学校現場×LGBTQをテーマにしたオンライン学習会を開催します!

あなたが担任する学級にも、勤務する職員室にも、LGBTQの当事者たちはいます。今回のみん教オンライン学習会は、学校現場における当事者たちの学びづらさ、働きづらさについて、彼ら、彼女らの視点に立って真面目に考えてみたいと思います。不用意な言動で当事者を傷つけてきた可能性は誰にでもありますが、単なる「懺悔」にとどまらず、「では、明日から何ができるか」について前向きに考えていく会にしましょう。

講師は、ゲイであることをカミングアウトして小学校と大学に務める、鈴木茂義先生。後半は毎度おなじみ藤原友和先生(北海道公立小学校)との対談により、参加者からの質問にもお答えします。

【イベント名称】
みんなの教育技術オンライン学習会「LGBTQの子どもや同僚を、当事者視点に立って理解しよう!」

【対象】
全国の学校の先生方、教育関係者の皆様

【開催日時】
2021年1月17日(日) 20:00~21:30

【参加費】
1000円

【申込み先】
下記よりお申し込みください。
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01gsgf119c20b.html

【参加方法】
「Zoom」を利用してオンラインで実施します。締め切り後、お申し込みいただいた方に開催前日までにZoom視聴用のURLリンクとパスワードを送らせていただきます。

【プログラム予定】
20:00~20:05 
趣旨説明、スケジュール説明

20:05~20:50 
鈴木茂義先生講座「LGBTQの子どもや同僚への配慮について、最低限知っておきたいこと」  

20:50~21:00 
休憩・グラフィックレコーディングの共有

21:00~21:30
対談:鈴木茂義×藤原友和「参加者からのQ&Aと、明日からでも実践できること」

【プロフィール】

鈴木茂義(すずき・しげよし)
公立小学校非常勤講師。上智大学文学部非常勤講師。自治体の相談員。専門は特別支援教育、教育相談、教育カウンセリングなど。文教大学教育学部卒。14年間の正規小学校教諭として勤務を経て現職。オープンリーゲイとして、学校に勤務しながらLGBTや教育に関する講演活動を行い、性の多様性やより良い「生き方」「在り方」について参加者と共に考えている。

藤原友和

司会:藤原友和(ふじわら・ともかず)
1977年北海道函館市生まれ。「ファシリテーション・グラフィック」を取り入れた実践研究に取り組む。教師力BRUSH-UPセミナー、函館市国語教育研究会、同道徳研究会所属。

【主催】
小学館 教育技術編集部・ みんなの教育技術

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

先生の教養の記事一覧

雑誌最新号