【不登校児童への対応について】

公立小学校で小学校4年生の担任をしています。私は新卒で教師になり、まだ2年目です。講師経験もなく、本当に未熟者です。私が勤務している小学校は大規模校で、1学年5クラス、1クラスにつき36人います。私の学年、クラスもそうです。今年度2学期まで36人、たまに体調不良で休む子がいてもみんな元気に登校していました。

しかし、3学期になり2人登校を渋るようになりました。片方はインターネット依存で夜眠れず、朝起きられずで生活サイクルが乱れ学校に来られていません。 片方は低学年から渋る素振りはずっとある子でした。お母さんがいつも学校まで送ってきていました。けれど、お母さんが力尽き、最近は送ってくれなくなり学校に来ていません。

私が悩んでいるのは、後者の親子のことです。お母さんを少しでも助けたいと思い、私が毎朝迎えに行って一緒にその子と登校していました。ある日お母さんが、来週は私が門まで送ります、と言ってくれたので、私は迎えに行かず門で待つことにしました。でも、結局その日はその子は登校しませんでした。

迎えに行けば必ず登校するので、私としては毎日行きたい。でも周りの先生方は、毎日迎えに行くことにあまり賛成してくれません。甘えてる、お母さんが頑張らないと、先生1人が頑張っても意味ないよ、ほかにもクラスの子はいるよ、など。

私も重々承知しています。でも、登校を渋ってても、少しでも登校できる可能性があるなら自分を犠牲にしてもいい、そう思っています。周りに理解してくれる人がいません。少しでも背中を押してくれる人が1人でもいたら……と思ってしまいます。

私のしていることはやはり間違っているのでしょうか。誰一人見捨てたくないそう思っての行動は周りから見て、独りよがりなのか……とか色々考えてしまいます。教師としての自信を無くしています。どうしたらよいでしょうか。(匿名先生・20代女性)

不登校児童への認識や対応にずれはないか、今一度確認してみましょう

回答者:元公立小学校教諭、上級教育カウンセラー 八巻寛治

お話を伺って、担任の先生がクラスの子供や保護者に対する優しさや熱心な思いにより行動をされていたのだということが十分に分かります。「誰一人見捨てたくないそう思っての行動」は教師として保護者や子供を支える1つの手立てであると思います。それは心情的には理解できます。

では、その様な熱心な取り組みに対して、毎日迎えに行くことにあまり賛成してくれないのはなぜでしょうか? なぜ同僚の皆さんは
「甘えている(その子に対して)」
「お母さんが頑張らないと(保護者に対して)」
「先生1人が頑張っても意味ないよ、ほかにもクラスの子はいるよ(担任に対して)」
と言うのでしょうか。

私は、それぞれの先生方が、ご自身の経験や体験したことから心配して伝えてくれているのではないかと思います。そうなると先生ご自身が良かれと思って実行していることを否定されたように受け取ってしまいがちですよね、そこで意識のずれが起こってしまうと思います。

意識のずれは、直接お話をして本音を聞くことで解決・解消できますので、ぜひお一人お一人に、そのように伝えた意図や背景を聞いてみることをお勧めいたします。

現在の取り組む姿勢がどのような影響があるか、ほかに担任としてやるべきこと、やった方が良いことはないか振り返っていただけますように、不登校に対する対応を確認していきましょう。

■不登校に対しての認識(捉え方)について
不登校の子供たちの考え方で1つ確認していただきたいのが、社会一般の不登校に対する捉え方です。

不登校の呼び方については、以前は登校拒否と言う呼び方をする時期もありました。どちらかというと学校に対して拒否感を持つと言う捉え方です。ところが最近は不登校に対する捉え方が変わり、学校を休むことがその子にとって有益な場合もあること、一時的にでも体や気持ちを落ち着かせることなどは大切であるというような捉え方がなされるようになってきました。

子供、保護者、教職員それぞれの持っている「学校に通わなければならないという思い込みやとらわれ」が、学校を休むことで回復するはずの症状を悪化させたり、結果として長期間学習の機会を失ったりする事態を生じてしまう場合があります。

まずは我々教職員が不登校に対する意識を変えることが求められています。

■多面的な見方で支援する
「少しでも背中を押してくれる人が1人でもいたら…」
「私のしていることはやはり間違っているのか…」
同僚の方からいろいろな反応があり、ちょっと悲しくなることもあるのは残念なことですね。

ただ、同じ物事でも人によって見方や感じ方等は変わるということがあります。ストレスや不安傾向などはその典型で、何気ない音でもびくっとしたり、ほかの子が注意されたりしているのを見て自分が叱られているように認識してしまう子がいたりもします。

そのように不登校には様々な理由やきっかけをもとにしている場合もあり、本人の持つ課題や学習、友達との人間関係、家族関係など多岐に渡っています。その課題に対応するためには、様々な見方をいろいろな方と論議する中でその子に合った対応・対処の仕方を模索することが大切になります。

不登校の子供が主体的に社会的自立に向かうよう、児童生徒を見守りつつ、不登校のきっかけや継続理由に応じて、適切な支援や働きかけを行う必要があります。

それはつまり、迎えに行っている子と同様にインターネット依存で夜眠れず、朝起きられずに生活サイクルが乱れて学校に登校できない子や保護者に対しても、教師としてはサポートをしていかなければならないということになります。

■学校の組織を使って
全国のほとんどの学校では、不登校対策委員会やケース会議、事例検討(ケース・カンファレンス)と言われる、子供たちへの問題行動や課題対応などを組織で対応するシステムが設置されています。

お勤めの学校にはそのような組織は設置されていないでしょうか? ぜひ確認してみてください。

それらの組織は多くの場合、校長、教頭、主幹教諭・教務主任や養護教諭、教育相談担当、スクールカウンセラーや時にはスクールソーシャルワーカーなども加わって話合いを行い、学級や学年へのサポート、保護者への対応など組織でどのように関わるかを決めたりします。

人はともすると自分の経験や価値で物事を判断してしまうこともありますが、いろいろな考え方や見方をお話しすることで、気づかないことに気づくきっかけをもらうこともあります。

特に不登校はきっかけや要因、状況が多岐にわたっていること、複雑に絡み合っていることもあるので、より多くの方の見取りや考え方を知る上でも大切なことです。

不登校児への具体的な働きかけなどについては、こちらでさらに詳しく解説していますので、ぜひご覧いただければと思います。
↓↓↓
【みんなの教育技術】不登校児の対応について、周囲の理解が得られません

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

の記事一覧

雑誌最新号