小2 国語科「お手紙」 板書例&全時間の指導アイデア

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

文部科学省教科調査官の監修のもと、小2国語科「お手紙」(光村図書)の各時の板書例、発問、想定される児童の発言、ワークシート例、1人1台端末の活用例等、全時間の授業実践例を紹介します。

小二 国語科 教材名:お手紙(光村図書・こくご 二下)

監修/文部科学省教科調査官・大塚健太郎
編集委員/京都府京都市総合教育センター指導室指導主事・吉田夏紀
執筆/京都府京都市立御所南小学校・塩見美穂

1. 単元で身に付けたい資質・能力

本単元は、場面の様子や登場人物の行動を具体的に想像し、物語を解釈する力を育てていきます。
二人の登場人物の行動や会話から、何をしたのか、なぜしたのかなどを具体的に思い描き、物語を豊かに想像しながら読み進めていきます。
また、語のまとまりや言葉の響きなどに気を付けて音読することができるようにしていきます。
低学年では、音読することを通して語のまとまりを確かめられるようにするとともに、繰り返し声に出して読むことで、「誰が何をした」「どのようなことを言った」など、内容が理解できるようにします。

2. 単元の評価規準

単元の評価規準

3. 言語活動とその特徴

本単元では、「音読劇をする」という言語活動を位置付けます。
登場人物なって声に出して読むことで、登場人物の行動を具体的に想像していきます。本教材「お手紙」は、がまくんとかえるくんの二人の登場人物の行動を中心に、場所や時間の移り変わりがはっきり描かれた作品です。会話文が中心の作品なので、会話の際の二人の「位置」「距離」「しぐさ」「顔の向き」などを考えることで、二人の行動を具体的に想像して読むことを目指します。
簡単な動作を付けて演じる音読劇は、場面の様子を想像することに役立ちます。また、叙述や挿絵から分かること、登場人物の行動に関わる語句に立ち止まり、何度も音読して考えたり動作化したりすることで、より具体的に登場人物の行動を想像していきましょう。

4. 指導のアイデア

〈主体的な学び〉 音読劇発表会で「声に出して音読したい」「音読するって楽しそう」を引き出す

主体的な学びを生み出す上で大切なのは、学ぶことに興味や関心を抱き、見通しをもって学習を進められるようにすることです。低学年の児童が「楽しそう」「やってみたい」という思いをもって学習できるように工夫しましょう。
子供たちは、「音読劇をする」という言語活動を通して、「がまくんとかえるくん、どっちの役をやりたいかな。」「どの場面を選ぼうかな。」「もっと詳しく読みたいな。」と物語に何度も向き合うでしょう。また、想像したことを声にのせて表現したり、動作化をしたりすることで楽しみながら物語のイメージを膨らませるでしょう。音読劇を通して想像したことを表現することは内容の理解を深め、主体的に学ぶことにつながると考えます。音読劇をするという目的意識をもって、楽しみながら学習に向かえるように工夫しましょう。

〈対話的な学び〉 どのように音読するか話し合う

ペアでがまくんとかえるくんの役割を決めて音読することで、互いの位置関係を工夫したり、場面の様子や登場人物の行動からどんな表情や声で読めばよいか考えたりすることが必要になります。役割を決め、どの会話文を誰が、どのように読むのか話し合いながら内容を確かめることで、対話的な学びの実現を目指します。
例えば、会話文が続くところでは、それぞれの会話は誰が言ったのか、子供たちは音読したり対話を通して確かめたりするでしょう。
また、「あきあきしたよ」「急いで帰りました」「ベッドで寝ています」などの動きを実際に動作化することで、内容を捉えることにつながると共に、行動や会話から想像する力を育てることにもつながっていきます。
子供たちが動きながら音読することができるように、活動できる場の設定を工夫しましょう。

〈深い学び〉 登場人物になりきって、互いに助言することで学びを深める

声に出して読むことは、響きやリズムを感じながら言葉のもつ意味を捉えることに役立ちます。
「ああいいお手紙だ」「きみが」など、声に出すことで表情や口調などから想像を膨らませ、登場人物の気持ちに気付くことができます。
役割を決めて友達と音読を聞き合い、「どのように音読するか」を考えることを通して、正しく内容を捉えることと、捉えた内容から想像を広げることを目指します。
役割を決めて何度も音読しながらお互いの音読を聞き合う、その後、どう音読するかについてまた話し合うことを通して、より具体的に想像を広げられるようにしましょう。

