• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

この夏、注目の研究会(2019年7月下旬から4本)

2019/7/3

まもなく夏季休業、教師力アップのために有効に使いたいですね。7、8月は研究会も多数開催されるので、参加して自らの学びにつなげてはいかがでしょうか。そこで7月下旬の研究会から、編集部注目の研究会をピックアップしました。

ココをチェック

日本子どもの本研究会 全国大会 (開催地・東京都)

主催:日本子どもの本研究会

【テーマ】未来をひらく子どもと本~読もう 語ろう 広げよう

開催期間2019年7月27日(土)〜 2019年7月28日(日)
開催地住所東京都渋谷区代々木
会場国立オリンピック記念青少年総合センター・カルチャー棟・センター棟
開催情報HPhttps://www.jasclhonken.com/2019年全国大会/

27日ー表彰式/記念講演:絵本で子どもたちに伝えたいこと(絵本作家・長谷川義史)/講座・読書会/交流会
28日ー分科会/講座:本を読むってどういうこと? 子どもの育ちをささえる本(白百合女子大学非常勤講師・細江幸世)
参加費 両日:4,000円 1日:2,000円/要申込(開催情報HPで)

1日目の 記念講演は、絵本作家・長谷川義史さん。低学年の絵本読み聞かせで取りあげられる作品も多いですね。作品世界の広がりを知ることができるチャンスです。

全国組体操研究発表会in東京

主催:埼玉県組体操協会

【テーマ】さあ行こう、子どもたちが主体的に活躍する組体操の世界へ

開催期間2019年7月27日(土)
開催地住所東京都千代田区一ツ橋
会場小学館本社ビル 講堂
開催情報HPhttps://kumisaitama.jimdo.com

研究発表:組体操大陸~課題解決のその先に~(岡山県岡山市立可知小学校・塩見利夫)/子どもたちの心を育てる組体操~創り上げる喜び、一つになる喜び~(兵庫県豊岡市立豊岡小学校・藤本博也)/新しい時代の組体操を模索して(東京都多摩市立東寺方小学校・橋本禎之)/運動会の演技における、児童の学習効果について~体との対話を軸にした組体操~(神奈川県横浜市立潮田小学校・白石貴男)/テーマ組体操の実現に向けて(東京都板橋区立富士見台小学校・栗原健治)/一人ひとりを繋ぐ組体操の可能性~南米パラグアイでの実践~(サンタ・エレナ小学校・山口敦司)/高学年から取り組む組体操(埼玉組体操協会・栗原龍太)/子どもたちが広げる組体操の可能性(埼玉組体操協会・戸田克)
参加費 3,000円/定員 100名/要申込(主催者HP参照)

『教育技術』の組体操記事でご指導いただいている、埼玉県組体操協会の研究会です。組体操を実施する上で重要な安全面について配慮しながら、子どもたちが取り組む喜びを得られる組体操を確認していきましょう。

東海国語教育を学ぶ会 授業づくり・学校づくりセミナー(開催地・愛知県)

主催:東海国語教育を学ぶ会

【テーマ】「対話的学び」「英語教育」など、今、注目の教育について考える

開催期間2019年7月29日(月)〜 2019年7月30日(火)
開催地住所愛知県名古屋市
会場名古屋国際会議場
主催者HPhttp://www.ne.jp/asahi/manabukai/tokai-kokugo/

全体会:①これからの英語教育を考える、②学び合う教室文化、③文学の授業づくり、④講演(29日─東京大学大学院教授・秋田喜代美、30日─学習院大学特任教授・佐藤学)/分科会:〔小学校〕社会、算数、国語、図工、〔中学校〕技術、英語/講師:佐藤学、秋田喜代美ほか
参加費 5,000円(1日目のみ参加2,500円、2日目のみ参加2,700円)/要申込(主催者HP参照/6月1日受付開始)

講演者には、佐藤学先生、秋田喜代美先生など、錚々たる顔ぶれが並びます。日本のみならず世界の教育を通観することで、日本の教育の課題も浮かび上がるでしょう。目指すべき教育の在り方を考えてみましょう。

