脳科学者・中野信子先生のオンライン学習会を開催します!

脳科学者・認知科学者の中野信子先生が、苦手な同僚・保護者との関係づくりに悩む先生方の疑問に答えます!

ヒトは「いじめ」をやめられない』(小学館新書)、『毒親』(ポプラ新書)、『サイコパス』(文春新書)等、数多くの話題の書を執筆し、教育界にも大きな衝撃を与え続けている中野信子先生。今回は、そんな中野先生の最新刊『「嫌いっ!」の運用』(小学館新書・11月26日発売)のテーマに合わせ、学校現場における「苦手な同僚や保護者」との関係づくりについてお聞きします。

週末の夜、カメラOFFで気軽にご参加いただけますので、ぜひお誘い合わせの上お申し込みください。

【イベント名称】
みんなの教育技術オンライン学習会「中野信子先生に聞く、苦手な同僚・保護者との関係づくり 「嫌いっ!」な人たちとの前向きな付き合い方」

【対象】
全国の学校の先生方、関心の高い保護者の皆様ほか

【開催日時】
2021年1月23日(土) 20:00~21:30

【参加費】
2000円

【申込み先】
下記よりお申し込みください。
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/019zpb11c4rwt.html

【参加方法】
「Zoom」を利用してオンラインで実施します。締め切り後、お申し込みいただいた方に開催前日までにZoom視聴用のURLリンクとパスワードを送らせていただきます。

【プログラム予定】
20:00~20:05 
趣旨説明、スケジュール説明

20:05~21:00 
中野信子先生に聞く「中野先生、湧き上がる嫌悪感を、どう運用すればよいのでしょうか?」 

21:00~21:30
参加者からのQ&A ※リアルタイムで書き込んでいただいた参加者からのご質問に時間の許す限りお答えします。

【プロフィール】

中野信子(なかの・のぶこ)
1975年、東京都生まれ。脳科学者、医学博士、認知科学者。東京大学工学部応用化学科卒業。東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。フランス国立研究所ニューロスピンに博士研究員として勤務後、帰国。脳や心理学をテーマに研究や執筆の活動を精力的に行う。科学の視点から人間社会で起こりうる現象及び人物を読み解く語り口に定評がある。現在、東日本国際大学教授。著書に『ヒトは「いじめ」をやめられない』『キレる!』『「嫌いっ!」の運用』(以上、小学館)、『人は、なぜ他人を許せないのか?』(アスコム)、『空気を読む脳』(講談社)など多数。テレビコメンテーターとしても活躍中。

藤原友和

司会:藤原友和(ふじわら・ともかず)
1977年北海道函館市生まれ。「ファシリテーション・グラフィック」を取り入れた実践研究に取り組む。教師力BRUSH-UPセミナー、函館市国語教育研究会、同道徳研究会所属。

【主催】
小学館 教育技術編集部・ みんなの教育技術

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

先生の教養の記事一覧

雑誌最新号