5. 1人1台端末活用の位置付けと指導のポイント

録画機能を活用し、学びを記録・共有する
子供たちが音読している様子を録画したり、その動画を見返したりすることで、お話から想像したことを表すことができているかな、こんなふうに言ったんじゃないかな、ちょっとちがうななどと試行錯誤しながら、何度も音読することにつながります。
また、単元の終盤で音読劇の練習をする学習活動においても、それぞれのペアやグループの音読の様子を指導者が確認し、適切な助言や評価につなげることもできます。
さらに、発表会においても、全ての子供たちの保護者が参観し、直接劇を見ることは難しい面もあるでしょう。1人1台端末を家に持って帰り、録画した音読劇をおうちの人に見せたり、コメントを書き込んでもらったりすることで、おうちの人に音読劇を見てもらいたいという子供たちの学びへの意欲や思いを実現することができます。

6. 単元の展開(11時間扱い)

 単元名: そうぞうしたことを、音読げきであらわそう

【主な学習活動】
・第一次(1時2時3時
① 教材文「お手紙」に出会ったり音読劇のイメージをもったりすることで、学習の見通しをもつ。
②「だれ」が「どんなことをした」かというお話の大体を捉え、学習計画を立てる。
③ 場所や登場人物の行動を確かめて読み、場面に分ける。

・第二次(4時5時6時7時8時
④ がまくんが手紙を待っている場面を音読し、二人の行動を具体的に想像する。
⑤ かえるくんが家に帰った場面を音読し、登場人物の行動を具体的に想像する。
⑥ かえるくんががまくんの家に戻ってきて、手紙を待つ場面を音読し、二人の行動を具体的に想像する。
⑦ 二人で手紙を待つ場面を音読し、二人の行動を具体的に想像する。
⑧ 音読したい場面を選び、理由をノートに書く。

・第三次(9時10時11時
⑨⑩ 音読劇の練習をして、助言し合う。
⑪ 音読劇発表会を行う。

各時の板書例、ワークシート例と指導アイデア

【1時間目の板書例 】

1時間目は、教師の範読を聞くなどして教材文「お手紙」に出会います。
子供たちは、お話の感想を口々に発表する中で、「ぼくは、かえるくんが手紙を書きに帰るところがすきです。」という心に残った場面を言ったり「どうしてかたつむりくんに渡したんだろう。」など疑問に思うことを言ったりするでしょう。
このような子供たちの感想を交流、整理することで、お話の楽しさを感じられるようにしたり、これからもっと詳しく読んでみたいという思いを引き出したりしましょう。また、声に出したり、動作を付けたりすることでもっとお話を楽しみたいなという思いを引き出し、「そうぞうしたことを、音読げきであらわそう」というめあてをもつことができるようにしましょう。

1時間目の板書例

お手紙を読んでどんなところが心に残りましたか。

かえるくんが、すぐに家に帰ってお手紙を書いてあげるところが優しくて好きです。

二人でお手紙を待っているところが、とても幸せそうでよかったなと思いました。

かたつむりくんの「すぐやるぜ」がおもしろいです。

たくさん感想が出ましたね。このお話は登場人物の会話がたくさんでてくる楽しいお話ですね。声に出したり、動きを付けたりして、かえるくんたちになりきって読めるようになったら面白そうですね。

先生、上手に読めるようになったら発表したいです! 劇みたいに!

おうちの人に、劇をみてもらいたいな。


【2時間目の板書例 】

2時間目は、「だれ」が「どんなことをしたか」というお話の大体を捉えます。
学習のめあてが「音読劇をする」であることを意識し、大まかな学習の流れを考え、見通しをもてるといいでしょう。
既習教材「ふきのとう」では、音読することで「誰が話しているのか」、「誰に対して話しているのか」を捉えて読みました。本教材においても、語のまとまりや言葉の響きなどに気を付けて繰り返し音読することで、登場人物の会話や行動を捉えることができるようにしましょう。

2時間目の板書例

劇にするなら、どんなことが分かればいいですか。

出てくる人物。

何をしているか。

どんなふうにしゃべっているか。

どんなところか、舞台も分からないと劇ができないと思います。

では、読んで確認してみましょう。

がまくんとかえるくんが出てきました。かたつむりくんも出てきます。

がまくんが手紙を待っていました。がまくんは一度もお手紙をもらったことがありません。

かえるくんががまくんに手紙を書いていました。かたつむりくんが手紙を届けてくれました。

なるほど。出てきた人物や何をしているかが分かってきたね。どうやったら劇ができるようになりますか。

がまくんやかえるくんがどんなふうにしゃべっているか、もっと考えて読んだら劇にできると思う。

どんなところか、舞台のこともまだよくわからないよ。

そうですね。がまくんやかえるくんがどんな様子で話しているか、どこからどこまでが一つの場面か、次の時間から整理していきましょう。


【3時間目の板書例 】

3時間目は、2時間目に確かめたことを手がかりに、場面や登場人物の行動を確かめて読みます。
2時間目には着目していなかった「場所」に着目することで、さらに登場人物の行動を理解したり場面の様子を想像したりできるようにしましょう。
また、登場人物の行動について、子供たちがなぜ? どうして? と思うことについてもここで確認します。そうすることによって、「今後の学習の時間で解決していきたいな」「それが解決できると劇が上手にできそうだな」という意欲につながります。

