ゲームソフトで “浸るように英語を学ぶ” 夢のようなイマージョン学習とは【PR】

関連タグ

PR/株式会社でらゲー

4月29日に発売されたNintendo Switch™ソフト『べティア ペラペラ英語アドベンチャー』は、外国語の教育で今、話題となっている学習理論「イマージョン学習」をベースにした英語学習プログラムです。韓国生まれの本ゲームを日本で発売するにあたり英会話監修を行った、元文部科学省教科調査官の向後秀明先生(敬愛大学教授)に、ゲームソフトを通して「英語に浸る」学習法についてくわしくお話を伺いました。

向後秀明先生

向後秀明(こうごひであき)敬愛大学英語教育開発センター長・国際学部国際学科教授。22年間の高校教員生活を経て、2008年に千葉県教育庁教育振興部指導課指導主事。その後、2010年に文部科学省初等中等教育局教育課程課・国際教育課外国語教育推進室教科調査官。2017年より現職。学習指導要領の改訂に深く関わり、小学校から大学まで、英語の指導と評価に関する研修を行っている。

学校の中だけでは英語は身に付かない!?

――英語を身に付けるには、小学校での外国語の授業とともに学校外での英語学習が必要となるのでしょうか。

向後 英語が身に付くかどうかは、基本的に英語にどれくらい触れるか、英語を実際にどれだけ使うかに関わってきます。英語に触れる時間、英語を使う時間が増えると身に付く可能性が高くなるということです。現在、外国語(英語)の授業は、通常、小学3年から行われています。小学3年と4年で70単位時間(小学校の1単位時間:45分)、小学5年と6年で140単位時間、中学では3年間で420単位時間(中学の1単位時間:50分)です。学校での授業時間だけでは、おそらく英語は身に付きにくいと考えられます。英語を習得するには、学校と学校外……社会総がかりで子供たちの英語を鍛えていくことが求められます。学校外でもどれだけ英語に触れるか! それが重要です。

――外国語学習は、「知識及び技能」と「思考力・判断力・表現力」が重要だと言われています。知識・技能に陥る授業も見られるようですが……。

向後 現在、小学5年と6年は外国語が国語や算数と同じように教科になっていて、教科書を使って学習します。先生方はとてもまじめなので、教科書を全部こなさないといけないと思われ、勢い、詰め込むような指導になることがあります。知識・技能だけを詰め込む指導だと、子供たちは楽しさを感じることができません。その結果モチベーションが下がり、英語ぎらいを増やす原因となります。

外国語だけではありませんが、自分が何か言いたいことがあって初めてそれを表現したいというモチベーションにつながります。そのように思考・判断のある外国語学習が英語での表現力を伸ばすもとになります。その際、自分の言いたいことを表現するためには知識・技能が必要になるので、自然に知識・技能を付けようと子供たちは頑張るでしょう。英語力を身に付けるには、思考・判断と知識・技能を往還することが大切になります。

ゲームで遊びながら、浸る学習で英語を身に付ける

――外国語教育で話題となっている学習理論「イマージョン学習」について教えてください。

向後 私たちが母語の習得をする過程を思い浮かべてください。乳児期から大人の話す言葉を聞いて育ちます。意味は分かりませんが、音声に慣れ親しみます。そして音として言葉が言えるようになり、あるとき、その言葉と意味が一致し、母語を習得していきます。母語だけの世界に身を置くという「浸る言語学習」と同じように、外国語の習得もその言語に浸るようにすることがもっとも効果が高いと言えるのではないでしょうか。これが「イマージョン学習」の基本なのです。

向後秀明先生

――英語の世界の中に身を置く「イマージョン学習」の心得を教えてください。

向後 日本語を母語にしている私たちは、英語を学習する際に、自然と日本語を介在させます。英語の脇に日本語を置かないと「もやっ」とした曖昧な状態になるからです。しかし、このもやっとした状態になるのは英語学習において全く自然なことで、それにどう対応していくかが重要になります。日本語をなるべく介在させないようにし、英語は英語のまま、はじめのうちは大体の意味が分かればよいと思っていましょう。

同時に、性急にアウトプットする力を求めてはいけません。英語を10インプットしても10のアウトプットは期待できません。せいぜい1程度のアウトプットでしょう。そのため、大量の英語を浴びることが必要なのです。そして継続することも重要です。

――英語に浸る状態を実現できるのが、今回のこのゲームソフト『べティア』なのでしょうか。

向後 はい、そのとおりです。英語だけの世界に浸って、大量の英語を浴び、それを継続していけるゲームが、音声認識による体験型英語学習ゲーム『ベティア ペラペラ英語アドベンチャー』(Nintendo Switch™)(以下、ベティア)です。

この『ベティア』は、あえて日本語を介在させていないので、英語をそのまま英語としてインプットできるのです。ただし、日本語が出てこないのでちょっともやっとした感覚になることがあります。しかし、子供たちはゲームを夢中で楽しみながら、この環境にすぐに慣れるでしょう。

