小2生活「秋 わたしの町 大発見」指導アイデア

関連タグ

執筆/宮城県公立小学校教諭・齋藤浩平
編集委員/文部科学省教科調査官・渋谷一典、宮城県公立小学校教諭・鈴木美佐緒

ラーメン屋の夫婦
写真AC

期待する子どもの姿

【知識及び技能の基礎】

地域で働いたり生活したりしている人々や様々な場所、自然と関わりながら生活していることが分かり、地域のよさに気付いている。

【思考力、判断力、表現力等の基礎】

地域で生活したり働いたりしている人々や様々な場所、自然との関わり、人々と適切に接することや安全に生活することについて、これまでの町探検と比べながら自分なりに考えたり振り返ったりして、それを工夫して表現している。

【学びに向かう力、人間性等】

地域で働いたり生活したりしている人々や様々な場所、自然に関心を持ち、親しみや愛着を感じながらそれらの人々と適切に接したり安全に生活したりしようとしている。

子どもの意識と指導の流れ
(16時間)

こんな声や姿を学習につなげたいですね。

事前の押さえ 

アイデア1

先生「育てたい資質・能力は…。 他教科との関連を図っていこう。 地域の一員として自分ごとになるように、どんな仕掛けをしようかな? 地域ともっと連携してやっていけることはないかな? 活動を充実させるためには、どんな人と出会わせようかな?」
クリックすると別ウィンドウで開きます。

秋の町はどんな町?(2時間)

子供「気持ちよく買ってもらえるように、並べ方も工夫しているんだね。」
子供「こんなに重い鍋を使って、大変じゃないんですか?」ラーメン屋さん「お客さんの笑顔を見ると、重いのも気にならないですよ。」

どんな発見があったかな?(2時間)

アイディア2

子供「前の町探検とは 違う発見があったね!ほかの人の発見も聞きたいな。」
子供「季節が変わるとお店の様子も違う気がする。 」子供「横断歩道に立ってくれているおじさんは、いつも私たちを見守ってくれているね。 変わっていないこともあるね!」

春や夏と同様に、見付けた「♡」を大きな地図に描き込み、「♡」が増えていくことで、町への愛着につながります。また、季節ごとに比較することにも役立ちます。

 みんなに伝えたいな!(12時間)

アイディア3

子供「発見したことを伝えたいな。」
矢印
先生「どんな方法で伝えたいですか?」子供「夏の町探検でやったクイズをレベルアップしたいです。」子供「発表会を開いて、お世話になった人たちを招待したいです。」

アイデア1 
内容と資質・能力を学習活動でつなごう。

学習する内容と育てたい資質・ 能力をどのような活動で「つなぐ」かを、考えることも必要になっていきます。町探検では、春、夏、秋と繰り返し行っていくことを通して、学びを深めていくというイメージを再確認しておきましょう。
(参考文献:国立教育政策研究所『国研ライブラリー 資質・能力[理論編]』東洋館出版社 2016年)

生活科における育てる資質や能力、学習活動、内容の相関図
クリックすると別ウィンドウで開きます。

アイデア2 
前回の町探検と比較しよう。

町探検を繰り返し行っていくと、探検先のお店で多くの体験をさせてもらったり、関わってくださった方の思いを知ったりすることができます。その中で、子どもたちは前回の町探検との違いに気付くことでしょう。その違いについての気付きを深めるために、春と夏に行った町探検の掲示物を見たり板書で整理したりしながら比較することが大切です。

また、子どもたちの学びの記録を積み重ねておくことで、気付きにどんな変容があったか、そして、思考がどのように深まっていったのかも見えてきます。  

子供「前に行ったときと、お店の様子が違うね。」
春や夏,秋の探検をまとめた板書。先生「誰かのために」という気持ちはずっと変わらないね。」
先生「この子は、最初はお店の物しか見ていなかったけど、今回はお 店の人が、どんな思いで働いているかについて書いているな。

アイデア3 
発表会に招待しよう。

活動が進んでいくと、お世話になった町の方々に「感謝の気持ちを伝えたい」という思いをもつようになります。感謝の気持ちの伝え方はいろいろあると思いますが、自分たちの学びを発表する会を開くのも一例です。そこに、町探検でお世話になった地域の方々、保護者の方々を招くとよいでしょう。

地域の方々にとっては学校と深くつながる機会、保護者の方々にとっては子どもの成長を知ることのできる機会、そして、子どもたちにとっては自分の成長を実感する機会になります。

司会の子供「パンをつくるときは、おいしくなあれと思いながらつくっていたと言われましたが、パンが売れたときは、どういう気持ちになりますか?」パン屋さん役の子供「パンを買ってもらうと、お客さんも私も笑顔になります。みんなのために、またおいしいパンをつくろうと元気が出ますよ。」
クリックすると別ウィンドウで開きます。

イラスト/熊アート

『教育技術小一小二』2019年10月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号