【異動希望が通らない】

教員5年目です。低学年を5年連続で持っており、次の異動先での人事が心配です。ちなみに、22111という状況です。自分の希望を出しても通らず、いろいろな学年を経験したいと考えているので、異動も視野に入れています。(ナマケモノ先生・20代女性)

希望がかなわなくても、悲観することは何もありません

回答者:教育アドバイザー 多賀一郎

僕の知り合いで、全国的にも有名な先生が、
「来年度、教師20年で初めて一年生の担任です」
と、うれしそうに伝えてくれました。ずっと希望を出していたのにかなわなかったのだそうです。

担任の希望は、多くの先生方が思い通りにならないとおっしゃいます。自分の思いと学校の事情などがうまくかみ合うことは、まれなのです。

若いうちにいろいろな学年を経験したいというのは、真っ当な考えです。若いうちの方が失敗も多いけれど、得ることも多いものですから。

しかし、希望がかなわなくても、悲観することは何もありません。

低学年ばかり担任しているのならば、低学年のスペシャリストを目指してがんばるのも、ありでしょう。

教育には無駄はありません。低学年の子どもたちとの時間も、何度も同じことを繰り返すように見えて、決して同じではありません。そこで新しく学んだことで、あなた自身のレベルアップに必ずつながるでしょう。

次年度、どんな学年になっても、そこで子どもたちと一緒にがんばることが、教師としての先の道を広げることにつながると思います。

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

の記事一覧

雑誌最新号