小1体育「ゲーム(ボールゲーム)」指導のポイント

関連タグ

執筆/熊本県公立小学校教諭・西村正之
編集委員/前スポーツ庁政策課教科調査官・高田彬成、熊本県公立小学校教頭・村上剛史

小1体育「ゲーム(ボールゲーム)」指導のポイント

授業づくりのポイント

投げる経験の少ない子どもの多くは、どのように投げればいいのかという点でつまずき、思うように投げることができないことで、運動への意欲がなかなか高まらないことがあります。ボールゲームの学習では、投の粗形態を確認しつつ、繰り返し夢中で投げることで取り組んでいくような教材を用意することが必要です。

さらに、ルールがシンプルであることと、使う用具が子どもたちの実態に合っていることが大切です。片手で握って投げることができるボールであることと、45分の学習の中で何回も投げることができるゲームになるような工夫をしましょう。

単元計画(例)

ゲーム(ボールゲーム)の単元計画(例)
クリックすると別ウィンドウで開きます

※1時間目を含む4時間は、投げることの楽しさに触れ、5時間目以降はチームで力を合わせて相手コートに投げ入れるゲームを楽しむことを想定しています。

楽しもう① 「ボールゲーム」を楽しもう

ネット型ゲームの入り口として、思わず手に取って投げてみたくなるような道具と投げ込みたいスペースがあることで、子どもたちは、ボールを投げることに夢中になります。そこに、時間の制限や越えなければならない適度な障壁(ネット)、距離に応じた点数などのルールを取り込むことで、楽しいゲームとなります。

さらに、もっと得点するために、障壁(ネット)を投げ越すための動きに気付くような発問や動きづくりを確認する場を工夫し、友達と一緒に運動することや、きまりを守ることの楽しさを味わうことができるようにすることが大切です。どの子もゲームを楽しむことができるよう、制限時間の緩和や、点数に幅をもたせるなどの配慮をしましょう。

どんどんスロー・どんどんラリーを楽しもう

【どんどんスロー】

30秒でどれだけたくさん、ネットを越えて投げ入れることができるかを競い合うことを楽しむゲームです。
チーム対抗戦にすることで、励ましや教え合いをする姿が見られるようにします。また、投げる場所、ネットの高さ、点数による配慮をすることで、どの子も楽しむことができるようにします。

どんどんスロー。「遠くまで投げたいな」「投げ方を真似てみよう」

【ポンポン】
ビニール袋に緩衝材を入れてつくります。竹串で40箇所ほど穴を開けると、つかんだ瞬間に空気が抜けるのでキャッチしやすくなります。

ポンポン

【どんどんラリー】

30秒で落とさずに何回キャッチボールができるかを競い合うことを楽しみます。相手が捕りやすいボールの投げ方、落とさない構えに気付くような声がけをすることが大切です。

どんどんラリー

楽しもう② チームで力を合わせて、ドキドキハラハラするゲームを楽しもう

単元前半の学習では1対1でゲームを楽しみながら、投げる動き、飛球を落とさずに捕る動きを経験しました。

単元後半では、3対3で、「ボンボンを相手コートに投げ入れる」「投げ入れられたボンボンを自コート内に落とさないで、相手コートに投げ入れる」というゲーム(ドキドキゲーム)を楽しみます。チームで声を掛け合いながら、励ましたり教え合ったりすることで、楽しさが増します。どの子も楽しむことができるように配慮されたルールをみんなで考えるようにすることが重要です。

どんどんスロー・どんどんラリーをもっと楽しもう!

はじめのルール

  • 1チームの人数は3人で、3人がプレーを行う。
  • コートの広さは横7m×縦8mで、ネットの高さは120~170㎝。
  • 相手コートに投げ入れ、相手コートに落としたら1点、ネットに当てたりコート外に落としたりしたら相手側の得点。
  • Aチームの3人が1回ずつサーブをしたら、Bチームの3人が1回ずつサーブをする。
  • キャッチは、安全を考慮して、交互にキャッチする。
  • キャッチをしたら、相手コートに投げ入れる。

コートの広さやネットの高さは、子どもの実態に合わせて変えていくようにしましょう。
かけ声やゲームスタートの合図の声を考えたり、ハイタッチをしたりすると盛り上がって一層楽しくなります。

どんどんスロー・どんどんラリー

意欲的でない子・苦手な子への配慮例

  • サーブをする位置を前にする。
  • サーブの回数を増やす。
  • ネットの高さを低くする。
  • 投げ返す時、チームメイトがゆっくり動きの確認をするかけ声をかける。

<簡易ネットの工夫 >

  • 支柱はカラーコーンの下におもりを付けた塩ビパイプ等を差し込む。
  • ネットは二重ゴムひもの間にポリエチレンテープを張る。

<支柱の工夫>

支柱の工夫

イラスト/たなかあさこ、横井智美

『教育技術 小一小二』2019年6月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号