【更年期が重なり仕事のモチベーションが保てない】

教員29年目公立小学校理科専科です。2年前から理科専科となりました。今年は3年目理科専科と教務主任をしています。コロナ禍で忙しい日々であることと、更年期も重なり、気持ちも体も重くなりつつあります。

また、身近な同僚には管理職以外はみな年下で、相談されるばかりでやや疲れています。 主幹でもなく、主任教諭での教務主任という立場(学校内の事情)です。仕事上大きな問題はありませんが、モチベーションを保つのが、たいへんになってきました。

仕事を辞めようかとも考えたりします。 みなさんは、どのようにこの時期を過ごされているのか、アドバイスしていただけるとうれしいです。(あかべこ先生・50代女性)

仕事の中に遊び心を取り入れてみてはいかがでしょうか

回答者: 東京都公立小学校校長 清水弘美

あかべこ先生、分かります。体の変わり目は心も影響を受けますね。まず、体に関しては変化を受け入れることです。今までなら何でもないことが苦しくなるという現実。無理をしないで自分を甘やかすことに全力を注ぎましょう。

うまくさぼるのはベテランだからこそできる技術です。時が来れば更年期は必ず終わり、そして「あれはなんだったの?」というくらい前向きな気持ちになってきますよ。大丈夫です。必ずその時は来ます。

さて、それでも仕事は続けないとなりません。辛いかどうかは楽しいかどうかです。同じことを繰り返していると、モチベーションが上がりませんね。仕事の中に遊び心を入れてみてはどうでしょうか。

私たちは「何のために教育をしているのか」と言えば、理科専科も担任も小学校も中学校も特別支援教育でも、すべての教育活動の目的は、「人格の完成」と、「社会の形成者としての力を付ける」ためです。簡単に言えば、子供たちに自分の「よさ」と「役割」に気付かせることだけです。

理科の授業もそこへつなげるためにあります。子供たちを見る時に、理科の知識・技能だけではなく、面白いことを言うとか、声がきれいとか、話し方がうまいとか、片づけを進んでやるとか、いつもニコニコしているとか、その子の「よさ」や、「みんなの役に立っている姿」をフィードバックしてみましょう。

「あれ? 先生のほめるところが変わった」と子供たちはすぐ気づき、さらにいい関係が作れますよ。それは私たち教育に関わるものの最高の喜びですね。

また、同じ方法で回りの人たちとも関わってみましょう。相手を幸せにする言葉をかけると、同じだけ自分にも返ってきます。

みんなに頼られているということは、あかべこ先生はきっと素敵な人なのでしょう。そんなあかべこ先生だからこそ、職場を楽しくできます。自分の中だけでなく外を変えていくことで、結局今の自分を変えることにつながりますよ。

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

の記事一覧

雑誌最新号