国語授業のユニバーサルデザイン実践研究大会(開催地・東京都)

主催:国語授業UD実践研究大会事務局

【テーマ】全員の「主体的・対話的で深い学び」を支える国語授業力

開催期間2019年7月31日(水)
開催地住所東京都文京区大塚
会場筑波大学附属小学校
開催情報HPhttps://www.kokuchpro.com/event/362629d835653061f1ef73200cbf83e5/

全員が楽しく学び合い「分かる・できる」国語の授業はどのようにつくればよいのか。「主体的・対話的で深い学び」を目指す国語の授業づくり、をテーマに公開授業2本、プレゼンテーション18本で提案します。
公開授業Ⅰ:5年説明文(町田市立鶴間小学校・三浦剛)/公開授業Ⅱ:2年詩(世田谷区立鳥山小学校・木村洋介)/授業協議会/講演(筑波大学附属小学校・桂聖)
受講料 4,000円/要申込(開催情報HP参照)

ユニバーサルデザインの視点からの国語科授業に積極的に取り組まれている、桂聖先生が講演されます。

構成/編集部

関連する記事

その他記事一覧

おじぎ 分離礼
正式な礼の仕方「分離礼」を指導しましょう

一学期が終わるころ、4月から始まった新しい学級はシステムが定着し、安定してくる時期です。高学年は、委員会活動、クラブ活動や異年齢交流活動など、学級の外で頑張るこ…

夏の研修会
ベテラン教師直伝!夏の研修会200%活用術

夏休み期間は、各地で「研修会」が目白押し。どの研修会に行き、どのように学び、どう活用すればよいのか、そのハウツーをご紹介します。

2019/7/13

プラスチック色鉛筆 自由課題
想像力と創造力を鍛える自由課題「色鉛筆ドロップス」

「プラスチック色鉛筆」は、ちょっとした空き時間と相性抜群の文房具です。芯が折れにくい、手が汚れにくい、などの特長があり、片付けも容易。机の中に常駐させ、いつでも…

2019/7/12

映画『風をつかまえた少年』で、学びの本質を考える

学校にも行けず、食べるものもない。アフリカの貧しい地域での過酷な状況の中、14歳の少年が一冊の本と出会い、独学で作り上げた風力発電で飢饉から村を救い未来を切り開…

2019/7/11

中野信子
「キレる」をスキルに!戦略的活用でコミュニケーションに活かそう!

「キレる」という感情は、人間にそもそも備わっているものーーそう語るのは『「キレる!」脳科学から見た「メカニズム」「対処法」「活用術」』の著者である脳科学者の中野…

この夏、注目の研究会(2019年7月下旬から4本)

まもなく夏季休業、教師力アップのために有効に使いたいですね。7、8月は研究会も多数開催されるので、参加して自らの学びにつなげてはいかがでしょうか。そこで7月下旬…

2019/7/3

菊池先生と林先生
この夏、見ておきたい「学ぶこと」の本質を映し出す教育映画2作品

教育の本質とは何なのか?を考えるよい機会となる教育映画『ニッポンの教育 挑む(第二部)』『林竹二の授業 ビーバー』の上映イベントを紹介します。教師の力量をどう高…

EQイメージ
保護者も気にする「教師のEQ、高いか低いか」【保護者座談会】

昨今、注目されている教師のEQ(Emotion Intelligence Quoient/心の知能指数)。EQが高い先生でよかったこと、反対に低い先生で残念だっ…

2019/7/2

ぬり絵
心が落ち着く★飾れる 【プリント配付OKぬりえ】7月

ちょっとした隙間時間にも活用できる低学年向けのぬり絵をご紹介します。
7月は朝顔や花火など夏にぴったりなぬり絵です。PDFとしてダウンロードもできます。ぜひご…

【通信簿】子どもの意欲を高める所見作成とは

「通知票」「通知表」「通信簿」と表記のしかたがいくつかありますが、その違いを考えたことはありますか? ここでは、通信簿の考え方や所見を作成する際のポイント、手順…

もっと見る