みんなで冬の遊びや昔の遊びを楽しみたいな。

冬と遊ぼう(5時間)

冬の自然を生かした遊びや、寒くても楽しめる遊びをする

ビニール袋で凧をつくろう。

どうやったら凧が高く揚がるかな。

風でひらひらするように、凧にいろいろな色のテープを付けてみたよ。

おしくらまんじゅうをしてあったまろう。寒さに負けないぞ!

雪だるまをつくるよ。どこにつくろうかな。

雪が積もっているよ!雪合戦をしようよ。

目指したい子どもの姿・気付き

凧に風を当てるようにしたら、高く揚がったよ。

校庭で鬼ごっこをしたら、耳が冷たくなったけど、体はぽかぽかしたよ。

雪だるまは日陰に置くと長持ちするよ。

冬は寒いけれど、いろいろな遊びができて楽しいね。

四季の変化をまとめよう(1時間)

これまでの学習を振り返り、1年を通した季節の変化について話し合う

春は桜の花が咲いていたね。木の様子も変わっていったね。

夏は暑かったけれど、みんなでプールに入って気持ちよかったよ。

秋には虫がたくさんいたよね。

目指したい子どもの姿・気付き

生き物や植物、みんなの食べ物や服装が変わっていったね。

どの季節にも、楽しいことがあったよ。

私は菜の花が咲くから春が好き。次の春が来るのが楽しみだな。

活動のポイント1 
子どもの体験や実感をもとに単元を始める

登下校中の様子や服装、食べ物など様々な話題の中に、冬を感じられる言葉が出てきます。普段から子どもたちの様子を観察したり、子どもたちと会話したりしましょう。

また、冬休みの思い出などを交流する中で、冬ならではの体験、伝統行事や昔の遊びなどの話題が出てくることも考えられます。そんな子どものつぶやきや発言をきっかけにして、単元を始めていきましょう。

子どものつぶやきを逃さない

教師も会話に参加し、身近な出来事から冬の言葉を引き出すのもよいでしょう。

子供1「水たまりが凍っていたよ。この手袋をすると、手が冷たくならないよ。」子供2「昨日は、お鍋を食べたよ。おいしくて、体が温まったよ。」

冬休みの思い出を交流する

各家庭の状況などを踏まえ、交流することで嫌な思いをする子どもが出ないよう配慮します。 はじめに教師が、みんなに共通するような日常的な話題を話すことで、誰でも話しやすい雰囲気をつくります。

子供「おばあちゃんの家に行ったら、雪がたくさん積もっていてびっくりしたよ。」

活動のポイント2 
多様な活動を通して気付きの質を高める

自然の観察や生活の様子、冬ならではの遊びなど、活動や体験の中で気付きの質が高まるよう、多様な活動を取り入れましょう。気付きを促す言葉かけや環境設定など、教師の働きかけが大切です。

探検や観察の中で

見付ける

先生「校庭や地域で、どんなものを見つけましたか。」

• 観察させたい場所やものなどをビンゴにして視点を絞ると、後でほかの季節と比べやすい。
• 空欄もつくっておき、見付けたものを自由に書けるようにする。

観察するもののビンゴのワークシート
クリックすると別ウィンドウで開きます。

比べる

先生「春、夏、秋と、どんなことが違うかな。」

色や形、大きさやにおい、数、暖かさなど、比べるポイントを示します。

• 春~秋の探検の写真を掲示する。
• 気付いたことを絵や文字で残しておく。
• 同じ場所や木など、定点観察する対象を設定する。

例える

先生「雪はどんな感じかな。 何に似ているかな。」
子供1「雪がたくさん積もっているよ。」子供2「ふかふかのベッドみたいだよ。寝転んでみよう。」

遊びの中で

見通す

先生「どんなところに容器を置いておくと、氷ができるかな。」
子供「中庭の池に氷が張っていたよ。この辺に置いたら氷ができそうだよ。」

試す

子供1「どの形の凧がよく揚がるのかな? 一緒に揚げてみようよ。 」子供2「キラキラしたテープを付けたら、きれいに見えるし、よく飛ぶと思うよ。」

活動のポイント3 
いろいろな遊びを通して、季節を感じ冬を楽しむ

体が温かくなる運動遊びや、外で遊べない日も楽しめる伝承遊びや室内遊びなど、冬の遊びはバラエティ豊かです。子どもの興味・関心や地域の特色、子どもの実態に応じて遊びを設定しましょう。

他教科等との関連で学びは深まります。また、子どもの体調に気を配り、冬の健康管理も指導しましょう。

運動遊び

おしくらまんじゅう・鬼ごっこ など

鬼ごっこをする子供たち

• 空気の冷たさや耳が痛くなる感覚、体が温まる感覚など、体の変化と冬の寒さを結び付ける。

☆体育と関連させて

• みんなで体が温かくなる体ほぐしの運動遊びをする。

風や寒さをいかした遊び

かんたん凧

凧

• 画用紙やコピー用紙を使って凧をつくる。インターネットなどで簡単な凧のつくり方がたくさん紹介されている。
• 絵を描いたり、テープやリボンを貼り付けたりして自分だけのオリジナル凧をつくり楽しむ。

いろいろ氷

プリンのカップで作った氷

• 絵の具で色を付けた水をプリンのカップなどいろいろな形の容器に入れ、氷が張る日陰などに一晩置いておく。
• 探検で拾った落ち葉や枝、ビーズやスパンコールなどをそれらに入れて凍らせる。

雪遊び

雪だるま 雪合戦 など

室内遊び

かるた お手玉 こま回し など

☆国語と関連させて

• 冬のことばかるたづくり

☆地域の方に伝承遊びを教えてもらったり、幼稚園や保育園の子どもと一緒に遊ぶなどして交流します。

イラスト/熊アート

『教育技術 小一小二』2020年1月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号