<受付終了しました>10/3開催!『13歳からのアート思考』末永幸歩先生オンラインワークショップー自分だけの問いや答えが生まれる学びの場ー

連載
先生のためのアート思考(『13歳からのアート思考』末永幸歩先生)

美術教師・アーティスト

末永幸歩

「みんなの教育技術」でも好評連載中! ベストセラー『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者・末永幸歩先生によるオンラインワークショップを開催します。

正解が求められる時代から、自分なりの考えが求められる時代になりつつある社会。そんな中、教育やビジネス界で注目を浴びている考え方が「アート思考」です。コロナ禍のような先行きの見えない昨今の環境において、異なる視点で物事を捉え、自分なりに考えていく思考法はますます重要になるでしょう。多くの教育機関からも絶大な支持を得ている末永先生の講義とアート鑑賞ワークショップでの体験を通して、学んでみませんか?

【こんな方に特にオススメ!】
・「アート思考」「STEAM教育」「探究学習」に興味をお持ちの方
・立場に関係なく、心理的安全性のある中での「深い対話」を体感されたい方
・現在の仕事の仕方に行き詰まりを感じている方

【このワークショップで得られるもの】
1.アート思考を体感することで、STEAM教育や探究学習にも通じる「問いを立てる」ということを、知識ではなく体験として得ることができます。

2.心理的安全性の高い環境で、参加者同士の対話を楽しみ心地よい影響を与え合えます。

3.思い込みを取り払い、教育活動をこれまでとは異なる角度から捉え直すことができます。

アート思考とは、端的に言うと「現代アーティストのものの見方」のこと。
絵心の有無とは無関係! アート思考の前知識のないかたでも、全く問題ありませんのでご安心を。

現代アーティストはどのようにものを見ているのかというと、「常識を疑って」います。

今回のワークショップでは、思い込みを取り払って対象を見つめ直すことで、ものごとに対して「あれ?」と引っかかりを持つ感覚を磨くことができます。

このワークショップは、浦和大学こども学部学校教育学科の「図画工作」(教員志望の学部1年生を主な対象とする)の講義と取り組みを共にしており、ワークショップには、当該大学の大学生が任意参加することがあります。学生たちの発想や挑戦が、ワークショップにご参加される方々にとっても刺激となり、双方向の学び合いが起こることを願っています。

昨年の浦和大学での講義の様子はこちらの記事をご覧ください。
授業づくりはアートです!
「ありえない授業」で思考の枷を外そう!
「よーいスタート」「あと3分」の声かけは絶対に必要?

「既存の教育の常識は、必ずしも数十年後の教育の常識であるとは限りません。教員一人ひとりが自分の頭で考えてほしい、そんな思いでこの授業を行っています」(末永先生)

たくさんのご参加をお待ちしています!


【イベント名称】
『13歳からのアート思考』末永幸歩先生オンラインワークショップー自分だけの問いや答えが生まれる学びの場ー

【対象】
全国の学校の先生方、教育関係者、保護者の方、ほかどなたでも受講いただけます。

【開催日時】
2022年10月3日(月) 18:00~19:45
下記よりお申し込みください(締め切りは9月29日(木) 18:00です)

【プログラム予定】
・<講義1> アート思考とは 〜正解のない時代に必要な力〜

・<参加型・アート鑑賞ワークショップ> 〜アート鑑賞のプロセスを通じた思考体験〜
主観と事実を行き来する
前提を疑う
視点を変える
自分なりの答えをつくる
・<講義2> アート思考への理解を深める
・<学びの総括> 意見交換・Q&A

※プログラム内容や時間は変更となる場合があります。予めご了承ください。

【参加方法】
「Zoom」を利用してオンラインで実施します。締め切り後、お申し込みいただいた方に開催前日までにZoom視聴用のURLリンクとパスワードを送らせていただきます。

【参加について】
参加費:3000円(オンラインのみ)
※会の性質上、見逃し配信はありません。
※ワークショップには、当該大学の学生が任意参加することがあります。また、本ワークショップはZOOM上でレコーディングし、後日、YouTubeの限定公開の形態で、当該講義の履修学生が期間限定で閲覧します。
※ワークショップは、ブレイクアウトセッションでの活動を含みますが、ブレイクアウトセッション中のレコーディングは行いません。
※ZOOMに表示される表示名を変更していただいたり、レコーディング中は画面オフでご参加いただくことも可能です(ブレイクアウトセッションについては可能な限り画面オンでのご参加をお願いいたします)。

【10月3日追記:ブレイクアウトセッションは行わず、カメラ・音声オフでの参加もOKとなりました。チャットは利用できる環境を推奨します】

【講師プロフィール】

末永先生プロフィール写真

末永幸歩(すえなが・ゆきほ)
武蔵野美術大学造形学部卒、東京学芸大学大学院教育学研究科(美術教育)修了。東京学芸大学個人研究員、浦和大学こども学部講師、九州大学大学院芸術工学府講師。中学・高校で展開してきた「モノの見方がガラッと変わる」と話題の授業を体験できる「『自分だけの答え』が見つかる13歳からのアート思考」(ダイヤモンド社)は17万部を超えるベストセラーとなっている。


下記よりお申し込みください(締め切りは9月29日 18:00です)
↓ ↓ ↓

【主催】
小学館 教育編集室/みんなの教育技術

【関連記事】
先生のためのアート思考(『13歳からのアート思考』末永幸歩先生)シリーズはこちら!
・まずは新聞紙を破ってみてから考えよう<アート思考を育むアート鑑賞vol.2>
・<受付終了しました>10/3開催!『13歳からのアート思考』末永幸歩先生オンラインワークショップー自分だけの問いや答えが生まれる学びの場ー
・たこ焼きを作ろうとして、桃ができたことはありますか?<アート思考を育むアート鑑賞vol.1>
・あなたもできる!「ありえない授業」実践編【ワークシートつき】
・授業づくりはアートです!<思考のタガを外すありえない授業vol.1>
・授業の常識を疑おう!<思考のタガを外すありえない授業vol.2>
・定番の声かけを問い直す<思考のタガを外すありえない授業vol.3>
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
連載
先生のためのアート思考(『13歳からのアート思考』末永幸歩先生)

美術教師・アーティスト

末永幸歩

教師の学びの記事一覧

雑誌最新号