• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

7月29日(月)開催の研究会・研修会


第61回 指導と評価大学講座

関東東京都主催:一般社団法人日本図書文化協会/一般財団法人応用教育研究所/日本教育評価研究会

テーマ新教育課程における指導と評価

ねらい「新学習指導要領・新指導要録に対応する」/教育の現場には指導や評価に関する課題が山積しています。特別の教科道徳、小学校英語、プログラミング、育成すべき資質・能力、コンピテンシー、アセスメント(ポートフォリオ等)、いじめ、不登校等です。新たに、「知識・技能、思考力・判断力・表現力、学びに向かう力・人間性(学力の三要素)」「カリキュラム・マネジメント(PDCAの確立)」「主体的・対話的で深い学び」「新指導要録の記入・作成」が加わりました。しかも、世界の教育界の潮流である「確かな証拠に基づいて対応すること」が求められます/本講座は、これらの課題に対応できるように、必要な教師力を理論的、実践的に研修し、習得することを目指すものです。
受講料 10,000円(含資料代)/定員 700名/要申込(図書文化HP参照)

開催期間 2019年7月28日(日)〜 2019年7月30日(火)
開催地住所 千代田区
会場 日本教育会館
開催情報HP http://www.toshobunka.co.jp/workshop/detail.php?eid=00014
主催者情報 〒112-0012 東京都文京区大塚1-4-15 アトラスタワー茗荷谷3F
一般社団法人日本図書文化協会 指導と評価大学講座 係
TEL 03-3947-7031
主催者HP
主催者メール

第68回 全国作文教育研究大会 2019東京大会

関東東京都主催:日本作文の会

テーマすべての子どもに 生活に根ざした表現と 生きる力を

日本作文の会と現地実行委員による年に一度の全国大会です。2019年の東京大会では、「書く」ことによって生まれる「つながり」を大会運営のキャッチフレーズにしています。
大会当日は、①19の分科会と11の講座での学び合い、②浅田次郎氏による記念講演、③ドリアン助川氏による特別講演、④現地実行委員の老若男女の東京のスタッフによる様々な企画などなど。
この東京大会で、全国に多くいるまだ出会ったことのない「仲間」とつながったり、楽しみながら学び合ったりすることで、新学期からの子どもたちへの指導の助けとなれば幸いです。
※参加費 3日間通し前売り券:5,000円、1日前売り券:3,000円(当日参加は各500円増し)/事前申込(HP参照)

開催期間 2019年7月27日(土)〜 2019年7月29日(月)
開催地住所 調布市
会場 桐朋小学校 ポロニアホール
開催情報HP http://nissaku.c.ooco.jp/
主催者情報 〒113-0033 東京都文京区本郷1-20-6 島村ビル 3F
日本作文の会 古川
主催者HP
主催者メール

2019年度 教師海外研修(パラグアイ)五感で学ぶ体験!

中部/東海愛知県主催:独立行政法人国際協力機構 中部センター(JICA中部)

テーマ開発教育・国際理解教育

開発教育・国際理解教育に取り組む教師が、実際に開発途上国を訪問することにより、その現状や国際協力の現場、開発途上国と日本との関係に対する理解を深め、帰国後には、各自授業実践を行い、次世代を担う児童・生徒の教育に役立てていただくことを目的として実施しています。
また、研修終了後も、開発教育・国際理解教育の中核的指導者として活躍いただくことを期待しています。詳しい1年間の流れは、募集要項をご覧ください。
【3つの特長】
1.観光では見られない開発途上国の国際協力や学校等の現場を訪問し、現地の人・協力する日本人・子ども達などと交流や意見交換ができます。
2.チームで共有や収集した現地での気づきや情報を教材化し、授業に活かせます! また、チーム活動を通して、共に学び合う一生の仲間づくりができます!(学び合いやチームビルディングを支援するファシリテーターが同行します)。
3.アクティブ・ラーニング(主体的・対話的で深い学び)にもつながる参加型の開発教育・国際理解教育のプログラムづくりを学べます
*上記の海外研修のほか、国内における事前・事後研修や実践報告フォーラムにも参加していただきます。

参加費 旅費・研修費は無料(海外における宿泊費・食費は自己負担)
定員 10名程度/要申込(5月14日締切/HP参照)

