小学5年6年「道徳科の授業レポート」スペシャル授業動画【教育技術小五小六3月号購入者特典PR】

関連タグ

『教育技術小五小六』2020年3月号本誌に掲載されている、「小五小六の道徳科 授業レポート」特集。特集ページには、購入者特典のウェブ版映像付録を見られるパスワードが掲載されています。

5年教材『ふくらんだリュックサック』の授業実践と、6年教材『手品師』の授業実践(どちらも広島県福山市立御幸小学校)の動画が視聴可能です。導入から終末までの授業の組み立て方をぜひ映像でご確認ください。

道徳授業

『教育技術 小五小六』2020年3月号の特集ページに記載されているパスワードを入力の上、ご覧ください。
ID・パスワード掲載ページ
『教育技術 小五小六』3月号 32ページ 上端

小五道徳実践動画 「ふくらんだリュックサック」

小五の道徳授業レポートで扱う実践は、「ふくらんだリュックサック」です。感情豊かな先生の読み聞かせと、活発な子どもたちの発言を、動画でご覧ください。

小五道徳実践動画 「ふくらんだリュックサック」

授業の流れ

【導入】
・写真を見せながら公共のきまりやマナーを想起し、そのきまりやマナーはみんなが安全に安心して生活するためのルールだということを確認する。
・テンポよく進めるために、一問一答で進める。

【展開】
・教材の前半を読み聞かせる。
・読みながら、そのシーンを示すイラストを黒板に掲示し、ストーリーを理解させる。
・読み終えたところで基本発問を投げかけ、変わってしまった山を見て登山者のマナーの低下に不満を抱く主人公の気持ちを捉えさせる。

【終末】
・公共のきまりやマナーを守り、日常のなかでさりげなく実践しているよい行いをみんなでふり返り、認め合う。

小六道徳実践動画 「手品師」

小六の道徳授業レポートで扱う実践は、「手品師」です。誠実に生きるとはどんなことなのか考え、自分自身に誠実に行動することで、自らの目指す理想の姿に近づけることに気づかせる授業です。

小六道徳実践動画 「手品師」

授業の流れ

【導入】
・「誠実に生きるとはどんなことか」質問を投げかける。
・教材を読み聞かせる。

【展開】
・読み聞かせ後に、中心発問につながる基本発問として、男の子と軽い気持ちで約束を交わした手品師の思いを押さえさせる。
・手品師が、なぜ男の子との約束を守ろうとしたのかを考えさせ、ワークシートに書かせる。
・「自分との関わり」を考えるため「自分だったらどうするか」とを問う。
・子供たちの意見を整理したところで、授業の最初にした質問をもう一度繰り返す。

【終末】
・導入で尋ねた時の答えと、最後の答えを比べて、子供たちの考え方が広がったことに気づかせ、学びを意識させる。
・ワークシートに自分の考え方をまとめさせる。


どちらの授業でも素晴らしい発問が光ります。ぜひ、授業の参考にしてください。

●映像視聴環境について
・一部のPCでは、Adobe社が無償で配布しているFlash Playerの最新バージョンが必要となります。
・動作環境はサービスの向上を目的に変更することがあります。
・当社は、ご家庭で動画を視聴するために必要な環境(WindowsPC、Mac、Androidタブレット)ならびに光ファイバーなどのブロードバンドインターネット利用環境等の構築・状態・操作・設定等に関して、いかなる場合も一切の責任を負いません。
・配信されるコンテンツの知的財産権は(株)小学館又は原著作者に帰属します。当該コンテンツの複製行為、利用行為等、(株)小学館又は原著作者に帰属する著作権を含む知的財産権侵害する行為について、これを禁止します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号