先生も、お父さんお母さんも、一緒に『ベティア』で学ぼう

――大学入学共通テストが、最近変わってきたと聞きますが……。

向後 大学入試の英語といえば、難しい英語の意味を理解して日本語に訳していくというのが基本的な形式だというイメージをお持ちかもしれません。しかし、最近の入試では、一つ一つ日本語に訳していては、時間が足りなくなってしまうという問題をあえて出すようになっています。英語を英語のまま理解していく速読力、高速で処理していく能力が必要になってきました。英語の入試は以前とかなり変わってきたのです。

英語学習でも、頭の中で日本語に置き換えて理解するのではなく、日本語をできるだけ介在させず英語のまま吸収することが必要です。そのため、「すっきりとはいかないけど、なんとなく分かる」という曖昧さへの耐性こそがポイントになります。小学生のうちは正しい文法を気にしすぎないことが大切です。そのうち、自然に正しい文法に注意がいくようになります。それからでも決して遅くありません。

向後秀明先生

――『ベティア』は子供だけでなく、小学校の先生や英語専科の先生にも適しているのでしょうか。

向後 日本語を母語にしている私たちは、英語専科の先生でも、絶えず英語に触れていないと英語力が落ちてきます。それを補うのに、『ベティア』は適しています。英語ばかりの世界に浸れますから。また、英語がちょっと苦手だけど、英語力を上げたいという小学校の先生にも『ベティア』はおすすめです。自分の好きな時間に、楽しみながら英会話に慣れることができます。

――『ベティア』はどのような使い方がおすすめですか。

向後 英語学習といえば、「子供にやらせなければ!」という意識が働くのは保護者の自然な心理です。もちろん、子供たちが『ベティア』を楽しんでプレイするのはよいことだと思います。でも私がおすすめしたいのは、保護者も子供たちといっしょになって『ベティア』で遊んでいただきたいということです。コミュニケーションに特化した『ベティア』を通して、自然と親子のコミュニケーションが弾みますし、親子でゲームを楽しむ時間は子供たちの心をとても充実させ、豊かにさせることでしょう。是非、家族一緒に遊んでください。

遊びながら正しい発音で日常英会話が身に付く体験型英語学習ゲーム

ベティア ペラペラ英語アドベンチャー
Nintendo Switch™ソフト「ベティア ペラペラ英語アドベンチャー」
発売日・2022年4月29日(金)
価格・6,578円(税込) (パッケージ版/ダウンロード版)
プレイ人数・1人
CERO・教育データベース
※本作を遊ぶにはUSBマイクもしくはヘッドセットが必要です。

音声認識による体験型英語学習ゲーム『ベティア ペラペラ英語アドベンチャー』は、ゲーム内の登場人物たちと「聞く」「読む」「話す」「書く」といったコミュニケーション、バトル、アイテム集めなどを通して、遊びながら正しい発音で日常英会話が身に付くイマージョン体験型英会話学習アドベンチャーゲームです。

独自の音声認識エンジンを搭載しており、Nintendo Switch™に接続したマイクに話しかけることで、ゲームを通じて「英語でのコミュニケーション能力」を伸ばすことができます。

英語は、「たべもの」「おもちゃ」「音楽」など日常生活に密着した単語や英会話ばかり。学習指導要領における外国語活動・外国語の目標である「聞くこと」「読むこと」「話すこと(やり取り・発表)」「書くこと」と関連しています。

ゲームのストーリー
『ベティア』は、人々の『英会話』から生まれるエネルギーでできている世界。そこに、英語を奪って世界征服を企むデビルモンたちが襲ってきます。このままでは、ベティアはエネルギー不足で大変なことに! ベティアの世界を探検しながら英語で話したり、聞いたり、書いたり……。ベティアに『英語』を取り戻すことができるでしょうか。

ベティアの街の人たちと英会話をして、ストーリーの謎を解き明かしていきます。

敵とのバトルでは、英会話で相手を攻撃。話す、聞く、書くなど、様々な英語学習の領域を使って戦います。

©DELUXE GAMES INC.・FunCrew INC. All Rights Reserved.

ゲームソフトを読者にプレゼント!

「みんなの教育技術」読者3名に抽選で、Nintendo Switch™ソフト『ベティア ペラペラ英語アドベンチャー』をプレゼントします。下記の応募フォームからご応募ください。

【応募期間】
2022年5月9日(月) 〜2022年5月29日(日)

<注意事項>
※ゲームをプレイするには、本商品以外にNitendo Switch™本体とヘッドセット等のマイク機器が必要です。
※当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。
※応募はお1人様1回とさせていただきます。
※お届け先住所をご登録いただけなかった場合や、ご登録内容に誤り等があった場合には、抽選対象から除外させていただきます。また、賞品の発送は日本国内に限らせていただきます。
※当選者への賞品の発送は締め切りの翌月頃になります。
■個人情報および特定個人情報の適正な取り扱いに関する基本方針については、こちらをご覧ください。

取材・文/浅原孝子 撮影/北村瑞斗

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号