3時間目の板書例

今日は、劇にするために、どんな場面に分けられるかを考えてみましょう。どこからどこまでが一つの場面か知りたいね。どんなことに注目したら分かるかな。

前の時間みたいに、がまくんとかえるくんがどんなことをしているかに気を付けて読んだらいいと思う。

劇のとき、場所が変わったら場面も変わると思うから、がまくんとかえるくんがどこにいるかを考えて読んだらいいと思う。

だれが、どこで、どんなことをしているかに気を付けて音読して、場面を確かめましょう。

最初と最後はがまくんの家の玄関の前で、二人でお手紙を待っているね。

途中、かえるくんは自分の家に帰ってお手紙を書いているよ。

かえるくんは、どうしてお手紙を自分で渡さなかったのかな。

かえるくんは、自分がお手紙書いたことをどうしてがまくんに話しちゃったのかな。

お手紙に何て書いてあるか知っているのに、どうしてわざわざ二人で待っているのかふしぎだな。

劇の場面は分かりましたね。それから、なぜ? と思うこと、みんなで解決したいことも出てきましたね。次の時間からは、劇にするにはどう読めばいいか、一場面ずつ学習していきましょう。


【4~7時間目の指導アイデア 】

4~7時間目では、場面ごとに音読し、場面の様子や登場人物の行動を想像します。
誰が言った言葉かを考えて音読したり、どう読んでいいかわからない難しいところや言葉について確認したり、その疑問を解決するために話し合ったり、想像したことをどう音読したらよいか繰り返し試したりできるようにしましょう。
また、想像したことから考えた音読の工夫について、教科書やワークシート(下に例示)に線を引いたり、メモを書き込んだり、1人1台端末で録画して確かめたりできるようにしましょう。

また、4~7時間目では、場面ごとに音読し、想像したことを踏まえてまた音読するという学習を繰り返します。学習経験を重ねるにつれて、子供たちが学び方を学び、ICT機器(一人一台端末)も活用しながら、自分たちで主体的に学習を進めることができるようにしましょう。

●4時間目のワークシート例

ワークシート例

今日は最初に、「二人でお手紙を待つ場面を劇にするにはどんなふうに音読するとよいか」を考えましょう。

まず、今日の場面を、がまくんとかえるくん、どちらが話しているかに気を付けて音読してみましょう。

音読してみて、なぜかなと思うところ、どう読んでいいかわからないなと思うところや難しい言葉はありましたか。

「ゆうびんうけ」っていう言葉ははじめて聞いたよ。

「ぼくのゆうびんうけ」ってあるから、道に立っている郵便ポストのことじゃなくて、おうちに新聞やお手紙が届く、おうちのポストのことだよね。

「お手紙をまつ時間」っていつのことだろう。

ふしあわせな気持ちなのに、がまくんはどうして毎日お手紙を待っているのかな。

それを解決するために、がまくんやかえるくんのしたことや言ったことから、様子や気持ちが想像できるところを確かめて読んでみましょう。

「お手紙をまつ時間」が何時かはわからないけど、郵便屋さんが通る時間にいつもお手紙が届くのを待っていたんじゃないかな。

「一日のうちの悲しい時間」「いつもぼく」「毎日」というがまくんの言葉があるから、がまくんは毎日、一日に一度はお手紙を待っていたんだと思う。

一度もお手紙が来たことがないから不幸せな気持ちになるけど、それでも毎日待っているから、すごくすごくお手紙がもらいたかったのかなって思ったよ。

ぼくは、かえるくんが「いちどもかい」と聞くところを読んで、かえるくんはがまくんがこれまで「一度も」お手紙をもらったことないということに、とってもびっくりしたんだなって思ったよ。

がまくんやかえるくんの様子や気持ちがわかってきたね。それをどう音読したらいいかな。

「だって、ぼく、お手紙 もらったこと ないんだもの」のところは、もらいたいけどもらえない悲しい気もちが伝わるように、小さい、暗い声で読んでみよう。

「いちどもかい」と,すごくおどろいた感じでがまくんに確かめたんだと思うから、大きな声で、顔が前に出るように読んだらいいと思うよ。

音読劇を録画して確認してみよう。

いい感じ! 二人の悲しい様子が伝わるよね!

