小4体育「水泳運動」指導アイデア

執筆/新潟県公立小学校教諭・高野義友
編集委員/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹、新潟県公立小学校校長・長谷川智

授業づくりのポイント

中学年の水泳運動は、「もぐる・浮く運動」と「浮いて進む運動」で構成されます。低学年で身に付けた動きを基に、水に親しんだり競争したりすることを楽しめるようにします。

もぐる・浮く運動では、いろいろな浮き方やもぐり方を楽しむなかで、全身の力を抜いて浮いたり息を吸ったり吐いたりする基本的な動きや技能を身に付けるようにします。

浮いて進む運動では、すべての泳ぎの基本となるけ伸びをしたり、浮いて呼吸をしながら進む初歩的な泳ぎ(ばた足泳ぎ、かえる足泳ぎ、面かぶり泳ぎなど)で競争したり、記録を伸ばしたりします。

二人組のバディでの学習を取り入れると、安全の確保や学習の効果を高めることができます

単元計画(例)

単元計画(例)

※単元前半は、もぐったり浮いたりする運動を多めに行い、単元後半は、初歩的な泳ぎの記録を伸ばしたり友達と競争したりして楽しみます。

楽しむ① もぐったり浮いたり、浮いて進んだりしよう!

単元前半では、もぐったり浮いたりする活動をたくさん行います。楽しんで行えるように、バディでの活動やじゃんけんを取り入れた活動を中心に進めます。さまざまなバリエーションを用意することで、子供たちが進んで取り組むことができるようにします。

もぐったり浮いたりする動きのなかで、呼吸につながる部分を意識して声をかけます。

また、浮いて進む運動も、単元前半から少しずつ行い、徐々に時間を増やすようにしていきます。

この活動でもバディで交代しながら、け伸びや伏し浮きなど泳ぎにつながる動きを、楽しみながら繰り返し行えるようにするとよいでしょう。

もぐる・浮く運動

じゃんけん底タッチ

じゃんけん底タッチ
息を吐きながらもぐると、もぐりやすいよ。

じゃんけん股くぐり

じゃんけん股くぐり
立っている人が少しお手伝いして押してあげてもいいね。

じゃんけんをして勝った人から行ったり、バディとタイミングを揃えて同時に行ったりすると、繰り返し楽しみながら運動をすることができます。

変身もぐり

変身もぐり

背浮き

背浮き
ビート板を抱えて浮いてもいいよ。バディの友達が背中を支えてあげるのもいいね。

だるま浮き

だるま浮き
息をたくさん吸い込んでから浮いてみよう!

変身浮き

変身浮き

じゃんけんで勝った人が、浮き方二つを指定します(例:伏し浮きからだるま浮き)。できるようになったら三つに増やしてみましょう。

まりつきだるま

まりつきだるま
息を吐くと沈んでしまうから、息を止めて浮いてきてね。

だるま浮きをしている友達の背中を押して、水中に沈めます。浮いてきたら、また押して繰り返します。
やめるタイミングを約束しておくことが大切です。

連続ボビング

連続ボビング

水中で鼻や口から息を吐いたり、跳び上がって空中で息を吸ったりすることが、息継ぎへとつながっていきます

浮いて進む運動

壁キックけ伸び

壁キックけ伸び
体がぴーんと伸びているね。

バディとけ伸び

バディとけ伸び
力を抜いてね。耳は腕にくっつけてね。
バディとけ伸び
おへそを見てグーンと進むぞ!

楽しむ② 記録を伸ばしたり、競争したりしよう!

単元後半は、初歩的な泳ぎを行う時間を多めにとるようにします。初歩的な泳ぎとは、呼吸をしながらのばた足泳ぎやかえる足泳ぎなど、クロールや平泳ぎの前段階となる泳ぎのことです。浮いて呼吸をしながら進むことが大切で、必ずしもクロールや平泳ぎの手や足の動かし方などの泳法にこだわる必要はありません。

また、練習方法や練習の場を選んで学習ができるようにしたり、ビート板やヘルパーなどの補助具を使用できるようにしたりします。

ただ練習をするのではなく、単元前半と同様に、自分の記録を伸ばしたり、バディのシステムを生かして距離や回数を友達と競争したりすることで、泳ぐ楽しさや喜びに触れられるようにするとよいでしょう。

もぐる・浮く運動

単元前半で行ってきたもぐる・浮く運動を、記録に注目したり、バディと競争したりできるように行います。

もぐる・浮く運動
二人でもできるかな。息をたくさん吸って、勢いもつける必要があるね。
もぐる・浮く運動
だんだん人数を増やしてみよう。4人でできるかな?

時間や回数、人数、距離の視点から、競争したり記録を向上したりできるようにします。

浮いて進む運動

け伸び競争

け伸び競争
3回け伸びをして遠くまで行けたほうが勝ちだよ。
さっきより遠くに行くために、あごをちゃんと引くぞ。

ばた足(かえる足)対決

ばた足(かえる足)対決
力を入れすぎて姿勢が悪くなると、進まなくなっちゃうから気を付けよう。

初歩的な泳ぎ

面かぶり泳ぎ

ばた足泳ぎやかえる足泳ぎの面かぶりの泳ぎに挑戦する場を設定します。子供の実態に応じて、キックの場、手の動きの場、キックと手を合わせて試す場を用意します。

キックの場

足のうらで水をグーンと押すようにするぞ。
「いち、にぃ、さーーーん」のリズムで、引きつけて、開いて、閉じて伸びるんだよ。

手の動きの場

ゆっくり大きくかいて、僕の手にのっけてね。

合わせて試す場

「かくー、いち、にぃ、さーーん、」のリズムでいくぞ。

実態に合わせて補助具を使ってもよいでしょう。

呼吸をしながらのばた足泳ぎ・かえる足泳ぎ

呼吸をしながらのばた足泳ぎ・かえる足泳ぎ
「いち、にぃ、さーーん、パッ」のリズムで息継ぎするぞ。

つないでいる手を離したら、息継ぎしてみてね。

ビート板やヘルパーを使うと、息継ぎをしやすいよ。
息継ぎをするときは、腕を下に下げるといいんだったな。

水中で呼吸のタイミングがとりづらい子供には、陸上でタイミングを合わせる練習をしてみましょう。


イラスト/高橋正輝、横井智美

『教育技術 小三小四』2021年6/7月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号