開催期間 2019年7月27日(土)〜 2019年8月9日(金)
開催地住所 パラグアイ(海外研修)、名古屋市
会場 JICA中部(国内研修)
開催情報HP https://www.jica.go.jp/chubu/event/2019/20190727_01.html
主催者情報 事務局(業務委託)
NPO法人NIED・国際理解教育センター JICA研修係 川合
TEL 070-5333-5566
FAX 052-766-6440
主催者HP
主催者メール nied@love-hug.net

第21回 授業づくり・学校づくりセミナー

中部/東海愛知県主催:東海国語教育を学ぶ会

テーマ「対話的学び」「英語教育」など、今、注目の教育について考える

全体会:①これからの英語教育を考える、②学び合う教室文化、③文学の授業づくり、④講演(29日─東京大学大学院教授・秋田喜代美、30日─学習院大学特任教授・佐藤学)/分科会:〔小学校〕社会、算数、国語、図工、〔中学校〕技術、英語/講師:佐藤学、秋田喜代美ほか
参加費 5,000円(1日目のみ参加2,500円、2日目のみ参加2,700円)/要申込(主催者HP参照/6月1日受付開始)

開催期間 2019年7月29日(月)〜 2019年7月30日(火)
開催地住所 名古屋市
会場 名古屋国際会議場
開催情報HP
主催者情報 東海国語教育を学ぶ会
本セミナー事務局 杉前
TEL 090-1672-7027(17時半以降)
主催者HP http://www.ne.jp/asahi/manabukai/tokai-kokugo/
主催者メール kokugomanabukai2015@yahoo.co.jp

発達協会 2019年 実践セミナー

関東東京都主催:公益社団法人発達協会

テーマ発達障害・知的障害のある子の指導・支援に役立つ研修会

7月26日〜27日─A ことばの育ちを支援する─評価法と多様な側面への理解と支援/B 脳の働きに配慮した指導の実際─神経心理学の視点から認知機能について理解を深める
7月28日〜29日─C 子どもと関わる先生のための家族支援講座─愛着障害への理解も含めて/D 発達の評価を学ぶ─知能検査・神経心理学的アセスメントの概要と解釈法
7月30日〜31日─E コミュニケーション特性への理解と支援─学校生活への合理的配慮/F 知的障害・発達障害のある子への保育・療育─関わり方の基本と領域別指導法
8月1日〜2日─G 発達障害・知的障害がある子の「感覚」と認知について学ぶ─リラクセーションのための働きかけも含めて/H 「不器用さ」への理解と支援─家族支援を含めて
8月3日〜4日─I  LD(限局性学習障害)のある子への学習支援─視覚認知への理解も含めて/J 基礎から学ぶ発達障害・知的障害─領域別の指導の実際
8月5日〜6日─K 「行動の問題」の見方と対応の実際─多面的な理解とアプローチ/L ダウン症への理解と生涯発達をふまえたサポート─出生前診断に関する諸問題も含めて
8月7日〜8日─M 特別な関わりが必要な子への保育・幼児教育─子どもへの合理的配慮を含めて/N 発達障害・知的障害がある子の思春期・青年期─中学・高校生期の取り組みを中心に
参加費 一般各15,400円/要申込(主催者HP参照/同じ日程で開催されるセミナーを申し込むことはできません)

開催期間 2019年7月26日(金)〜 2019年8月8日(木)
開催地住所 江東区有明
会場 東京ファッションタウン(TFT)ビル東館 9階研修室
開催情報HP
主催者情報 〒115−0044 東京都北区赤羽南2-10-20
公益社団法人発達協会 研修担当
TEL 03-3903-3800
FAX 03-3903-3836
主催者HP http://www.hattatsu.or.jp/
主催者メール mail@hattatsu.or.jp

カレンダー

背景が色の日には研究会・研修会が登録されています。クリックして詳細をご覧下さい。

日程・内容などに変更が生じる場合もあります、必ず事前にお問い合わせ先にご確認ください。

2019年6月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2019年7月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2019年8月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2019年10月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2019年11月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

教育技術誌

教育技術最新号

最新号の「読みドコロ」を各編集長が解説。
本誌連動のダウンロード素材もこちらから!

ダウンロードふろく付きムック

教育技術ムック、ドラネットブックスの詳細、ふろくのダウンロードはこちらから!