小4体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」指導アイデア②

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
小4体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」 4月 バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小4体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「ゲーム(ネット型)」の単元を扱います。

執筆/北海道公立小学校教諭・大薮真也
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
 北海道公立小学校校長・大牧眞一

単元名

「ゲーム(ネット型ゲーム)」
ワンバウンドバレーボール(つながる楽しさが味わえる易しいゲーム、ネット型ゲーム)

「年間計画表」はこちら

単元目標

●知識及び技能
ネット型ゲームの行い方を知るとともに、基本的なボール操作とボールを操作できる位置に体を移動する動きによって、易しいゲームをすることができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
規則を工夫したり、ゲームの型に応じた簡単な作戦を選んだりするとともに、考えたことを友達に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
運動に進んで取り組み、規則を守り誰とでも仲よく運動をしたり、勝敗を受け入れたり、友達の考えを認めたり、場や用具の安全に気を付けたりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

中学年のネット型ゲームは、自陣の味方にパスをしたり、相手コートに返球したりして、ラリーが続く楽しさや喜びに触れることができる運動です。
ボールの種類やプレイヤーの人数、プレイ上の緩和や制限などの規則を子供が選べるようにするなど、誰もが楽しくゲームできるようにします。
本事例では、ラリーを続けるための基本的なボール操作と、ボールの落下点やボールを操作しやすい位置に体を移動するなどのボールを持たないときの動きによって、ラリーの続くゲームを楽しめるよう難易度を設定しています。
なお、感染症対策としては、地域の感染状況等に応じて、特定のチーム同士の対戦とし、移動できるエリアを区切って制限するなどの工夫が考えられます。また、不必要に大声を出さないようにするなどの感染予防に配慮した指導をします。

単元計画(例)

小4体育 4月 ソフトバレーボールを基にした易しいゲーム 単元

工夫してもっと楽しく運動をしよう

誰もが楽しめるチームに合った規則や簡単な作戦を選ぼう

4時間目は、動きの高まりに応じてゲームの規則を選ぶ活動を設けます。例えば、「3打目をはじいて返球する」というプレイ上の制限を増やすことで、ドキドキ感を味わいながら楽しめる規則の工夫を促すことが考えられます。
5〜6時間目は、チームの状況に応じて、簡単な作戦を選ぶようにします。ゲームの難易度が上がってもチームでボールをつないで相手コートに返すための作戦を選ぶ活動を通して、高く遠くへボールをはじく方法やコートの位置取りなどの役割を工夫してゲームを楽しめるようにします。

【3打目をはじいて返球する規則を選んだ例】

チームでどんな作戦を選ぶといいかな

小4体育 4月 ソフトバレーボールを基にした易しいゲーム

1 人 1 台端末を活用した指導アイデア

ICT端末でゲームの様子を撮影します。自分の動きを客観的に見ることで、動きの課題が明確になります。

 動画でポイントを確認

YouTube「小学校中学年体育〜13 ネット型ゲーム文部科学省」

小4体育「ソフトバレーボールを基にした易しいゲーム」①
「楽しく運動をしよう」はこちら

イラスト/斉木のりこ

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小5 国語科「日常を十七音で」全時間の板書&指導アイデア
・小4 国語科「新聞を作ろう」板書例&全時間の指導アイデア
・小6 国語科「文の組み立て」全時間の板書&授業アイデア
・小6外国語Unit3「旅行代理店でおすすめの国を紹介しよう」指導アイデア①
・小6外国語Unit3「旅行代理店でおすすめの国を紹介しよう」指導アイデア②
・小6 国語科「情報と情報をつなげて伝えるとき」ワークシート・端末活用例&全時間の指導アイデア
・小5外国語 Unit 3 「夢に近づく時間割を紹介しよう」指導アイデア①
・小5外国語 Unit 3 「夢に近づく時間割を紹介しよう」指導アイデア②
・小6 国語科「たのしみは」端末活用例&全時間の指導アイデア
・小2生活「どきどき わくわく 町たんけん」指導アイデア
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号