●4時間目の板書例

板書例
「対話的な学び」のために

登場人物の行動や会話から想像を広げたことを、声にのせて音読します。
ペアで役を決め、どんな声の大きさで、どんな動きで読むと自分のイメージにぴったり合うか話し合うようにします。
互いの音読を聞いて理解を深めたり、音読の工夫について気付きを促したりすることにつなげていきましょう。音読を通して対話の場を設定することで、語のまとまりに気を付けて音読したり、登場人物の行動を具体に想像する資質・能力の育成につながります。


【5時間目のワークシート例と指導アイデア】

5時間目のワークシート例

今日は、かえるくんが家に帰った場面を劇にするにはどんなふうに音読するとよいか、考えましょう。

まず、今日の場面を、誰が話しているかに気を付けて音読してみましょう。

音読してみて、なぜかなと思うところ、どう読んでいいかわからないなと思うところや難しい言葉はありましたか。

難しい言葉はなかったけれど、かえるくんは、どうしてお手紙を自分で渡さなかったのかな。

それを解決するために、かえるくんのしたことや言ったことから、様子や気持ちが想像できるところを確かめて読んでみましょう。

かえるくんは、「おおいそぎで帰った」り、「家からとび出し」たりしているからとっても急いでいる様子だよね。

それくらい大急ぎでがまくんに手紙を届けたかったんだね。がまくんを元気にさせたかったんだと思うよ。

でも、自分でお手紙を渡したら、もっと早く届いたよね。

がまくんは、「毎日、ぼくのゆうびんうけは空っぽ」だと悲しんでいたから、かえるくんは、ゆうびんうけに届けてもらうためにかたつむりくんに渡したんだと思う。

かえるくんやかたつむりくんの様子や気持ちがわかってきたね。それをどう音読したらいいかな。

かえるくんはとっても急いでいるから、きっと早口で話していると思うな。かえるくんが話す言葉は、ちょっと早めのスピードで読んでみるね。

音読劇を録画して確認してみよう。

いい感じ! かえるくんが急いでいる様子が伝わるよね!


【8時間目の指導アイデア 】

8時間目は、4~7時間目にそれぞれの場面を音読しながら場面の様子や登場人物の行動を想像してきたことをふまえ、自分が音読劇で発表したい場面を一つ選んでその理由をノートに書きます。
子供たちは、「かえるくんが急いで帰ってお手紙を書いているところをもっと音読したい」「二人でお手紙を待っているときがとっても幸せで心に残っているから読みたい」などと、読んだことをふまえて自分なりの理由をもっていると思います。
選んだ場面ごとにグループをつくり、次時につなげましょう。


【9、10時間目の指導アイデア 】

9~10時間目は、子供たちが自分で読みたい場面を選び、その場面での配役を決めて音読劇の発表に向けて音読を繰り返します。
読みたい役が重なった場合は、発表を複数回設定し、役を交代しながら音読劇をしてもよいでしょう。4~7時間目での音読の仕方や工夫を確かめたり、新たな動きや工夫を取り入れたりして気付いたことなどをお互いに助言し合ったり、一人一台端末の録画機能を使って自己評価したりできるようにしましょう。


【11時間目の指導アイデア】

これまで想像をふくらませて音読してきたことを生かして、音読劇を発表します。
読んで想像したことを発表できるようにしましょう。おうちの人を発表会に招待し、見てもらうことで音読の意欲が高まります。発表会の実施が難しい場合には、一人一台端末を家に持って帰り、録画した音読劇をおうちの人に見せたり、コメントを書き込んでもらったりするのもよいでしょう。

イラスト/横井智美

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小3外国語活動Unit 5「What do you like?」指導アイデア
・小4外国語活動Unit 5「Do you have a pen?」指導アイデア
・小1 国語科「しらせたいな、見せたいな」全時間の板書&指導アイデア
・小6体育「器械運動(マット運動)」指導アイデア①
・小6体育「器械運動(マット運動)」指導アイデア②
・小2体育「ゲーム(鬼遊び)」指導アイデア①
・小2体育「ゲーム(鬼遊び)」指導アイデア②
・小5体育「陸上運動(走り幅跳び)」指導アイデア①
・小5体育「陸上運動(走り幅跳び)」指導アイデア②
・小4体育「ゲーム(ベースボール型ゲーム)」指導アイデア①
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号